カートを見る

【プロポーズリング】指輪のサイズがわからなくてもプロポーズできる!

婚約指輪

  • 更新日:2021.09.23
  • 963

サプライズプロポーズを計画している時、お相手に内緒でリングサイズを知るのはなかなか難しいものです。
ブリリアンスプラスでも、プロポーズ前のお客様から、お相手のリングサイズについてのご相談を数多くいただきます。
平均的なサイズを参考にするという方法もありますが、指の節の高さ・むくみやすさなどの条件などによってジャストサイズはかなり幅があるため、あまりおすすめできません。
また、お相手が寝ている間に密かに糸などで測るという方もいらっしゃいますが、この方法ではほとんどの場合正確に測ることはできません。
そんなお悩みを持つ方々の間で、近年「プロポーズリング」が広まりつつあるようです。今回は「プロポーズリング」がどんなものなのか、また婚約指輪とどう違うのかについてお話いたします。

この記事の概要は…

  • プロポーズリングと婚約指輪は意味合いや相場などが全く異なる指輪
  • 多様なサービス内容でプロポーズリングが展開されている
  • プロポーズリングに対する女性の意見は個人差が大きい
  • より特別感を演出できるダイヤモンドでのプロポーズもおすすめ


プロポーズリングと婚約指輪の違い

意味合いが違う

まず婚約指輪は、一般的に男性から女性へ、永遠の愛を誓った証として贈られる指輪。プロポーズの言葉と共に渡す、というイメージが強い方も多いかと思います。
結婚するまでは婚約者がいることの証となり、また結婚後は特別な指輪としてさまざまなシーンで永く活躍します。

一方プロポーズリングとは、婚約指輪に先がけて用意するプロポーズ専用の指輪のこと。
まずは仮の指輪でサプライズプロポーズをして、プロポーズ成功後にお二人で改めて婚約指輪を選べるという、サプライズのリスクを最小限にするために生まれた指輪です。

相場が違う

プロポーズリングは、ブランドによっても異なりますが、相場は1〜3万円ほど。
プロポーズの瞬間に目的が集約された指輪で、手頃に購入したいというニーズが強い商品でもあるため、価格は抑えられています。
一方、婚約指輪の平均的な購入価格は36.8万円(*)、ブリリアンスプラスでは26.9万円となっています。
かつては「給料3ヶ月分」などとも言われましたが、現代では幅広い年代の方々が、それぞれのニーズに合った婚約指輪を選ばれています。

※ データ出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2019「首都圏版」 (全国推計値)

素材が違う

プロポーズリングの素材は、地金部分にはシルバーを使い、宝石として人工ダイヤモンドであるキュービックジルコニアなどを使用しているものが多いようです。
婚約指輪は永く使うことが前提のため、美しさと耐久性を考慮して素材が選ばれます。地金にはゴールドやプラチナを使い、ダイヤモンドを代表とする天然石を使用しているものがほとんどです。

納期が違う

プロポーズリングは複雑な加工やサイズ調整の必要がないため、納期は短めのものが多くなっています。
婚約指輪では1ヶ月ほどの納期のブランドでもプロポーズリングは数日で仕上げてくれたり、中には当日持ち帰れるものも。
婚約指輪の納期は1ヶ月程度が多く、海外から取り寄せるブランドでは3ヶ月ほどかかる場合もあります。
デザインや素材、使用するダイヤモンド、さらにはオプションなど選択肢が多岐に渡り、加工や製作工程が多いため長めの納期となっています。

このようにさまざまな点から見ても、プロポーズリングと婚約指輪は、全く異なる指輪であることがわかりますね。

プロポーズリングの種類

近年、多くのブランドから多様なプロポーズリングが展開されています。どのような種類があるのか、代表的な例を見てみましょう。

  • 本物のダイヤモンド+シルバー製の枠
  • 標準的なサイズのリング枠に、本物のダイヤモンドを留めるタイプのプロポーズリング。
    プロポーズ成功後、購入したお店でダイヤモンドを取り外し、婚約指輪を仕立てます。使用後のプロポーズリングの枠を買い取ってくれるサービスがある場合も。

  • 本物のダイヤモンド+サイズ調整可能な枠
  • サイズ調整が可能なリング枠に、本物のダイヤモンドを留めるタイプのプロポーズリング。プロポーズ成功後に、購入したお店でダイヤモンドを取り外し、婚約指輪に仕立てます。プロポーズリングの枠にはダイヤモンドの代わりにカラーストーンを留め、ファッションジュエリーとして結婚後も使うことができます。

  • キュービックジルコニアとシルバーの枠
  • キュービックジルコニアをシルバー製の枠に留めるタイプのプロポーズリング。
    キュービックジルコニアの価格は本物のダイヤモンドの25%ほどと安価で、シルバーもプラチナよりかなり価格が抑えられるため、手頃なお値段でプロポーズリングを用意したい方に人気です。
    ただ、シルバーはプラチナに比べ経年劣化しやすく、またサイズ直しが難しいこともあり、結婚後は記念のオブジェとして置いたり、チェーンに通してネックレスとして使われる方も多いようです。

  • 本物のダイヤモンド+プラチナの枠
  • 本物のダイヤモンドをプラチナのリング枠に留めるタイプのプロポーズリング。
    男性が選んだダイヤモンドを使って仕立てたベーシックな指輪でプロポーズをし、後日お二人で改めてリングサイズやデザインを決めるという流れです。
    ダイヤモンドとプラチナを使っているため、もしお相手がデザインを気に入ったらそのまま婚約指輪として使うことができます。
    またデザインを変更した場合は、プロポーズリングとの差額を支払います。結果的に、婚約指輪分の価格だけでプロポーズリングが用意できるという仕組みです。
    ただ、お相手が別のブランドの婚約指輪を希望していた場合、ほとんど買い直しに近い出費になってしまう可能性もあります。

プロポーズリングに対する女性の本音は?

プロポーズリングに対して、受け取る側の女性はどのように感じているのでしょうか? 
反応を調べてみると、「女性の気持ちをよく分かっている」「画期的」という声がある反面、「チープな雰囲気が嫌だ」という意見も。
プロポーズのシチュエーションに夢や理想を持っている方も多く、プロポーズリングに対する感覚は個人差が大きいようです。
すぐに用意できるからと急いで決めずに、お相手の価値観をふまえ、ご友人の意見などもリサーチしておけたら安心です。

「ダイヤモンドでプロポーズ」という方法も

「サプライズをしたい、でもサイズやデザインが選べない」という思いに寄り添って生まれたプロポーズリング。一方で、プロポーズという特別なシーンだからこそ、より特別感のある贈りものを、と願う方がいるのも確かです。

ブリリアンスプラスには、プロポーズリングと同じく、彼女のリングサイズや好みが分からなくても贈れる“ダイヤモンドでプロポーズ”というプロポーズプランがあります。
男性が選んだダイヤモンドのルース(裸石)でプロポーズをして、後からお二人で一緒にリングのデザインを選ぶため、お相手のリングサイズや好みが分からなくてもサプライズプロポーズができます。
またダイヤモンドは専用のケース入りで高級感を損ねず、「箱をパカッと開けてプロポーズ」という憧れのシチュエーションも叶います。

プロポーズの瞬間をともにしたダイヤが、一生着けられる指輪という形になって手元に残る、という点もダイヤモンドプロポーズの魅力です。
より特別感あるサプライズプロポーズをしたい方は、“ダイヤモンドでプロポーズ”を候補に加えてみてはいかがでしょうか。

ダイヤモンドでプロポーズの詳細を見る

また、お相手の誕生日や二人の記念日など、特別な数字と同じカラット数のダイヤモンドを選ぶ“バースデーダイヤモンド”というプランもご用意しています。
例えばお相手の誕生日が4月15日であれば0.415ct、出会った日が2月8日だったら0.208ctなど。
高品質なダイヤモンドを更に自社の基準で厳選し、ダイヤモンドのクオリティに向き合ってきたブリリアンスプラスだからこそご提案できる、新しいダイヤモンドの選び方です。
二人だけの特別な数字に因んで選んだダイヤモンドは、プロポーズという特別な瞬間を更に輝かせてくれます。

誕生日や記念日にダイヤモンドを贈ってみませんか?

バースデーダイヤモンドを詳しく見る

続きを読む

記事をシェアする

婚約指輪の新しい形
「ダイヤモンドでプロポーズ」

彼女のリングサイズやデザインの好みが分からなくても大丈夫。プロポーズでダイヤモンドを贈り、デザインは後から二人で選ぶ。新しい婚約指輪の形です。

記事ランキング

おすすめ記事

カテゴリー