プラチナのマリッジリング

カート

プラチナのマリッジリング

プラチナの結婚指輪 プラチナの結婚指輪 結婚指輪

プラチナの結婚指輪特集

結婚指輪といえば、誰もが思い浮かべるシンプルなプラチナの結婚指輪。
プラチナ最大の魅力は、白く美しい輝きが色褪せることなく"永遠に変わらない"ということ。科学的に安定した素材であることから、酸化や腐食に大変強く、変色・変質が起こりません。その特性から「永遠に純白の輝きを放つ」とされ、真っ白なウェディングドレスや白無垢に身を包んだ花嫁姿とプラチナを重ね合わせ、特に日本では結婚指輪や婚約指輪の素材に好んで用いられます。

純粋で希少な金属

純度99.9%のプラチナはPt999と表記されます。純度95%のものはPt950、純度90%のものはPt900と表記します。最低でも純度85%以上でなければプラチナジュエリーとして認められていません。ちなみに、ゴールドジュエリーで主流となっているK18(18金)は、金純度75%です。プラチナジュエリーはゴールドと比較して、より高純度で製作することが可能で、その純粋な輝きと耐久性が価値を高めています。しかも、プラチナの採掘量は金の1/30ほどしかありません。たとえば3gの結婚指輪を製作するとした場合、その指輪ひとつ分のプラチナ塊を精製するためには、約1tの原鉱石が必要となります。またプラチナは、精製にも高い技術を求められ、作業工程は金とくらべて8倍の期間を必要とします。そのため生産量が少なく、希少性が高い金属なのです。

結婚指輪に適した素材プラチナ

プラチナは粘性や展延性(引っ張る力に対して強靭で、しなやかでよく伸びる性質のこと)に富んだ金属のため、繊細なデザインを表現することが可能です。小さな爪でダイヤモンドを並べてセットしたり、ミルグレインのような細かな細工に適しています。またプラチナの白く美しい輝きは、ダイヤモンドの美しさをさらに引き出してくれます。そのため、結婚指輪だけでなく、婚約指輪にも好んでも用いられます。ですが展延性に富んでいるがゆえに、小傷がつきやすいという特徴もあります。これはプラチナに限ったことではなく、ゴールドの結婚指輪の場合も同様で、どんなに大切に身につけていただいても、小傷がついたり変形が起こったりします。いずれも磨きなおすことで、初めて贈られたときの美しさを容易に取り戻すことができますし、時を重ねて自然に刻まれた風合いは、劣化と違い、その結婚指輪に新たな美しさを与えてくれます。身につける度に、お二人が歩まれた道のりが結婚指輪に刻まれたかのように、風合いを増してさらに愛着がわいてきます。 プラチナについてもっと詳しくみる

おすすめのプラチナ結婚指輪

プラチナの輝きを楽しんでいただける、おすすめの結婚指輪をご紹介いたします。

品番:00781

オーバル

男性・女性問わず、人気ランキング不動の1位。丸みのあるオーバルシェイプの結婚指輪は、シンプルで飽きのこないスタイル。さらにミラー仕上げがプラチナ素材の良さを引き出してくれます。華奢な印象の2.0㎜からボリューム感のある4.5㎜まで、好みに合わせてお選びいただけるのも人気の理由です。
詳細はこちら
品番:00029

ミルグレイン

シンプルでプレーンなデザインに、奥行きのあるミルグレインの立体感が魅力的な結婚指輪。ミラー仕上げがプラチナの輝きを最大限に引き出します。熟練の職人が1つ1つ丁寧に仕上げたミルグレインの繊細な装飾が、毎日の手元を華やかにしてくれるリングです。
詳細はこちら
品番:00242

ルリエ

丸みを帯びた太めのアームに縁取りをし、その中にメレダイヤモンドを3連に重ね豪華な婚約指輪に仕上げました。存在感のあるモダンなデザインは年齢を重ねるほど指に馴染む大人のジュエリー。上品な女性の魅力をより一層引き出してくれるデザインの結婚指輪です。
ダイヤモンド同士が引き立て合い輝きを存分に堪能出来るリングに仕上がりました。アームの縁取りがシャープな印象を与える品格あるリングです。共有爪でメレダイヤモンドを贅沢に敷き詰め、そのメレダイヤモンドをまもり包むようにフレームで縁取られたデザインなので、華やかでありながら、普段使いにも適しており、重ねづけにも最適なデザインです。
詳細はこちら

プラチナジュエリーのケアについて

プラチナジュエリーは硬くて丈夫と思われがちですが、展延性に富みしなやかな金属のため、負荷がかかる際は結婚指輪を外していただくことをお勧めいたします。また紛失を避けるため、外出先で結婚指輪を外す際は専用のポーチにしまうよう心がけましょう。

また、プラチナの結婚指輪、プラチナとダイヤモンドの指輪は、ご自宅で簡単にメンテナンテナンスしていただけます。ボウルなどにぬるま湯を張り、数滴の中性洗剤を加えてよく溶かし、そのなかにプラチナジュエリーを浸します。柔らかいブラシで結婚指輪の内側やダイヤモンドとダイヤモンドの間・ダイヤモンドの爪をやさしくこすり洗いします。その後、きれいな水かぬるま湯を再度張り、やさしく結婚指輪をすすぎます。仕上げはきめの細かい布でポンポンと抑えるように拭きます。力を入れて擦らないようにしてくださいね。
こまめなケアで、より長く美しい状態で結婚指輪をご愛用ください。