プラチナとホワイトゴールドの違いについて

の素材として代表的なプラチナとホワイトゴールドは色が似ており、プラチナを「白金」と記載するなど表記も紛らわしいことから混同されがちです。プラチナの元素記号は“Pt”、ホワイトゴールドの元素記号は金なので“Au”と、全く異なる元素からなる金属です。それぞれの性質には大きな違いがあります。

プラチナ = 白金 =元素記号 “Pt ”
ホワイトゴールド = 白金色=元素記号 “Au ”

日本では婚約指輪や結婚指輪などのブライダルジュエリーで用いられる素材は、ホワイトゴールドよりも圧倒的にプラチナの方が人気です。

1. プラチナとホワイトゴールドの違い

プラチナとホワイトゴールド、いずれも見た目は白い輝きが特徴ですが全く異なる金属です。

プラチナ:Platinum

結婚指輪

プラチナ(Platinum)は白金族(はっきんぞく)と呼ばれる元素“Pt”に分類される、銀白色をした金属です。ジュエリーに用いる際は多くの場合、同じ白金属のパラジウムやルテニウムを割金(※1)にして、硬度や強度を高めて使用します。一般的にブライダルジュエリーでは純度95%の「PT950」や純度90%の「PT900」が多く用いられます。

プラチナはそのしなやかで粘り強い性質から、小さな爪でも大切な宝石をしっかり抑える強度を持ち合わせ、耐熱・耐酸性にも優れています。永く愛用するブライダルジュエリーに適した性質を備えていることから、婚約指輪や結婚指輪の素材として重宝されています。

「PT950」「PT900」の違いを
詳しく見る >

ホワイトゴールド:White gold

ホワイトゴールド(White gold)は黄金色をした金(Au:ゴールド)に、銀やパラジウムなどの白色金属を割金(※1)した金合金です。さらに、それら金合金の表面に白金族の中でも鮮やかな銀白色が特徴のロジウム(Rh)でコーティングを施し、輝くような白さに仕上げているものが一般的です(※2)。

※1.割金(わりがね)
硬さを補強するため他の金属を混ぜ合わせること。
純プラチナや純ゴールドは共に柔らかくてしなやかな貴金属素材であるため、そのままでは柔らか過ぎてジュエリーの使用には向いていません。そのため他の金属と混ぜあわせて合金にし、強度を高めるた上で使用するのが一般的です。 ※2.ブリリアンスプラスではホワイトゴールド製品は、2020年5月に販売中止となりました

2. プラチナとホワイトゴールドのメリット・デメリット

プラチナ(PT950、PT900)

ホワイトゴールド(K18)

メリット
● 割金の量がプラチナ(PT950、PT900)と比べて多く、より強度が高い

プラチナやゴールドなどの貴金属は柔軟性の高い金属である分、日常使いで小キズがつきやすいとも言えます。細いリングなど構造上の強度が弱いものは、過度の力が加わることで変形してしまうこともあります。
特にプラチナはゴールドよりも割金の含有率が低く硬度が下がる分、小キズが目立ってくることもあります。

一方、これらの貴金属は柔軟性に優れているため、切れたり破損しにくいので修理もしやすく、再度磨き仕上げる(仕上げ直し)などのメンテナンスさえ施せば、末永くきれいな状態で身に着けることができます。

プラチナの婚約指輪を見る > プラチナの結婚指輪を見る >

3. ブライダルジュエリーにプラチナが選ばれる理由

プラチナは変色にしくい

ホワイトゴールドはゴールドにパラジウムなどの白金族の金属を割金として加え、金の地色である黄金色を薄めた金合金です。しかし完全に白くなるわけではなくはわずかに黄色味を帯びているため、銀白色にするために表面にロジウムコーティングを施します。
そのため、長くお使いいただくうちにロジウムが摩耗しコーティングがはがれ、本来のホワイトゴールドの地色が見えてきてしまうことがあります。この場合元の美しさを保つためには、ロジウムによる再コーティングが必要です。

また、ホワイトゴールドなどのK18の金合金は、割金として含まれるゴールド以外の金属が硫化や酸化で変色する場合があります。

対してプラチナは汗や洗剤などにも強く、日常使いで変色する心配はありません。

プラチナはアレルギーが起きにくい

ホワイトゴールド製のブライダルジュエリーの多くは、純金を75%配合した「K18」を使用しています。対してプラチナ製のブライダルジュエリーは純度95%の「PT950」や純度90%の「PT900」を使用します。金属アレルギーは割金として使用されるニッケルやパラジウムなどに反応して起こることが多いため、純度の高いプラチナリングの方がホワイトゴールドのリングよりアレルギー反応が出にくく、肌が弱い方でも安心感があります。

プラチナはより希少

プラチナの希少性

プラチナは地球上で採れる量が非常に限られており、人類が手にした全てのプラチナを合わせても6,000トンほどと、ゴールドの約1/3量しかありません。またプラチナは世界各地で産出される金と異なり、南アフリカ共和国やロシアなどのごく限られた地域でしか産出しません。その特別性と希少性も、婚約指輪や結婚指輪の素材として人気が高い理由です。