憧れの婚約指輪“ヘイローリング”

    憧れの婚約指輪“ヘイローリング”の画像

“ヘイローリング”と聞くと、どんな指輪を思い浮かべるでしょうか?

ヘイローリングとは、センターのダイヤモンドの周りを小さなダイヤモンドで取り巻いた華やかなデザインの婚約指輪(エンゲージリング)です。
そのため、センターのダイヤモンドのカラット数が0.3ctでもその周りを更にダイヤモンドで囲うため、実際のカラット数の一回りも二回りも大きく見せることができます。また、そのなんとも贅沢な見た目からヘイローリングは婚約指輪(エンゲージリング)の枠にとらわれない、女性の憧れのデザインでもあります。

ヘイローという名前は、英語の“HALO”(ハロー)が由来で、「光輪」「天使の輪」「聖人」「栄光」という意味があります。これらの言葉は神聖なもので婚約指輪(エンゲージリング)などのブライダルリングにぴったりですよね。

今回はそのヘイローリングでブリリアンス+のおすすめの婚約指輪をご紹介します。

1.ヘイロー ダイヤモンドリング エタニティタイプ

1012-3-01
こちらのリングの最大の特徴はセンターのダイヤモンドが周りのダイヤモンドと比べ、もうひと段階高い位置でセッティングされていることです。通常、ヘイローリングはセンターのダイヤモンドと周りのダイヤモンドが一体化し、センターのダイヤモンドが目立たなくなってしまいがちですが、段差をつけることによってセンターのダイヤモンドの存在感がより大きくなります。また、リングのアーム自体は細身なのでリングサイズが小さい方でもボリューム感が出過ぎず、身に着けやすいデザインです。

2.ヘイローダイヤモンドリング エタニティタイプ
1012-3-02
初めに紹介したヘイローリングと比べ、周りのダイヤモンドやアーム部分のダイヤモンドが大きくなっています。全体的に安定感があり、重厚感のある高貴なイメージのヘイローリングなので、まさに一生ものとして長く愛用できる婚約指輪(エンゲージリング)です。
また、こちらのヘイローリングはブリリアンス+のエタニティリングと重ねづけした際も
幅とメレダイヤモンドの大きさもぴったりと重なるようにデザインされておりますので、相性ばっちりです。

3.フローティング ヘイロー リング レナ
1012-3-03
こちらのヘイローリングはセンターのダイヤモンドと周りのダイヤモンドとの間が少し空いているのが特徴です。そうすることでぎっしりとダイヤモンドが並んだ時の重厚感というよりは、間が空くことによってより軽やかな印象のヘイローリングとなります。全体のシルエットとしてはしっかりと安定感がありますので、見た目が軽くなり過ぎずバランスのとれたヘイローリングのデザインです。

今回は3つのヘイローリングをご紹介しましたがブリリアンス+では他にも様々なデザインのヘイローリングもご用意しています。皆さんも憧れの婚約指輪(エンゲージリング)“ヘイローリング”に挑戦してみませんか?^^

銀座カスタマーサポート 松浦

Comments

comments