ダイヤモンドリングのお手入れ方法

ダイヤモンドリングのお手入れ方法

ダイヤモンドリングのお手入れ方法

一番硬い物質として知られているダイヤモンドですが、その他にも特徴的な性質を持っています。親油性と言って油分が吸着しやすい性質と非常に熱伝導性の良い性質があり、ダイヤモンドを身に着けてそのままにしておくと、汗や化粧品などが、まるでスプレーしたかように表面を濁りくもらせてしまいます。
一年に一度程度、ダイヤモンドを綺麗にお手入れしてください。

一番硬い物質として知られているダイヤモンドですが、その他にも特徴的な性質を持っています。親油性と言って油分が吸着しやすい性質と非常に熱伝導性の良い性質があり、ダイヤモンドを身に着けてそのままにしておくと、汗や化粧品などが、まるでスプレーしたかように表面を濁りくもらせてしまいます。
一年に一度程度、ダイヤモンドを綺麗にお手入れしてください。

① クリーニングに用意するもの

① クリーニングに用意するもの

中性洗剤(少量)・歯ブラシ(柔らかいもの)・布・ぬるま湯 ダイヤモンドのお手入れには、少量の中性洗剤とぬるま湯を混ぜ合わせたものを使います。

② こすり洗いで汚れ落とし

② こすり洗いで汚れ落とし

その中にリングを浸けたら、柔らかな歯ブラシで汚れをこすり洗いしてください。特にダイヤモンドの裏側(リングとセッティングされている部分)の汚れを落とすときれいになります。地金を傷つけないように注意。頑固な汚れの場合には、洗剤を増やした液に一日浸けてから洗います。

③ きれいな水ですすぎます

③ きれいな水ですすぎます

きれいな水に交換してリングについた洗剤をよくすすぎます。長年着けていた指輪は本体の歪みで石を留める爪の部分が緩む場合があります。メンテナンスの際には、先の尖ったもので石を軽く押すなどの石のセッティングの状態を確かめましょう。

④ 水分を拭き取りよく乾燥

④ 水分を拭き取りよく乾燥

やらわかな布で水分を拭き取り、しっかりと乾かしましょう。先に手を拭くと布に油分が付着する場合があります。乾いた後は、ダイヤモンドでほかのジュエリーを傷つけないように、普段から個別の専用ケースで保管することをおススメします。