最高のナチュラルウェディングに!先輩カップルに学ぶおしゃれアイディア

結婚準備 2020.04.21 更新日 2021.02.01

ナチュラルウェディングは最近注目の集まる結婚式のスタイルです。そのおしゃれで柔らかな雰囲気に憧れている方も多いのではないでしょうか。けれどナチュラルウェディングには細かな定義がなく、また専用のプランも存在しないことから、どんな風に形にしていけばいいのか悩むカップルも少なくありません。
そこでこの記事では結婚式作りのアイディアになるよう、先輩カップルによるおしゃれなナチュラルウェディングの実例をたっぷりとご紹介します。ぜひ参考になさってください!

この記事の概要は…

  • ナチュラルウェディングは先輩の実例を参考に
  • ポイントは「自然素材」と「ゲストと同じ目線で楽しむ」こと
  • 衣装は正統派や遊び心のあるもの、カジュアルテイストもおすすめ
  • ウェディングケーキやペーパーアイテムなどでオリジナリティーを演出

ナチュラルウェディング作りのポイントは2つ

ナチュラルウェディングとは自然体の結婚式のことで、一般的に2つのポイントを押さえることが大切だと言われています。

自然素材を積極的に取り入れる

ナチュラルウェディングでは気持ちが和らぐように、植物や木材といった自然素材が積極的に使われます。会場を屋外とする「ガーデンウェディング」や「ビーチウェディング」も人気ですが、もちろん室内で楽しむこともできます。
たくさんの植物を飾るだけでも十分ナチュラルウェディングらしさを出すことが可能ですが、少し大掛かりにテントや本物の木をセッティングするカップルもいらっしゃいます。

ゲストと同じ目線で楽しめる工夫を

ナチュラルウェディングの2つ目の特徴が、新郎新婦とゲストが同じ目線で楽しめることです。そのため、気取らずみんなが結婚式に参加できる工夫を随所に取り入れます。
代表的なのが新郎・新婦のためのひな壇を作らないというもの。 代わりに新郎新婦の席としてソファを置いたり、ゲストのテーブルに新郎新婦も混じって座るというスタイルが好まれます。

このように、堅苦しくなく新郎新婦とゲストがゆったりと楽しめる結婚式。それがナチュラルウェディングです。ナチュラルウェディングの概要が押さえられたところで、ここからはナチュラルウェディングに取り入れたい具体的なアイディアをご紹介していきます。

ナチュラルウェディングにぴったりの新郎・新婦コーディネート

ナチュラルウェディングをおこなう際、新郎・新婦の衣装はどのようなものを選べばいいのでしょうか。
新婦さんの衣装は植物と馴染みをよくするため、光沢感のある素材や極端にボリュームのある形を避けると、ナチュラルウェディングらしさが良く出ます。デザインとしておすすめなのは、クラシカルで落ち着いたムードのドレス。さらに素材にコットンやシルクなど天然素材を使っているとより雰囲気が高まります。

新郎の衣装は、定番のブラックよりも柔らかな雰囲気になる色物がよく合います。上下のデザインを変えるなど、遊び心を加えた着こなしも大変おすすめです。
ナチュラルウェディングで人気のコーディネートは、大きく4パターンに分かれます。

大人っぽいクラシカルテイスト

上品で落ち着いた印象のナチュラルウェディングを形にしたいなら、注目したいのがこちらのコーディネート。新郎・新婦共に正統派の衣装でシックにまとめます。

新婦はアンティーク調のレースが目を引く、スレンダーラインのドレスをチョイス。ベールを横に流したヘアアレンジやラフにまとめたブーケが、ナチュラルウェディングの気取らないムードに良く合います。
新郎はカーキ色のスーツをセットアップで。比較的珍しい色味ですが、会場を彩る植物と相性抜群です。

Aラインなどボリュームのある華やかな印象のドレスは、手に持つブーケなどでナチュラルさを添えれば、ナチュラルウェディングにより馴染みやすくなります。こちらの新婦さんはグリーン系のリースブーケを合わせています。落ち着いたブーケの配色が、適度に雰囲気を引き締めます。
新郎はネイビーのスーツで、正統派のセットアップながらより優しい印象です。

新婦がウェディングドレスを着るのであれば、新郎も白系の衣装を選んで統一感を出すのも素敵です。ナチュラルウェディングらしい爽やかな印象に仕上がります。真っ白なタキシードは勇気が要るかもしれませんが、こんな柔らかなアイボリーカラーであれば、ぐっと挑戦しやすくなります。
ブーケとブーケトニアは衣装に溶け込むような白系でごく控えめに仕上げる、大人っぽいお花使いにも注目です。

新郎の衣装で遊び心をプラス

よりカジュアルな雰囲気のナチュラルウェディングがお好みなら、新郎の衣装で親しみやすさをプラスするのもおすすめです。

新婦は肩まで覆うキャップスリーブのドレスでエレガントな印象に。
対して新郎がチェック柄のシャツでカジュアル感を出すことで、ナチュラルウェディングらしい気取らない雰囲気が生まれます。普段はきりりとした印象の彼があえてカジュアルな衣装を選ぶことで、普段と違う表情が見られるのも、ゲストの楽しみの一つになるかもしれませんね。

優しい雰囲気のナチュラルウェディングを開きたいのであれば、こんなコーディネートはいかがでしょう。
ベアトップのウェディングドレスを着て大人っぽく決めた新婦に対し、新郎はチェック柄のジャケットにカラフルなネクタイとベスト、さらに胸元に赤い薔薇を合わせて可愛らしい印象に。彼のあたたかい人柄が引き立つコーディネートです。

ナチュラルウェディングでは、新郎がベストとショートパンツをコーディネートするスタイルも人気です。その快活な立ち姿は、海や森など自然に囲まれ屋外でおこなうナチュラルウェディングにぴったりです。
足元は親しみやすさをさらに高めてくれる、ビーチサンダルやスニーカーなどが良くマッチします。

新婦の衣装の色選びでナチュラルに

ナチュラルウェディングらしいリラックス感を出したいなら、花嫁さんの衣装に色を取り入れてみるのも効果的です。

ナチュラルウェディングに憧れている方の中には、ボリュームのあるドレスはロマンチック過ぎると感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、色を使ったデザインを選ぶことで適度なラフさを演出することもできます。
植物と相性の良い緑やブーケに使われている色味を選べば、センス良く自然にまとまります。

伝統の正装である白無垢も、少し差し色を加えることでよりナチュラルウェディングと相性が良くなります。
写真のコーディネートでは淡い緑色を取り入れています。会場の木々の色味に優しく溶け込む様がとても綺麗ですよね。髪にあしらった同系色のお花がモダンなエッセンスをプラスしてくれます。

カジュアルな素材選びで優しい雰囲気に

もっと気負いのないナチュラルウェディングにしたいという方は、衣装の素材を「洗いざらしのコットン」などカジュアルなものにしてみてはいかがでしょう。披露宴の衣装直しの候補としてもおすすめです。

ナチュラルウェディングだからこそ楽しめる、デニム生地を取り入れたコーディネートです。新婦はジージャンを、新郎はデニムの上にジャケットを合わせています。
それぞれウェディングドレスとジャケット・蝶ネクタイというフォーマルなアイテムを組み合わせているので、カジュアルになり過ぎず品の良い印象が生まれます。

こんなコットンのカジュアルウェアをまとうナチュラルウェディングも素敵ですよね。髪型などできちんと感を出せば、ウェディングという改まった場でも違和感はありません。
ゲストと同じ立場で楽しみたい、そんなナチュラルウェディング作りにいかがでしょうか。

ナチュラルウェディングにぴったりの装飾・演出アイディア

ナチュラルウェディング作りには、ゲストの心をあたためてくれる装飾や演出が欠かせません。ぜひ参考にしたい、先輩カップルの素敵な装飾・演出実例を一挙にご紹介します!

ウェディングケーキ

ナチュラルウェディングに華やかさを添えてくれるウェディングケーキは、ケーキ自体のデザインだけでなく飾り方でも様々な印象を演出することができます。ゲストにどんな風に楽しんでもらいたいかイメージしながら、案を固めていけるといいですね。

エディブルフラワーで華やかに

食べられるエディブルフラワーをあしらった華やかなケーキは、植物をたくさん取り入れるナチュラルウェディングと好相性です。
こちらのカップルは、お二人の出会いのきっかけである“野球”にまつわるコミカルなケーキトッパーを載せて、カジュアルであたたかなムードをプラスしています。

ホールケーキとカップケーキを組み合わせる

ウェディングケーキは何段にも重なった存在感あるデザインのものが定番ですが、気取らなさをテーマにしたナチュラルウェディングであれば、選択肢は多様です。
例えば写真のようにお二人が食べるケーキはホールで華やかに、ゲストに振舞うケーキはカップケーキなどの小ぶりなものをチョイスしてみるのも素敵。賑やかで可愛らしい雰囲気が増すのはもちろんのこと、ゲストが気軽にケーキを手に取ることができ、会場に和気あいあいとした空気を生んでくれそうです。

食べやすくカットしたケーキでおもてなし

カップケーキだけでなく一口大にカットしたケーキも、食べやすくゲストに喜ばれることと思います。ケーキにかわいいピックを添えれば、つまみやすく見た目にもおしゃれです。
ピックのデザインには「新郎・新婦の大切にしている信念」などのお二人らしさを盛り込めると、よりナチュラルウェディングらしいあたたかみが演出できます。

切り株の上に飾って愛らしく

ナチュラルウェディングらしさを出したいなら、ケーキの置き方にもひと工夫してみてはいかがでしょう。おすすめなのがケーキを切り株に載せるアイディアです。
ケーキの種類・デザインを問わず、一気にふんわり愛らしい印象に変身します。入刀する姿も微笑ましく、ゲストの心を和ませてくれること間違いなしです。

ペーパーアイテム

結婚式に欠かせないペーパーアイテム。特に招待状は結婚式までの気持ちを盛り上げるためのツールですから、テーマであるナチュラルウェディングらしさをしっかりと盛り込めると素敵です。思わず宝物にしておきたくなるような素敵なペーパーアイテムの例を、招待状を中心にご紹介します。

お手紙風のデザインに、直筆の文字で想いを込めて

まるで手紙の様な招待状は、オリジナルデザインの便箋がポイント。宛名も中身も手書きで綴られており、ぬくもりが感じられます。ナチュラルウェディングらしいかしこまりすぎない、けれど想いがたっぷり詰まった招待状です。

刺繍であたたかみを添える

こちらの招待状はシンプルなデザインながら、刺繍を取り入れた立体的なデザインが目を引きます。新郎新婦の手で一つひとつ刺繍を施せば、二人の感謝の想いをゲストへしっかりと届けられそうです。

結婚式のコンセプトをデザインに込めて

両家の苗字それぞれに含まれる植物名をモチーフにオリジナルのボタニカル柄を作成し、様々なペーパーアイテムに使用しています。
優しい色合いと相まってナチュラルウェディングらしさが高まります。

「日帰り旅行」をコンセプトにしたナチュラルウェディングの招待状です。招待状を広げると中には会場までの地図が。リュックを背負った新郎・新婦のイラストからも「カジュアルに楽しみにきて欲しい」という気持ちが伝わります。
式場に向かうまでの道のりもワクワクと過ごしてもらえそうです。

宝箱をコンセプトにしたナチュラルウェディングのために作られた招待状は、トレジャーボックスのような正方形の形が目を引きます。広げてみると二人の今までの道のりが、キュートなイラストで綴られた相関図となって現れる仕組み。
式までにお二人のことを知ってもらうことで、よりリラックスした気分で結婚式に参加していただけるのではないでしょうか。

ウェルカムスペース

ゲストが真っ先に目にするウェルカムスペースは、結婚式への期待を高めてくれる素敵な場所に仕上げられるといいですね。ナチュラルウェディングらしい、おしゃれだけれど適度に力の抜けたアイディアをまとめました。

ウェルカムボードを壁いっぱいに

ウェルカムスペース定番の装飾といえば、新郎・新婦の思い出を刻む写真を飾ること。こちらは写真を壁いっぱいに飾った大きなウェルカムボードがインパクト抜群です。
遠くからでも分かる華やかさもさることながら、ナチュラルウェディングのテーマにもぴったりの、二人で作ったことがうかがえるラフさが魅力的です。

ウェルカムスペースをお花でデコレーション

ナチュラルウェディングに欠かせないお花を写真と一緒に飾って、ゲストを華やかにお迎えするのも素敵です。様々な種類の小ぶりなお花をランダムに飾ることで、草原のような可憐で爽やかな印象に。
かしこまり過ぎないナチュラルウェディングらしさが演出できます。

山道をウェルカムスペースに

屋外でナチュラルウェディングをおこなう、あるいは会場までの道のりに緑が多いようであれば、木々の間に写真を飾ってウェルカムスペースを作ってみてはいかがでしょう。
画像の例では紐を通して写真をガーランド状に設置しています。お洒落なだけでなくスペースが広く取れるため、ゲストの方々がじっくりと写真を見られるのもうれしいポイントです。

演出

新郎新婦もゲストも自然体で楽しめるナチュラルウェディングを形にするために欠かせないのが、想いを伝える・心を通わせるための演出です。みんなのハートがあたたまる、素敵な演出をご紹介します。

サプライズで手紙を用意

ゲストへの日頃の感謝の想いを表現する場でもある結婚式。サプライズでお手紙を用意するのも素敵な趣向ではないでしょうか。結婚式の時はゲスト一人ひとりとじっくり話すことが難しいですが、このように手紙を用意しておけば、想いを余すことなく伝えられます。
ナチュラルウェディングの演出のひとつと考えると、宛名と中身は心を込めて手書きで準備できると良いですね。

レターツリーで想いを交換

手紙に関する演出としては“レターツリー”というものもあります。レターツリーとは木に手紙を飾る演出のことです。
木に吊るされている封筒の中には、ゲストそれぞれに向けた新郎・新婦からのメッセージカードが入っています。手紙を受け取ったゲストは結婚式の間に新郎・新婦へ手紙を書き、この封筒の中に入れて帰ります。植物を交えてメッセージ交換を楽しめる、ナチュラルウェディングに持ってこいの演出です。

ゲストと一緒に作る結婚証明書

結婚証明書は教会式や人前式で作成する誓約書です。二人でサインし完成とすることもできるのですが、せっかくのナチュラルウェディングですから、ゲストにも結婚証明書作りに参加していただいてはいかがでしょう。
一言ずつコメントを書いてもらうのが基本のスタイルですが、コメントをもらう場所は紙に限らずブロックなどの立体でも良く、楽しみ方は無限大です。完成した結婚証明書はみんなの祝福の想いが感じられるとっておきの記念品になりますので、ぜひずっとお部屋に飾っておきたくなるような素敵なデザインを選んでみてください。

新郎・新婦が食事をサーブ

結婚式に欠かせない美味しい食事やお酒にもナチュラルウェディングらしさを取り入れたいなら、新郎・新婦自らゲストにサーブしてみてはいかがでしょう。一人ひとりのゲストと時間を取って向き合えますし、リラックスした雰囲気が会場いっぱいに広がります。
最後のひと混ぜやバーナーでのひと炙りなど、料理の仕上げを二人でおこなうとより場が盛り上がります。

挙式をゲストと一緒に準備

ナチュラルウェディングをおこなうカップルの中には、挙式の会場準備をゲストに手伝ってもらう方もいらっしゃいます。みんなで力を合わせたあとの挙式の感動は格別です。この場合、挙式は披露宴の後におこなわれ、進行の順番が通常とは逆になります。
馴染みがない流れかもしれませんが「自分たちのことをしっかりと知ってもらった上で挙式ができる」と人気があるスタイルです。

まとめ

この記事ではナチュラルウェディングに取り入れたい、おしゃれな実例アイディアをご紹介しました。
ナチュラルウェディングには細かな決まりはありません。「どうすれば自分たちとゲストが心から楽しめるのか」それを第一にプラン作りをすれば、きっととっておきのナチュラルウェディング作りができるはずです。ワクワクするアイディアを盛り込んで、お二人らしい形を作り上げていってください。
この記事に掲載しているアイディアが、ひとつでもお役に立てればうれしいです。

「教えてくれた人」HAKU

オリジナルウェディングを専門に手掛けるプロデュースブランド。
何十年経っても「よかった!」と思える最高の結婚式をテーマに、専属のプロデューサーとデザイナーが予算、コンセプト作り、会場装飾、当日の準備に至るまですべてを手厚くサポート。
お二人らしい個性を引き出すこと、ゲストへおふたりの想いを伝え、心から楽しんでいただける環境を作り出すことを両立した巧みなプランニングで、多くのカップルより絶大な信頼を得ている。

HAKU

続きを読む

RECOMMEND

  1. 結婚準備2020.02.14

    新郎の衣装選びをもっと自由に楽しく!カジュアルおしゃれな実例紹介

    この記事の概要は… 最近は新郎の衣装もデザイン豊富種類は大きく3つ「タキシードな…

  2. 結婚準備2019.10.28

    披露宴のお色直しの順番と回数は?ゲストも大満足なプラン作りのコツ

    お色直しは披露宴に華やかさを添える定番イベントとして知られています。けれど実際に…

  3. 私たちの想い2020.01.07

    [HAKU×BRILLIANCE+] YouTube企画 ブライダルジュエリーに関する疑問にお答えします!

    先日オリジナルウェディングを手掛けるHAKUさんのYouTubeに、弊社のスタッ…

  1. 二人に最適な結婚式のスタイルは?定番から最新まで種類をチェック

  2. 新郎の衣装選びをもっと自由に楽しく!カジュアルおしゃれな実例紹介