電話
カート

立て爪のソリティア婚約指輪

立て爪のソリティア婚約指輪PC 立て爪のソリティア婚約指輪sp 婚約指輪

立て爪のソリティア婚約指輪

「婚約指輪」と聞いて、誰もが真っ先に思い浮かべるのは、キラキラと輝く大粒のダイヤモンドが一粒シンプルな立て爪の指輪にセットされたデザインでしょう。
それが【ソリティア(ソリテール)】と呼ばれる婚約指輪です。

ソリティアリングは、シンプルゆえにダイヤモンドの美しさを最大限に引き出すことができる正統派の指輪。王道のデザインでありながら、今なお世代を問わず、根強い人気を誇ります。

ソリティアリングは、ダイヤモンドの煌めきを活かすために、小さく繊細な爪でダイヤモンドをセットして、上からの光はもちろん横からの光も取り込み、ダイヤモンドを強く美しく輝かせます。

そしてシンプルかつオーソドックスなデザインだからこそ、身につける人の手の大きさや指の長さに関わらず、ぴったりとくるデザインを選んで頂けるよう、最もバリエーションに富んでいます。
リング部分が細い・太い、細身でシャープな印象のものもあれば、丸くふっくらと柔らかな印象のものもあります。真ん中のダイヤモンドに向かってリングが細く絞られたデザインもあれば、ぐるりと一周同じ太さのデザインもあります。

さらに、リング部分の印象が異なるのはもちろん、ダイヤモンドをセットしている爪の本数にも違いがあります。6本爪でダイヤモンドを支えるデザインと、4本爪で支えるデザインがあり、爪の本数によっても印象が変わってきます。

6本爪婚約指輪PC 00003ソリティアリング正面sp ◆6本爪
ダイヤモンドの丸い形に沿って爪を配した婚約指輪の王道。柔らかくより女性的な雰囲気を引き立てます。

4本爪婚約指輪PC 00228ソリティアリング正面sp ◆4本爪
丸いダイヤモンドを4点で留めたデザイン。よりモダンでシャープに洗練された印象を醸し出します。

ソリティアリングは、正統派のデザインであるものの、しっかりとした立て爪でダイヤモンドが留められているため、身につけた際にダイヤモンドが迫り出してしまい、「普段使いにはあまり向かないのでは?」「洋服やバッグに引っかかったりしない?」「ぶつけやすいのでは?」とご相談いただくことが多いデザインでもあります。
しかしながら、そもそも婚約指輪は、左手の薬指につけますよね。聞き手が右手であれば、日常的によく使うのは右手。そのため、左手の薬指をぶつけてしまうようなシーンは少ないといえるでしょう。

また、婚約指輪を身につける時はデザインを問わず“シルクの洋服だと思って身につける”ことをオススメしています。お気に入りのシルクの洋服は、アクティブに動き回る時は着ないですよね。乱暴に脱ぎ着したり、洗濯機に投げこんだりしないで、大切に扱うことでしょう。
婚約指輪もまったく同じです。
お出かけ前は、着替えやお化粧など身支度が全て整ってから婚約指輪を身につける。そして帰宅後は着替える前にまず指輪を外して下さい。そしてジュエリークロスで軽く拭き、専用ケースに収めて保管します。このルールを押さえておけば、どんなデザインの婚約指輪でも、きれいな状態で長くご愛用いただけます。

大好きな彼からプレゼントされた婚約指輪。できることなら毎日でも身につけたい!と思うのは当然のこと。デイリーに気兼ねなく身につけたい!だけどデザインはシンプルな立て爪のソリティアリングがいい!とお考えであれば、立て爪タイプであっても、ダイヤモンドの高さが抑えられたソリティアリングもありますので、デザインを検討される際の選択肢として考慮されてはいかがでしょうか。

一番人気の立て爪ソリティアリング(00003)

00003ソリティアリングPC 00003ソリティアリング正面sp 00003ソリティアリングサイドsp

エッジの効いた細身でシャープなアームが特徴的なこのソリティアリングは中央に向かって絞られたデザインのため、ダイヤモンドをより大きく見せる効果があります。ストレートでシンプル、華奢なアームはダイヤモンドに視線を集めるよう計算された優れたデザイン。ダイヤモンドは高すぎず、使い勝手が良いのも特徴。どんなスタイルにも似合ういつまでも飽きのこない定番人気の婚約指輪です。 この立て爪ソリティアリングの詳細はこちら

気兼ねなく普段使いしやすいソリティアリング(00274)

00274ソリティアリングPC 00274ソリティアリング正面sp 00274ソリティアリングサイドsp

ほぼ均等な丸みと太さのリングは指なじみもよく、着け心地も柔らか。センターのダイヤモンドとのバランスもよい6本爪はダイヤモンドの輝きをよりいっそう引き立てます。重厚感のあるプラチナの質感が指もとを華やかに飾ります。ダイヤモンドの高さが低めにデザインされており、気兼ねなく身につけられます。最もシンプルなデザインで長く愛され続けているソリティアリングです。 この立て爪ソリティアリングの詳細はこちら

4本爪のソリティアリング(00228)

00228ソリティアリングPC 00228ソリティアリング正面sp 00228ソリティアリング正面sp

4本の爪でダイヤモンドを留めることで、あらゆる方向から光を取りこみ、ダイヤモンドは最大限の輝きを放ちます。スタンダードな立て爪の中でも特にスタイリッシュな仕上がり。6本爪よりもシャープでクールな印象のソリティアリングを気軽に身に着けられるよう、ダイヤモンドはやや控えめな高さに。いつまでも飽きのこないシンプルでモダンなソリティアリングはまさに幸せの象徴。 この立て爪ソリティアリングの詳細はこちら

最近の立て爪の婚約指輪

昔のデザインに比べると、最近の立て爪の婚約指輪はダイヤモンドの座(指輪の真ん中でダイヤモンドをセットするする部分)が低くなっています。爪の形状もがっしりと太く角が尖ったような形のものは少なく、全体的に爪が細く小さくなっていて、角も尖らず丸みをおびているため、引っかかりにくくなっています。

生涯に一度きり、そしてお二人の新たな門出の証となる婚約指輪だからこそ、ダイヤモンドにもとことんこだわって選んでみてはいかがでしょうか。そしてそのダイヤモンドの美しさを余すことなく発揮できるソリティアリングを、ぜひお近くのショールームで、お手にとってご覧ください。飽きることのないシンプルな婚約指輪は、いま似合うデザインであることはもちろん、20年先、30年先もずっと変わらず身につけられます。 他のソリティアリングを見る