似合う婚約指輪デザインの選び方

婚約指輪 2019.04.25 更新日 2020.09.02

似合う婚約指輪デザインの探し方

婚約指輪のデザインをたくさんのラインナップの中から探すのはなかなか大変です。せっかくなら彼女に気に入ってもらえる“似合う指輪”を選びたいものですが、どれにすれば良いか見当も付かないという方も多いのではないでしょうか。そんな方は彼女の”手や指の形”に注目してみるのもいいかもしれません。

知らない方も多いのですが、婚約指輪はお洋服と同じで、手の大きさや特徴によって、似合うデザインが変わってきます。手や指の形に合ったデザインの婚約指輪を選べると、手元が引き立ちより華やかで美しい印象に。彼女が喜んでくれる婚約指輪デザインが絞りやすくなるんです。

これからご紹介する「手と指の形」タイプ別のリングデザインの選び方は、婚約指輪だけでなく結婚指輪を選ぶ際にも役立ちます。とっておきの婚約指輪、さらにその先の結婚指輪選びのために、ぜひ参考にしてみてください。

婚約指輪のデザインの選び方、ポイントは「手や指の形」

手が小さい、指が細い方におすすめ “華奢なデザインのリング” “ウェーブラインのリング”

手が小さいあるいは指が細い、繊細な印象の手を持つ彼女には、指のイメージにマッチするほっそりとした華奢な婚約指輪が似合います。指の繊細さが強調されて、手元がさらに美しく見えるのです。
他にも曲線的で躍動感のあるデザイン「ウェーブライン」のリングもおすすめ。リングのフォルムがアルファベットのS状になったものV状になったものが代表的なデザインで、いくつか種類があります。どれも手元をすっきり見せてくれる視覚効果で、彼女の手の繊細な魅力をより一層引き立ててくれます。

手が大きい方におすすめ “幅が広いリング” “ボリューム感のあるリング” “縦長のデザインリング”

大きな手を持つ彼女には、しっかりと幅やボリュームがある、存在感あるデザインの婚約指輪がよく似合います。他にも縦長シルエットのデザインも、指の長さが強調され手の大きさがほどよく和らぎきれいに見えます。
一方でセンターストーンが小さなデザインや幅が極端に細い華奢なリングは、バランスが崩れて見えることがあるので注意が必要です。

指が短い方におすすめ “ウェーブラインのリング”

指が少し短く、かわいらしい手元をしている彼女には、SラインやVラインのウェーブラインデザインを施した、指輪全体が波打ったように見える婚約指輪がぴったりです。身に着けることで指に縦ラインの表情が生まれ、指先が長くすっきりとした印象になります。

指が太い方におすすめ “ボリューム感のあるリング”

この指タイプの彼女には華奢なデザインの婚約指輪よりも、幅広でリング全体にボリューム感のあるものがおすすめです。そうすることでリングが目を惹きつけ、指をよりバランス良く美しく見せてくれます。少しアクセントが欲しい方は幅広の婚約指輪の中でも、ボリュームに変化のあるウェーブデザインを選ぶのも素敵です。
他にも真ん中に大きなセンターストーンのあるデザインの婚約指輪も、視線を集め同様の効果が期待できます。ダイヤモンドはできれば大きめサイズを選べると、より指をバランス良く華やかに演出してくれるはずです。

関節が太い方におすすめ “幅が広いリング” “全周均一なデザインのリング”

こちらの指タイプの彼女には、幅広デザインの婚約指輪がおすすめです。しっかり主張するリングラインを関節近くに持ってくることで、指の根元の細さを隠しつつすっと伸びる自然なラインを作り、節を目立たなくしてくれます。
また節のある指はどうしてもリングが根本で回ってしまいがちなので、エタニティリングのように全集均一にデザインが施された、リングが回っても気にならない婚約指輪を選ぶのもいいかもしれません。

コラム:似合う婚約指輪選びのポイントは、洋服選びと同じ

他人の目から見ると魅力的な手をしているのに、手の大きさや指の太さなど、自分の手にコンプレックスを抱く女性は少なくありません。
例えば、少しでも細く見せたいからと華奢なリングを選んだりと、自分の気になるポイントを隠してくれそうなデザインを選びがちです。
しかしリング選びで最も大切なのは、自分ならではの手の大きさや形に合ったものを選ぶことです。

お洋服も体型に合ったサイズを選ばずに、スリムに見せようとタイトなサイズを選んだり、大きすぎるサイズを身に着けると、かえってコンプレックスに感じている部分が強調され、不似合いになってしまいます。
きちんとフィットした洋服を着ると、ぐっとおしゃれさが増すのと同じです。
彼女ならではの美しさを引き立たせてくれるリングを、ぜひ選んでみてください。

リングのデザイン選びで困っている男性には「ダイヤモンドでプロポーズ」がおすすめ

ダイヤモンドでプロポーズ

ここまで手や指のタイプごとに、彼女の手元をより引き立ててくれる婚約指輪の選び方をご紹介してきました。けれど婚約指輪を選ぶには、これ以外にも彼女の指の正しいサイズや、彼女の気に入るリングデザインを把握する必要があります。

また、自分の手に似合うリングのデザインは、実は女性本人でも簡単に選べるものではありません。長い時間を掛けて悩まれる方も多いです。
女性でも大変なことを、ましてや男性一人でおこなおうとすると、なおのこと大変さも増します。

「婚約指輪はプロポーズの際にサプライズで用意したいけれど、彼女が満足するデザインを選びたい」
「けれど、女性ですら困難なデザイン選びをどうやってすればいいのか…」
そうお悩みの方にはダイヤモンドでプロポーズというサービスがおすすめです。

ダイヤモンドでプロポーズとは、プロポーズ当日はダイヤモンドだけで気持ちを伝え、婚約指輪のデザインは後日お二人で選ぶという、新しい婚約指輪の形です。
彼女のリングサイズや好みのデザインが分からなくても素敵なプロポーズが実現できると、たくさんの男性から支持されています。婚約指輪のデザイン選びにお困りの方は検討候補に加えてみてはいかがでしょうか。

ダイヤモンドでプロポーズの詳細を見る

まとめ

彼女に似合う婚約指輪の選び方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。婚約指輪のデザイン選びは簡単なことではありませんが、一番大切なのはあなたが彼女のためを想って一生懸命考え選択したという事実です。少しでも自信を持って婚約指輪のデザインを選べるよう、この記事をお役立てください。

ブリリアンスプラスで婚約指輪を探す

  1. 実際アリ?婚約指輪・結婚指輪のネット購入

  2. 婚約指輪のダイヤモンドを留める爪、4本と6本どっちがいいの?

RECOMMEND

  1. 婚約指輪2019.04.25

    彼女への婚約指輪選び、一緒に買う?それとも自分で買う?

    プロポーズといえば隠し持った婚約指輪をおもむろに取り出しておこなうシーンを思い浮…

  2. 結婚指輪2019.04.25

    古今東西・結婚指輪をつける意味

    古今東西・結婚指輪をつける意味 結婚指輪をつける意味は何でしょうか?愛し合う2人…

  3. 結婚指輪2019.04.25

    結婚指輪のバリエーション

    末永く夫婦の人生に寄り添う結婚指輪。ふたりのこだわりを叶える結婚指輪を見つけよう…