結婚指輪の選び方・購入ガイド

結婚指輪の選び方・購入ガイド

お二人の好みにあった理想の結婚指輪の選び方、シェイプ、素材、リング幅、ライン、仕上げなど、結婚指輪をお選びいただく際の購入ガイド・選び方のポイントを各項目ごとにご紹介致します。

「永遠の愛の証」として、互いの指にそっと通す結婚指輪。指輪の交換をしたその瞬間から、お二人の手元をやさしく照らしてくれます。これから始まる結婚生活を、お二人と共に過ごす結婚指輪だからこそ、こだわりを大切にしていただきたい。そんな想いから誕生したブリリアンスプラスの結婚指輪は、リング幅やリング素材を自由に組み合わせていただけます。お互いの好みやこだわりを取り入れる為の、結婚指輪の選び方のポイントをご紹介致します。

01 素材について

素材について

結婚指輪の素材はプラチナとゴールドが主流です。なかでも、熱や酸に強く永遠に純白の輝きを放つプラチナは、真っ白なウエディングドレスや白無垢に身を包んだ花嫁のイメージと重なることから、日本では特にブライダルジュエリーとして好まれています。欧米ではプラチナよりもゴールドが主流です。プラチナは落ち着いた印象ですが、ゴールドはより華やかでカジュアルな印象となります。

素材についてはこちら
02 シェイプ(形状)について

シェイプ(形状)について

丸みをおびた柔らかなフォルム、ソリッドでシャープなフォルム、流れるようなウェーブ等、指輪のシェイプ(形状)が少し変わるだけでがらりと印象が変わります。ブリリアンスプラスの結婚指輪は、どのシェイプを選んでも、内側は指なじみが良いよう、丸いカーブ状(内甲丸)に仕上げていますので付け心地がよく、スムーズに装着できるのも人気の秘密です。

シェイプ(形状)について
03 リング幅について

リング幅について

シェイプだけでなく、指輪の幅が変わることで、存在感や手元の印象が変わります。シンプルな細身の指輪は着けていてもそれ程目立たないさりげない印象となり、ボリューム感があり幅の広い指輪は存在感があり落ち着いた雰囲気となります。

リング幅について
04 ラインについて

ラインについて

指輪の上下に、どこかアンティークジュエリーのような風合いのミル打ち(ミルグレイン)加工を選ぶことができます。 プレーンでシンプルなものよりも立体感があり、手が動くたびに、ミルグレインがちいさなダイヤモンドのようにキラキラと輝きます。

ラインについて
05 ダイヤモンド、模様について

ダイヤモンド、模様について

結婚指輪にお好みのパターンでダイヤモンドをセッティングしたり、彫刻を施すことが出来ます。長く身に着ける結婚指輪だからこそ、思いを込めるほどに愛着がわくもの。結婚指輪にセッティングされるダイヤモンドは小さいながらもこぼれるような煌きを放ち、彫刻を施すことでオリジナルな結婚指輪に仕上げることが出来ます。

ダイヤモンド、模様についてはこちら
06 仕上げについて

仕上げについて

リングの表面の加工をお選びいただけます。シンプルでオーソドックなミラー仕上げはもちろん、マットで落ち着きのある印象のヘアライン仕上げ、星屑をちりばめたような印象のスターリー、使い込んだような独特の風合いのヴィンテージ等、様々な仕上げをカスタマイズすることで、よりお二人らしさや個性を演出できます。

仕上げについてはこちら
07-1 刻印について

刻印について

結婚指輪の内側には、お二人だけの刻印メッセージを無償でお入れいたします。出会ってからこれまでのお二人の記念日、一緒に指輪を選んだ時間、そしてこれから始まる新生活を思い浮かべながら、イニシャル・メッセージ・日付などを指輪の内側に刻むことができます。

刻印についてはこちら
07-2 サイズについて

サイズについて

四季を通じて、毎日指輪をつけて生活していると、指輪がきつく感じたり、逆に少しゆるく感じることがあります。指は、季節や体調の変化によってもむくみ具合が異なります。さらに年齢を重ね、体型が変わると、指のサイズも変わります。サイズの合わない指輪を身に着けていると、変形やゆがみが起こりやすくなったり、紛失の原因となることも。サイズに違和感を感じられた際は、お気軽にご相談ください。

サイズについてはこちら
08 仕上げについて

アフターサービスについて

長くご愛用いただく結婚指輪だからこそ、購入後のアフターサービスやメンテナンスは最も気になるところ。ブリリアンスプラスでは、大切な指輪を安心してお買い求めいただけるように【30日間返品保証】を設けています。その他にも【1年以内であれば初回サイズ直し無償】などのアフターサービスもございます。
※指輪のデザイン上、サイズ直しを承ることができない商品もございます。

アフターサービスについてはこちら