カートを見る

運命の婚約指輪との出会い方

婚約指輪

  • 更新日:2021.09.26
  • 59

この記事の概要は…

  • 着ける場面をイメージしながら婚約指輪のデザインを見てみる
  • 素材や形状、重視する点などのこだわりを絞り込む
  • 実際に試着してイメージを掴むことがおすすめ

運命の婚約指輪との出会い方

喜びに満ちた婚約指輪選びですが、いざ目の前にすると「どのようなデザインの婚約指輪(エンゲージリング)を選んだらいいのだろう」と思ったり、一生懸命探すがゆえに「いろいろ見ているうちにもう、分からなくなってきちゃった…」などということも。

一口に婚約指輪といっても、たくさんの種類やデザインがあります。そこで、運命の相手と出会ったように、二人だけの“運命の”婚約指輪と出会えるポイントを4つお伝えします。

身に着ける自分をイメージしてからデザインをチェック

まずは、どのような頻度で婚約指輪を身に着けたいのか、イメージしてみましょう。
「毎日着けたい」のか「特別な日にだけ着けたい」のか。そして、その際に「結婚指輪と重ね付けしたい」のか「婚約指輪だけ身に着けたい」のか。
具体的に指輪を着けている自分をイメージすることで、デザインを選びやすくなります。

イメージがおおよそ固まったら、雑誌やWEBサイトなどで、どんなデザインがあるのか見てみましょう。
その中で、特に目が留まるデザイン、よいな! と思う指輪を画像保存したり、ブックマークしたりしてみてください。
チェックした婚約指輪は、どのようなデザインが多いでしょうか?だんだん自分の好みが見えてくると思います。

こだわりたいポイントは? どれぐらいこだわる?

目に留まった指輪のデザインには、どのような共通点がありますか? 些細なことでもかまいません。その共通点は、特にこだわりたいところなのかもしれません。

デザインだけでなく、プラチナやゴールドなど素材から選びたいと感じた方もいるかもしれませんね。長く付き合う婚約指輪ですから、質感や色、丈夫さなど、気になるところ。

また、ダイヤモンドの品質や大きさにこだわる方もいるでしょう。その場合はシンプルなデザインにして、よりダイヤモンドがひき立つ婚約指輪にするのも素敵です。

さらに「いろいろ見た結果、あれもこれも叶えたい!」という方もいるかもしれません。その場合は、セミオーダーメイドやフルオーダーメイドも検討してみてはいかがでしょう。
ただ、全てを盛り込もうとするのもご注意を。結果的に選べなくなったり、予算オーバーになってしまったりしては本末転倒です。こだわりを絞り込むことも大事なポイントです。

■セミオーダーメイド

「セミオーダーメイド」は、ダイヤモンドの品質と、リングの素材やデザインをそれぞれ選び、組み合わせます。自分の好みと予算に合わせてリングを作ることができます。製作期間は約3週間ぐらい見ましょう。

ブリリアンス・プラスのセミオーダーの婚約指輪を見る

■フルオーダーメイド

世界に一つだけの婚約指輪にしたいという希望を叶えてくれるのが「フルオーダーメイド」です。思い描くリングをデザイナーが描き起こし、専門の職人が製作。できあがるまでは、注文してから2~3カ月が目安です。

ブリリアンス・プラスのフルオーダーメイドについて詳しく見る

実際に試着してみる

「これにしよう」と目星をつけて試着したけれど、実際に着けてみると雑誌やWEBサイト、ショーケースなどで見たときとは違う印象を受けることがあります。一方で、興味がなかったけれどスタッフにおすすめされて着けたら「これがいい!」とハートを射止めるような出会いになったり。

可能であれば、購入する前に試着してみることをおすすめします。
普段使いしたい場合は、身に着けたい日に近い服装で。特別な日に着けたい場合は、なるべくフォーマルな服装や、婚約指輪に合わせたい装いで試着してみると、イメージがつきやすいでしょう。

「予算はお給料3ヵ月分」は昔の話

予算も婚約指輪探しにはとても大切です。

かつては「お給料3ヵ月分」などといわれていた婚約指輪ですが、近頃では一般的な婚約指輪の平均購入価格は35.7万円(※)なのだとか。とはいえ、これも一つの目安です。自分たちのライフスタイルに、どの程度の予算がフィットするのかを二人でよく相談しましょう。
※ データ出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2020「首都圏版」 (全国推計値)

ブリリアンス・プラスで婚約指輪を探す

続きを読む

記事をシェアする

婚約指輪の新しい形
「ダイヤモンドでプロポーズ」

彼女のリングサイズやデザインの好みが分からなくても大丈夫。プロポーズでダイヤモンドを贈り、デザインは後から二人で選ぶ。新しい婚約指輪の形です。

記事ランキング

おすすめ記事

カテゴリー