結婚指輪のご購入ガイド

1 素材について

結婚指輪の素材はプラチナとゴールドが一般的です。
熱や酸につよく白い輝きが花嫁のイメージと重なる人気のプラチナ。欧米では主流のゴールド。
ご自分のスタイルで素材選びを楽しんでください。


プラチナは熱や酸にもつよく、品質が安定している素材として
ブライダルリングに最も人気のある素材です。
純度の高さから日常生活においても変質・変色する心配もなく
白い輝きが失われないのが人気のポイントです。
ブリリアンス+のマリッジリングはPT950(純度95%)です。


温かみのある白さが特徴のホワイトゴールド。
シャンパンカラーの地金にロジウム(白金属で最も白い金属)で
コーティングを施しています。



ローズゴールドやレッドゴールドともいわれ女性に人気のピンクゴールド。
イエローやホワイトより柔らかいニュアンスの色合いが魅力です。



さびない不変性が好まれ、欧米ではプラチナよりも主流のイエローゴールド。
日本でもファッション感覚で身につけるカップルが増えています。



意匠の一部や、リングの外周と内径など、ひとつの指輪に複数の地金をあしらいます。
色味の違いによって、コントラストが生まれ華やかさが高まります。

 

→コンビネーションリング商品特集


ページのTOPへ戻る