【初心者向け】婚約指輪の失敗しない選び方ガイド!
結婚指輪との違いや意味・相場・買い方まで詳しく解説

婚約指輪は一生の思い出になるかけがえのないアイテム。二人にとって最高の一つを選びたいものです。
一方で婚約指輪のようなジュエリーを購入するのは初めてで分からないことばかりだと、お困りの方も少なくありません。婚約指輪選びは価格や素材、デザインなど注目すべきことが多いので、闇雲に探し始めると迷ってしまいがちです。

時間やコストを大切に婚約指輪選びをするためには、まずはどこを大事にしたいか優先度を決めることが大切。
婚約指輪の意味や相場、選び方などの基礎知識を押さえた上で、私たちブリリアンスプラスのジュエリーコンサルタントが、お二人らしい婚約指輪を探すために優先すべきこと、おすすめの選び方をご紹介します。

婚約指輪の基礎知識

婚約指輪と結婚指輪の違いは?

婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪には「左手の薬指に身に着ける」という共通点がありますが、その意味合いとデザインは大きく異なります。
婚約指輪は「婚約の証」となる指輪で、男性が女性に贈るのが一般的とされています。リングの中心にダイヤモンドの入った華やかなデザインが主流で、婚約期間中だけでなく結婚後もお出掛けの際など、少しおしゃれをしたいシーンで身に着けます。結婚指輪と重ね付けするケースが多いです。
結婚指輪は「結婚したことの証明」となる指輪で、男女共に身に着けるものです。日常的に着けることから、装飾を控えたシンプルで扱いやすいデザインが主流です。

ちなみに婚約指輪や結婚指輪などの“ブライダルリング”とおしゃれの一環として身に着ける“ファッションリング”には、一般的に金属の種類、ダイヤモンドの質、デザインの面で違いがあります。

  • ブライダルリングの方が変色・変質しづらい純度の高い金属を使用しています。
  • 婚約指輪に使用するダイヤモンドは、ファッションリングに使われているものと異なりよりサイズが大きく、また0.2ct程度より大きなダイヤモンドには鑑定書が付属し品質が保証されています。
  • ブライダルリングは生涯身に着けられるよう、流行に左右されないデザインを採用しており、耐久性を確保するため華奢過ぎず一定以上のボリュームがある造りをしているのが特徴です。

婚約指輪と結婚指輪の違いを詳しく見る 婚約指輪とファッションリングの違いを詳しく見る

婚約指輪を贈る意味

婚約指輪を贈る男性の手元

どうしてプロポーズの際に婚約指輪を贈るのでしょうか。
婚約指輪は形のない「二人の愛の絆」の象徴であり、男性から女性への永遠の愛の証です。婚約指輪を身に着ける左手の薬指は古代エジプト時代から、心臓の太い血管と繋がっており心臓、つまり心と深い繋がりがあると信じられてきました。つまり左手薬指に婚約指輪を身に着けることには、愛する女性の心をつなぎ止めておくという意味合いも込められているのです。
女性にとって婚約指輪を身に着けることは、周りの人へ結婚の意思があることを示す役割もあります。

婚約指輪がないと結婚できないわけではありませんが、結婚をした人のうち約6割の方が婚約指輪を購入しています(※)。購入して満足している方からは「パートナーが想像以上に喜んでくれた」「選ぶ時間も贈る瞬間もとっておきの思い出になった」「気持ちに区切りが付けられた」という声が挙がっています。さらに「もともと必要ないと考えていたけれど、実際にもらってみるととても嬉しかった」という女性の声もあります。

婚約指輪には他の指輪にはない特別な意味合いや魅力があるんですね。 ※データ出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2019「首都圏版」(全国推計値)

「婚約指輪を買ってよかった!」という人の意見を詳しく見る

婚約指輪の価格と相場

婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪を購入する際にまず予算が気になるという方も多いのではないでしょうか。
婚約指輪の平均的な購入価格は36.8万円(※)ブリリアンスプラスでは26.9万円です。
また婚約指輪とセットで用意する結婚指輪の平均的な購入価格は24.2万円(※)、ブリリアンスプラスでは17.6万円という結果になりました。
婚約指輪と結婚指輪両方の相場を参考に予算を立てて、ブライダルリング選びに臨みましょう。 ※データ出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2019「首都圏版」(全国推計値)

上記でご紹介したように、ブリリアンスプラスでお求めいただいているブライダルリングの平均購入価格は、一般的な平均購入価格よりもリーズナブルです。その理由はブリリアンスプラスでは、同じ品質の商品であれば一般小売価格の半分以下の価格を実現しているから。インターネット販売に特化し流通コストを下げているのが理由です。予算はそのままにダイヤモンドの質や大きさにこだわりたいという方は、ぜひお役立てください。

婚約指輪や結婚指輪の相場をご紹介しましたが、ブライダルリングを選ぶ際に最も重要なのは、価格ではなくそのリングに愛着が持てるかです。以下のリンクでご紹介しているように、世代を問わず皆さん様々な価格の婚約指輪をお選びになっています。相場はあくまでも参考程度とし、お二人の感覚を第一にリング選びすることをおすすめします。

世代別の婚約指輪の相場は?婚約指輪の価格と相場を詳しく見る

婚約指輪選びで大切な2つの視点

婚約指輪を着けた年配女性の手元

婚約指輪選びでは、ダイヤモンドやリングデザイン、素材、価格など考えることが多いため迷ってしまいがちです。せっかく購入する婚約指輪、年齢を重ねても愛着を持って使っていきたいですよね。
永く愛せる婚約指輪選びのために、私たちブリリアンスプラスのジュエリー コンサルタントが、お客様に必ずお伝えしているポイントが2つあります。

  • 「婚約指輪は年齢を重ねても身に着けるもの」と意識すること
  • 何を重要視するか明確にすること

婚約指輪は年齢を経ても身に着けるものです。そのため流行に左右されないデザインであること、そして年齢を経た手にも似合うボリュームがあることが理想的です。おばあちゃんになっても身に着けることが想像できるデザインであると同時に、ある程度大きなダイヤモンドが付いた、適度に存在感のある造りであると良いでしょう。ブリリアンスプラスでは、0.3カラット以上の大きさをおすすめしています。今「少しボリューミーかな」と感じるくらいが、年齢を重ねるとちょうど良く思えてくるものです。

0.1ctでどれくらい変わる?0.2ctと0.3ctの婚約指輪の違いを詳しく見る

たくさんの選択肢がある婚約指輪。どんなポイントを優先するか順位付けできていることも、スムーズなリング選びの助けとなります。「デザインを大切にしたい」「ダイヤモンドの品質を重視したい」などお二人が大切にしたいことを考えてみてください。

婚約指輪で大事なダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの4C

婚約指輪選びをする際には、デザインの主役とも言えるダイヤモンドに関する知識が欠かせません。
ダイヤモンドは「4C」という品質基準を元に選びます。4CとはCarat:カラット(重量、大きさ)・Cut:カット(輝き)・Color:カラー(色)・Clarity:クラリティ(透明度)を指し、各項目に対し品質のランクが設けられています。予算と相談しつつバランスを見ながら、各項目の品質を決めていくことになります。

4Cのおすすめの選び方は、4Cの中でも目視で特に違いを感じやすい「カラット」と「カット」を重視しコストをかけることです。カラットは婚約指輪を見た際の存在感を、カットはダイヤモンドの煌めきを大きく左右する指標です。

婚約指輪にふさわしいダイヤモンドの品質の選び方を詳しく見る

婚約指輪のデザインの選び方

婚約指輪の代表的なデザイン

たくさんある婚約指輪のデザインも、大きく9種類に分けられます。お二人の愛の絆の象徴にふさわしいデザインはどれでしょうか。お気に入りを探してみてください。

  • ソリティアタイプの婚約指輪

    ソリティアタイプ(シンプルタイプ)

    ダイヤモンドを中央に一粒施した、ダイヤモンドの美しさを最高に引き立てる、婚約指輪の王道デザイン。世代や性別を問わず非常に人気があります。シンプルな婚約指輪と聞いて多くの方が思い浮かべるデザインではないでしょうか。身に着ける服装もシーンも選ばないのが魅力です。 「ソリティアタイプ」の婚約指輪の特徴を詳しく見る

  • ダイヤモンド埋め込みタイプの婚約指輪

    ダイヤモンド埋め込みタイプ

    中央のダイヤモンドを爪ではなく、金属で包む埋め込むように固定した婚約指輪。高さを抑えているので衣類などに引っ掛かりにくい、お子さんの肌を傷つける心配がないという実用性も人気の理由です。ソリティアタイプとは一味違うシンプルさが楽しめます。 「ダイヤモンド埋め込みタイプ」の婚約指輪の特徴を詳しく見る

  • サイドストーンタイプの婚約指輪

    サイドストーンタイプ

    メインストーンの脇に小さなメレダイヤモンドを添えた優雅な婚約指輪。サイドストーンの配置によって雰囲気ががらりと変わるため、デザインのバリエーションが非常に豊富です。ファッション性が高く、普段の生活の中でも気軽に身に着けていただけます。 「サイドストーンタイプ」の婚約指輪の特徴を詳しく見る

  • エタニティタイプの婚約指輪

    エタニティタイプ

    アーム部分にダイヤモンドを途切れることなく並べた華やかな婚約指輪。連なるダイヤモンドは「永遠に変わらない愛」を意味します。手を動かした際に一つひとつのダイヤモンドが響き合うように煌めく、華やかさが魅力です。 「エタニティタイプ」の婚約指輪の特徴を詳しく見る

  • ヘイロータイプの婚約指輪

    ヘイロータイプ

    中央のダイヤモンドの周りをメレダイヤモンドが取り巻く、まるで花のつぼみのような婚約指輪。センターダイヤモンドがより大きく、輝いて見えるのが特徴です。上品でクラシカルな佇まいもファンが多い理由です。 「ヘイロータイプ」の婚約指輪の特徴を詳しく見る

  • パヴェタイプの婚約指輪

    パヴェタイプ

    アーム部分にメレダイヤモンドをぎっしりと敷き詰めたゴージャスな婚約指輪。どこから見てもまばゆく煌めく豪華なデザインが目を惹きます。何歳になっても身に着けることができる存在感がポイントです。 「パヴェタイプ」の婚約指輪の特徴を詳しく見る

  • ウェーブラインタイプの婚約指輪

    ウェーブラインタイプ

    柔らかな曲線を描くアームが特徴の婚約指輪。ウェーブの強弱が光の流れを作ることで、指先が細く見える視覚効果も期待できます。サイドストーンなど様々なリングデザインとの組み合わせで、多様なバリエーションを楽しめます。

  • ピンクダイヤモンドタイプの婚約指輪

    ピンクダイヤモンドタイプ

    希少で「運命の象徴」の石とも言われているピンクダイヤモンドをサイドにあしらった婚約指輪。フェミニンなピンク色でより愛らしい印象に。

  • クラシカルタイプの婚約指輪

    クラシカルタイプ

    ミルグレインなど、アンティークジュエリーによく用いられる意匠やデザインを取り入れた婚約指輪。時代を越える魅力にあふれたラインナップで永く愛用していただけます。ゆくゆくはお子様に譲り、代々受け継いでいくのも素敵です。 「クラシカルタイプ」の婚約指輪の特徴を詳しく見る

婚約指輪のデザイン選びのポイント

数あるデザインの中から候補を絞り込む際に、参考にしていただきたいポイントを3つご紹介します。

婚約指輪と結婚指輪の装着

身に着けやすさ

一生懸命選んだ婚約指輪は結婚後も仕舞い込まず、日常の中で気軽に身に着け楽しんでいただけたらと思います。普段使いしやすいかどうかも、デザイン選びの大切なポイントです。
身に着けやすいデザインかどうかは「日頃のファッションのイメージとマッチしている」「お手持ちのジュエリーと同じ素材(金属)を使っている」という2つの視点から判断すると良いでしょう。さらにダイヤモンドが衣類などに引っかかるのが気になる方は、ダイヤモンドのセッティング位置が低いか、ダイヤモンドを留める爪が目立たないかを意識するのがおすすめです。 普段使いしやすい婚約指輪選び3つのポイントを詳しく見る

婚約指輪を着ける様子

指の形に似合うか

手と指の形によって似合う婚約指輪のデザインは異なるため、相性の良いリングを選ぶと手元をより美しく見せることができます。
手のタイプは大きく「手が小さい・指が細い」「手が大きい」「指が短い」「指が太い」「関節が太い」の5種類に分かれます。手にコンプレックスを抱いていており、リングを身に着けることに消極的になってしまう女性ももいらっしゃいますが、手元を美しく演出するという視点でデザインを選んでみれば、より婚約指輪に愛着が持つことができるのではないでしょうか。 指のタイプ別、似合う婚約指輪デザインの選び方を詳しく見る

人気の婚約指輪

人気のデザインも参考に

人気の婚約指輪のデザインには、飽きにくかったり身に着けやすかったりと、多くの方から愛されるだけの理由があります。デザインの人気ランキングには、ぜひ目を通しておきたいものです。
ブリリアンスプラスで特に人気のデザインは、王道の「ソリティアタイプ」とファッション性が高く日常使いしやすい「サイドストーンタイプ」です。 婚約指輪の人気ランキングを詳しく見る

素材の種類

婚約指輪に使われている代表的な素材(金属)は6種類です。

  • プラチナの婚約指輪

    プラチナ

    婚約指輪の素材として日本では最も好まれます。無垢さを象徴する様な白銀の色味、純粋性を連想させる腐食・変色が起きにくい安定した性質が人気の理由です。

  • イエローゴールドの婚約指輪

    イエローゴールド

    華やかな黄金色をしたゴールド(金)です。差し色として装いに取り入れると、ファッショナブルさを演出してくれます。日本人の肌色にもよく似合う色味です。

  • ピンクゴールドの婚約指輪

    ピンクゴールド

    目を惹く可愛らしい桃色が特徴のゴールド。ローズゴールドと呼ばれることもあります。肌馴染みが良いフェミニンなカラーで、女性人気が高い素材です。

  • ホワイトゴールドの婚約指輪

    ホワイトゴールド

    プラチナのようなシルバーカラーがクールな印象のゴールドです。金にパラジウムや銀などの白金族を加え黄金色を薄めた地金に、白金族の中でも最も強い白色を示すロジウムをコーティングし、輝くような白さに仕上げています。 ※ブリリアンスプラスでホワイトゴールドは2020年5月に発売中止となりました

  • シャンパンゴールドの婚約指輪

    シャンパンゴールド

    まるでシャンパンのような、淡い灰みの琥珀色が特徴のゴールド。ちょうどイエローゴールドとホワイトゴールドの中間の様な印象の色味です。肌馴染みが良く落ち着いた雰囲気があることから身に着けやすいと、ブリリアンスプラスでも非常に人気の素材です。
    取り扱っているお店が少なく、人と被りにくいのも魅力です。

  • コンビネーションの婚約指輪

    コンビネーション

    プラチナとイエローゴールド・ピンクゴールド・シャンパンゴールドのいずれかを組み合わせた素材使いを「コンビネーション」と言います。婚約指輪ではダイヤモンドの台座だけはプラチナ、他の部分はゴールド素材とするデザインが多いです。台座を白銀色のプラチナにすることで、ダイヤモンドを美しく見せる効果があります。

日本では婚約指輪の素材としてプラチナが定番ですが、最近はゴールド製の婚約指輪の人気も高まっています。
シックでフォーマルな印象のプラチナに対し、カジュアルでファッショナブルな印象になるのがゴールドの婚約指輪の魅力です。

彼女の手持ちのアクセサリーや時計などとの色の相性も考えながら、素材を選んでみてはいかがでしょうか。

4つのゴールド素材の特徴について詳しく見る プラチナとホワイトゴールドの違いについて詳しく見る

特別な婚約指輪に

記念の婚約指輪には、お二人ならではの特別感を持たせられると素敵ですよね。婚約指輪にオリジナリティを添えるにはこんな方法があります。

刻印を入れる

婚約指輪の刻印

婚約指輪の内側にお二人の想いの詰まった刻印を施すのが人気です。刻印する内容としてはお二人のイニシャルや記念日、お相手へのメッセージなどを選ばれる方が多いです。刻印できる文字数はお店やリングのデザインによっても異なりますが、ブリリアンスプラスでは基本的に半角英数6文字まで承ることができます。どんな文字を入れようか悩む時間も、素敵な思い出ですね。

婚約指輪に入れる刻印について詳しく見る

特別なカラット数のダイヤモンドを選ぶ

色んなカラットのダイヤモンド

あまり知られていませんが、ダイヤモンドのカラット数(重量・大きさ)の数字に特別な意味を持たせることも可能です。例えばパートナーの方のお誕生日が4月4日の場合0.440ct、6月12日がお二人の記念日だった場合0.612ctという風にカラット数を決めることができます。
リング枠とダイヤモンドを別々に選べる、ブリリアンスプラスならではのサービスです。

特別なカラット数の選び方を詳しく見る

フルオーダーする

指輪のデザインをフルオーダーで決めている様子

婚約指輪のデザインに深いこだわりがあるお二人には、一からデザインを起こし作成するフルオーダーもおすすめです。
フルオーダーはご要望をお聞きし専属デザイナーがデザイン画を描き、リングの原型から作成するサービス。一般的な婚約指輪よりも価格が高価となり完成までもより多くの時間が掛かりますが、デザインを決める過程も楽しく、唯一無二の婚約指輪が出来上がるのは何にも変えがたい魅力です。

婚約指輪のフルオーダーメイドを詳しく見る

婚約指輪のサイズの選び方

サイズ棒

サイズ棒

リングゲージ

リングゲージ

婚約指輪を購入するにあたっては、指輪を身に着ける左手薬指のリングサイズを正しく知る必要があります。
リングサイズの測定は「サイズ棒」や「リングゲージ」といったサイズ測定器を使うのが基本の方法です。

お相手に内緒でサイズを調べたい場合は、サイズ棒で彼女のリングの号数を測るという手段があります。ただ、婚約指輪を着けるのと同じ左手薬指に身に着けるリングを用意できないと意味がないので注意が必要です。まれに糸を指に巻きつけて測る事例が紹介されていますが、糸は伸縮性があるため正しく測定することは困難です。サイズを正確に知る手立てがない場合は無理をせず、リングサイズが分からなくてもサプライズプロポーズができる「ダイヤモンドでプロポーズ」の検討をおすすめします。
ダイヤモンドプロポーズは、はダイヤモンドの原石(ルース)を専用ケースに入れてプロポーズし、後日お二人でデザインとサイズを選ぶという新しいプロポーズの形です。

お二人で婚約指輪を選ぶ場合は、リングゲージでサイズを測定すると良いでしょう。リングゲージは店頭で使用することもできますが、貸し出しサービスを利用してお家でじっくりと使うこともできます。

婚約指輪を着ける手元

測定をする際は、指輪が回ってしまわない程度のフィット感があるかどうかを意識し、サイズ選びをすることが重要です。指輪が回り着け位置がずれると中央のダイヤモンドが目立たなくなってしまい、婚約指輪の美しさが引き立ちません。
正確に測定しても購入から数年経過しサイズを変えたくなることもあるかもしれません。そんな時はを利用することができます。ただしアームにぎっしりとダイヤモンドがセッティングされているパヴェタイプや、硬度の高いピンクゴールドを使った婚約指輪は、サイズ直しができなかったり、調整できるサイズ数が大きく限定される場合があります。不安な方は購入時にショップで相談してみてください。

婚約指輪のサイズ選びの方法を詳しく見る

婚約指輪の購入方法と贈り方

婚約指輪は一緒に買う?サプライズで買う?

サプライズプロポーズをする男性

婚約指輪の購入方法には「贈る方だけで選ぶ」「二人で一緒に選ぶ」の2パターンがあります。前者は贈る際にサプライズ感があるのが魅力。後者はお相手の好みのデザイン・ぴったりのサイズが確実に選べるのがメリットです。
実際にサプライズプロポーズをされる方は5割程度と、人気を二分しているというデータもあります(※)。お相手の性格や好みを考えつつどちらにするか選ぶと良いと思います。
他にもサプライズと彼女の好み、どちらのメリットも兼ね備えた「ダイヤモンドでプロポーズ」というサービスもあります。気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 ※データ出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2019「首都圏版」(全国推計値)

婚約指輪選び、自分で買う?一緒に買う?の決め方を詳しく見る

二人で一緒に婚約指輪を選ぶ場合、一生に一度の贈り物だと真剣になるあまり、意見がすんなり一致しないカップルもいらっしゃいます。選ぶ時間も素敵な思い出にするために、事前に先輩カップルの意見が食い違ってしまった事例に目を通し、心構えをしておくのがおすすめです。

婚約指輪選びで意見が食い違ってしまった事例を詳しく見る

婚約指輪はどこで買う?

ブリリアンスプラスで店頭で婚約指輪を選ぶ様子

婚約指輪の購入先には大きく4種類があります。

  • ジュエリーショップやブランドショップ
  • ブライダルリング専門店
  • 百貨店
  • ネット通販
  • 卸店でのオーダーメイド

ブライダル関連の調査データによると、ネットで事前調査をする方は5割以上で、また婚約指輪を探す際に検討した店舗数は、平均約3店舗となっています(※)。 ※データ出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2019「首都圏版」(全国推計値)

婚約指輪の購入場所の選び方を詳しく見る

以前は実物を見て購入することが当たり前とされていた婚約指輪ですが、最近ではネットで購入するという選択肢も出てきています。通販で婚約指輪を購入するメリットは、いつでもどこでも好きな時間に、自分たちのペースでじっくりとデザインを比較検討できることです。販売コストが抑えられるので、店舗よりも比較的安価に購入することができるのも魅力です。

婚約指輪を通販で購入するメリット・デメリットを詳しく見る

婚約指輪はいつまでに準備すればいいの

カレンダー

婚約指輪はサプライズプロポーズをするのであればプロポーズのタイミングまでに、二人で選ぶのであれば結納までに準備するのが一般的です。
婚約指輪は即日持ち帰ることができないケースもあり、セミオーダーだと3〜4週間、フルオーダーだとデザイン決定から2〜3ヶ月完成まで時間を要します。最低でも1ヶ月前、ゆったりと選ぶのであれば4〜5ヶ月前に動き出せるとベターです。

婚約指輪のおすすめ購入時期を詳しく見る

婚約指輪の素敵な贈り方

プロポーズの様子

サプライズプロポーズで渡す場合はもちろんのこと、二人で一緒に選ぶ場合でも、婚約指輪は記念に残るような素敵な贈り方をしたいものです。婚約指輪を贈るには「タイミング」そして「場所」選びが肝心です。
婚約指輪を贈る日取りとして人気なのが、誕生日や二人の記念日などのプライベートな記念日。場所は思い出の地や、特別感のある旅行先などが好まれます。一方で何もない日にいつもの自宅で…というパターンも実は人気です。
お相手の性格や好みを考えながら、独りよがりにならないシチュエーションを考えてみましょう。

婚約指輪の渡し方事例集見る

婚約指輪は場を華やかにさせる花束とセットで贈ることも多いです。花言葉を参考に花を選んで、プロポーズをより感動的なものにしてみてはいかがでしょう。

婚約指輪と一緒に贈る花束の選び方を詳しく見る

オンラインショールーム
オンラインでのご相談も承っております

ブリリアンスプラスでは、もっと気軽に相談したい、ショールームに行きたいけれど遠方で難しいという方々のために「オンラインショールーム(オンライン接客)」サービスを開始しました。

お手持ちのPCやスマートフォンを使用しオンラインで、弊社ジュエリーコンサルタントにダイヤモンドの大きさや見た目、リングの装着感やデザインの細部など、疑問点を質問・ご相談いただけます。
ご自宅からお気軽に、ショールームと同等の体験をお楽しみください。

お二人別々の場所からご利用いただくことも可能ですので、お揃いでご来社が難しい場合もぜひご活用ください。

オンラインショールームの詳細を見る

  1. TOPへ戻る

  2. やっぱり高すぎた…。高価な婚約指輪に後悔?

RECOMMEND

  1. 婚約指輪2019.04.25

    婚約指輪のダイヤモンドを留める爪、4本と6本どっちがいいの?

    婚約指輪のダイヤモンドを留める爪、4本と6本どっちがいいの? 婚約指輪(エンゲー…

  2. 婚約指輪2019.04.25

    運命の婚約指輪との出会い方

    運命の婚約指輪との出会い方 「さあ!婚約指輪を選ぼう!」となったとき 「どんなデ…

  3. 婚約指輪2019.04.25

    婚約指輪 = 一粒ダイヤモンドリング?

    婚約指輪 イコール 一粒ダイヤモンドリング?いえいえ、それだけではありません。 …