カートを見る

両家の親睦を深める!結納と顔合わせ食事会

結婚準備

  • 更新日:2021.09.23
  • 164

両家の親睦を深める!結納と顔合わせ食事会

両家への挨拶が終わり、無事に結婚の承諾を得られたら、次のステップは結納、もしくは顔合わせ食事会へと進みます。いずれも両家の親睦を深める結婚へ向けた正式な場ですから、きちんとセッティングしたいもの。

そこで「そもそも結納とは?」という疑問や「結納と食事会、どちらにしよう」などという迷いを解決するために、両者の違いや手順について詳しく解説します。

この記事の概要は…

  • 結納には「正式結納」と「略式追納」の2種類が
  • 顔合わせの食事会は親睦を深めるのにぴったり
  • 結納と食事会の両方を行う場合も増えている

どちらでする?2つの結納スタイル

“結んで納める”という字のとおり、両家が結びついて親戚となることを祝い、贈り物を納め合うのが「結納」という儀式です。結納をすませたら、婚約が正式に成立します。この結納には「正式結納」と「略式結納」の2通りあります。

【正式結納】
正式結納は、仲人が両家を行き来して結納品や結納金を運び、両家は顔を合わせません。儀式には、昔ながらの決まった口上や独特の所作があります。また、結納の品や結納金、細かい手順などは、それぞれの地域や家のしきたりなどで異なります。両親や仲人とよく相談して進めましょう。

さらに、両家が遠い場合は、仲人の移動にも時間や労力がかかりますので、そのあたりも配慮して、どのように行うか決めたいもの。最近では正式結納を行う家庭は減りつつありますが、両親の希望などで行う場合もあるようです。

【略式結納】
略式結納は、ホテルや旅館、どちらかの自宅などに両家が集まり、結納品の受け渡しを行います。仲人は立てる場合と立てない場合があり、立てない場合は新郎の父親が進行役を務めることが多いようです。

また、略式結納の場合は、正式結納に比べて結納品の品目が少なかったり、結納金のみ、または婚約記念品として婚約指輪のみを贈ったりする場合もあります。その際、たとえば婚約指輪だけでも、きちんと目録や受書を用意するとよいでしょう。

略式結納といえど大切な節目の儀式ですから、どこまで省略するかは両家の希望を聞き、事前によく相談して決めます。

親睦がメインなら顔合わせ食事会

親睦がメインなら顔合わせ食事会

顔合わせ食事会は、特に決まった流れや儀式はありません。結納品や婚約記念品を交換するなど略式結納に近い形式から、食事を楽しむカジュアルな場まで、様々なスタイルで行われています。
リラックスした雰囲気で、おいしい食事と会話を楽しみながら両家の親睦をはかりたいカップルにおすすめです。

会場選び
食事会が決まったら、ご両親など参加者の希望を聞き、二人で協力して会場を探しましょう。料亭やレストラン、ホテルなど、場所に決まりはありません。

料理のジャンルも決まりはありませんが、風情や格式があり、和食が好きな親世代に合わせて料亭が人気のよう。また、コース料理なら取り分ける手間がなく、時間をかけてゆっくりと味わうことができます。円卓を囲むことで会話が弾みやすいホテルの中華料理店もおすすめです。

周囲を気にせず会話を楽しむという意味でも、個室のあるお店を選ぶとよいでしょう。できれば事前に下見がてら、二人で食事に訪れておくと安心です。もちろん会場は、新郎新婦いずれかの自宅というのも一つです。

婚約記念品の交換について
婚約記念品を交換する場合は、乾杯の後で両家の紹介を行い、料理が出てくるまでの間に行うとスムーズです。すでに婚約指輪を贈った後でも、改めてお披露目すると両親など参加者に喜んでもらえます。
費用はだれが負担する?
顔合わせ食事会は、新郎新婦が両家を招待し、食事代を支払うというケースが増えています。もしくは、両家で折半するのが一般的です。

いずれにせよ、事前に両親ともよく話し合い、どうするか決めましょう。どちらかの家族が遠方から来る場合は、交通費や宿泊費についても決める必要があります。

結納と食事会、両方行う場合も

結納が終わった後に食事会を催すなど、両方行う場合も増えています。最近では、ホテルや結婚式場などで、結納の準備から食事会までお任せできる「結納プラン」もあり、人気です。

二人の夫婦としてのはじまりに、そして家族同士の新しい繋がりに、大切な節目となる「結納」や「顔合わせ食事会」。どうぞ参加する皆さんにとってよい時間となるよう、それぞれの意見や好みなどを聞き、納得のいく形で催してくださいね。

続きを読む

記事をシェアする

婚約指輪の新しい形
「ダイヤモンドでプロポーズ」

彼女のリングサイズやデザインの好みが分からなくても大丈夫。プロポーズでダイヤモンドを贈り、デザインは後から二人で選ぶ。新しい婚約指輪の形です。

記事ランキング

おすすめ記事

カテゴリー