カート

プラチナが多く選ばれる理由

ブライダルジュエリーにプラチナが多く選ばれる理由

プラチナは変色しない白い輝き、永続性に優れた金属として「天国の貴金属」と賞賛され、20世紀初頭からなどのブライダルジュエリーに最もふさわしい貴金属として使用されてきました。ここでは、そんな比類なき貴金属プラチナの魅力をお伝えします。

1. 白く美しい輝きは、色褪せることなく"永遠に変わらない"

プラチナは金色のゴールドのような煌びやかな華やかさとは異なり、上品で洗練された美しい輝きと、控えめでありながら深みのある白色をしています。
その白く美しい輝きは、日本文化で尊ばれる伝統的な白無垢に似合うとされ、日本のブライダルシーンでも古くからプラチナが用いられてきました。
プラチナの変色しない白い輝きが、何ものにも侵されない「永遠の愛」の象徴として多くのカップルに選ばれています。
その美しさと精神性とともに日本人の結婚観にふさわしい貴金属として好まれています。

2. プラチナが選ばれる理由

酸化や腐食に強く変色・変質が起きない

プラチナは熱や酸に非常に強く、変色や変質がなく化学的に安定した貴金属です。これからの人生を共に歩んでいく一生ものの婚約指輪や結婚指輪として、性質永続生を持つプラチナが選ばれるのもうなずけます。

着けたときの重厚感

プラチナはシルバーやゴールドなど同じ貴金属の中でも、溶け出す温度は非常に高く、重いという特徴があります。ずっしりと重みの感じる婚約指輪や結婚指輪は着けていてより特別感を感じさせてくれます。

貴金属の素材特性表
融点(℃) 比重 常温大気中
PTプラチナ 1,768 21.4 変色しない
ゴールド 1,064 19.3 変色しない
シルバー 962 10.5 変色する
※いずれも純度100%の場合

3. プラチナの特性

プラチナにはしなやかで伸縮性に富んでいるという特性もあります。また、粘性も高いため婚約指輪のセンターダイヤモンドや、結婚指輪のメレダイヤモンド等を繊細かつ丈夫に留めることができます。

特に婚約指輪で定番のの場合、ダイヤモンドの輝きを存分に引き出してくれるのでプラチナが最適です。婚約指輪や結婚指輪の緻密なデザインの表現ができることもプラチナの特筆できる特性です。

伸縮性に富むということは柔らかいということでもあります。合金により強度は出していますが、使っていくうちに傷もつきますし、指輪に強い力が加わると歪む場合も。傷については磨くことで、浅いものであれば綺麗にすることもできますが、表面を研磨して磨くため、あまり磨き過ぎると少しずつですが金属がすり減るので、ある程度の擦り傷などは、これまで歩んできたお二人の道のりの証となり婚約指輪や結婚指輪の味わいとして楽しむことができます。

3. 2種類のプラチナ

ブリリアンス+ではプラチナの素材を婚約指輪はPT950・PT900の二種類から、結婚指輪はPT950からお選び頂けます。

PT950とPT900の違いはプラチナの純度

プラチナ単体では柔らかい素材となりますので、強度を出すため別の金属を混ぜて合金にします。

PT950 = プラチナ95%・その他金属5%
PT900 = プラチナ90%・その他金属10%

プラチナは最低でも純度85%以上でなければプラチナ・ジュエリーとして認められていません。いずれも金はK9=純度約37%から宝飾品として認められていることを鑑みると、きわめて高純度。その純粋な輝きと耐久性が価値を高めています。
※純度の高いプラチナは柔らかく、純度100%のPT1000のものより純度95%のPT950のものの方が硬く、PT950のものよりPT900のものの方がより硬度は増します。

純度の違いで見た目の違いはない

プラチナの純度は違えど、見た目の違いを見分けることはできません。また、強度に関して日常で使っていただく中で、どちらかが歪みやすいということはありません。ただし、純度が変わることで大幅ではないものの、指輪の価格は変動します。

より純度にこだわって婚約指輪を選びたいという方にはPT950の婚約指輪を、なるべくリーズナブルに選びたいという方やダイヤモンドより婚約指輪のデザイン等に予算をかけて選びたいという方にはPT900の婚約指輪をおすすめします。

3. 婚約指輪ではPT950とPT900どちらが人気?

ブリリアンス+でお買い上げ頂いた婚約指輪の中では、PT900の婚約指輪が全体の69.0%、PT950が21.0%と、PT900が半数以上を占める人気です。