重ねづけにぴったりな婚約指輪(エンゲージリング)

    重ねづけにぴったりな婚約指輪(エンゲージリング)の画像

数十年前までは婚約指輪(エンゲージリング)と言えば大きな立て爪の一粒ダイヤモンドで普段使いにはあまり向いていないデザインが主流でしたので、お母様やお祖母様の世代では「贈られた婚約指輪(エンゲージリング)はタンスの奥に大切にしまっていた…」という方も多かったのではないでしょうか。
一方、近年では婚約指輪(エンゲージリング)は普段から身に着けやすいデザインが主流となり、結婚してからも結婚指輪(マリッジリング)と重ねづけをして身につけたいという女性が増えています。

今回は、ブリリアンス+の結婚指輪(マリッジリング)人気ランキングでも常に上位を占めているストレートラインの結婚指輪(マリッジリング)との重ねづけにぴったりなソリティアの婚約指輪(エンゲージリング)を紹介します♪

ストレートライン同士の婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の重ねづけは、婚約指輪(エンゲージリング)のダイヤモンドが結婚指輪(マリッジリング)にぶつかってしまう場合があります。
今回ご紹介する【00892】と【00858】は2つの婚約指輪(エンゲージリング)は、高さやデザインが工夫されていてリング同士がぶつかる心配がありません^^

【00892】

1012-00892
こちらはダイヤモンドに向かって迫り上がったリングの肩の部分が大人っぽくスタイリッシュで大人の女性に人気なソリティアリング。男性からも評判のデザインです。
センターダイヤモンドが留まっている石座部分が少し高くなっているため、ストレートラインの結婚指輪(マリッジリング)とセンターダイヤモンドがぶつかることなくピッタリと重ねづけしていただけます。こちらは厚みがあるストレートラインの結婚指輪(マリッジリング)でも安心です。

【00858】

1012-00858
こちらはセンターダイヤモンドが留まる石座部分に隠れたハートを四方から覗くことができるデザインで、シンプルでありながら、さりげない可愛らしさを楽しめるソリティアリングです。
リングの腕が石座の下に潜り込むようなフォルムで石座下部にスペースがあるため、ストレートラインの結婚指輪(マリッジリング)がそのスペースにピタッと収まります。こちらは00892に比べてダイヤモンドが留まる石座部分の高さは控えめなので、「あまり高さは出したくないけどストレートライン同士での重ねづけがしたい!」という方にお勧めです。

ストレートラインのソリティアの婚約指輪(エンゲージリング)と組み合わせるストレートラインの結婚指輪(マリッジリング)としてハーフエタニティリングをお選びいただくと、シンプルさと華やかさがお互いを引き立てあって絶妙なバランスの重ねづけをお楽しみにいただけます。

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の組み合わせは実際にお試しいただくと、また印象が変わり新しい発見があります。是非ショールームにお越しいただき実際にお試しくださいませ^^

大阪カスタマーサポート 木谷

Comments

comments