ハレの日とケの日の
ジュエリーマナー
-ケの日(ビジネスシーン)編-

結婚をはじめ、大切な人への贈り物や自分へのご褒美、仕事やパーティーなどオフィシャルなシーンでのアイテムとして。ジュエリーは、人生の様々なシーンを華やかに彩り、装いに品格を与えてくれます。
しかし、ジュエリーは普段の自分をワンランク上に見せてくれる効果がある一方で、シーンによっては押さえておかなければならないマナーもあるアイテム。

そこで、今回はビジネスシーン「ケの日」から冠婚葬祭「ハレの日」まで、シーンによって使い分けるジュエリーマナーを全2回にわたってご紹介します。

第1回目は「ケの日」のマナー。
教えてくれたのはブリリアンスプラスの執行役員でもあり、年間約2500人のマナーやコミュニケーション、キャリアのセミナーを行う北條久美子。

着飾るだけでなく、好印象を与えるジュエリーの着けこなしをお伝えしていきます。

この記事の概要は…

  • ビジネスシーンのジュエリー選びは「音がしない」「揺れない」がポイント
  • ネックレスは0.3ct程度の一粒ダイヤモンドのネックレスやハートシェイプのネックレスなど
  • ピアスやイヤリングは、フープタイプやパールの一粒デザインなど
  • 婚約指輪はデザインによっては、身に着けない方がよい場合も

押さえておきたい2つのポイント

ネックレスやリング、ピアス(イヤリング)など、ジュエリーには様々種類がありますが、ビジネスシーンにおけるジュエリーマナーに共通して言えるポイントは2つあります。
こちらをまず押さえておきましょう。

POINT1.音がしないこと

例えば、ブレスレットであれば、音がしやすいものをつけてしまうとパソコンをタイピングした際に音が鳴って周りの人の気を散らせてしまったり、あまりいい気持を与えません。

POINT2.揺れ過ぎないこと

人間は動くものに意識が向きやすい生き物です。 大切な打ち合わせの場で揺れやすいイヤリングやピアスなどをしていると、そこにばかり目が行ってしまい、相手の集中をそいでしまいます。

ビジネスシーンに適したネックレスとは

大ぶりすぎず、過度に揺れない体のラインに沿って身に着けられるものがベスト。
0.3ct程度の一粒ダイヤのネックレスや、アクセントが欲しければハートシェイプの小ぶりのネックレスイニシャルネックレスであれば、遊び心も残しつつ上品な印象を与えられます。

ビジネスシーンに適したネックレスを持つ手

顔の印象を左右するピアス・イヤリング

オフィスでお仕事をする際はほとんどの場合電話での対応が発生します。そのため、電話に出る際音が出てしまうような大ぶりのものはお勧めしません。

また、左右非対称のものもビジネスシーンでは避けていただくのがベスト。おしゃれではあるのですが、人間は左右非対称なものを見ているとバランスを失いがちになり、集中を欠いてしまうことも。
作業に対しても、心理的な部分でも「邪魔にならない」ことを念頭にお選びいただくことがポイントです。

BRILLIANCE+スタッフ

例えば、フープピアスは、おしゃれ感を出しつつも、身に着けていても揺れが少なく、音が出てしまうようなサイズでもないため、ビジネスシーンに非常に適したピアスといえます。

また、小さい粒であればパールの一粒ピアス(イヤリング)もおすすめです。
素材はプラチナでもゴールドでも、その日の服装に合ったものを選んでいただければ問題ありません。

結婚指輪はOK。婚約指輪は?ビジネスシーンでのリングのマナー

リングというと殆どの方が想像するのは、婚約指輪や結婚指輪かと思いますが、結婚指輪はオフィスでも問題なく身に着けていただけます。

しかし、婚約指輪は仕事内容、職場環境によってはあまりおすすめしません。
多くの婚約指輪はダイヤモンドが真ん中に留められており、それが荷物を運ぶ際や、ものを掴む際に邪魔になってしまったり、何かを傷つけてしまう原因にもなってしまう恐れがあるためです。
ただ、最近ではエタニティリングを婚約指輪や結婚指輪としている方も増えており、その場合は問題ございません。

エタニティリングをつけている手元

あまりリング幅が大きいものや過度な装飾が施されているものについては前述の通り邪魔になってしまう可能性が高いためおすすめしませんが、細身のシンプルなエタニティリングであればブライダルジュエリーとしてだけでなくビジネスシーンでのおしゃれとしても問題なく身に着けていただけます。

教えてくれた人

BRILLIANCE+スタッフの北條久美子
北條 久美子
東京外国語大学を卒業し、ウェディング司会・研修講師を経て、2007年 エイベックスグループホールディングス株式会社人事部にて教育担当に。2010年にキャリアカウンセラー・研修講師として独立。と同時にダイヤモンドジュエリーを販売するブリリアンスプラスを運営する株式会社キューの顧問に就任。
「愛される社会人になる」「その人にとってベストな方法でキャリアを積む」ためのわかりやすいレクチャーが人気を博し、『ビジネスマナーの解剖図鑑』『仕事が楽しくなる 働き方のセブンマナー』などビジネスマナーに関する書籍を多数出版。多方面で活躍中。
続きを読む
暮らしになじむブライダルジュエリーを届ける『BRILLIANCE+』

暮らしになじむブライダルジュエリーを届ける『BRILLIANCE+』

婚約指輪は700万通り、結婚指輪は3,000種類以上からセミオーダー。他の誰でもない、あなたらしさの詰まった、暮らしになじむジュエリーをお届けします。

詳しくはこちら

RECOMMEND

  1. 暮らし2019.02.27

    花のあるふたりの暮らし

    この記事の概要は… 初心者向けの簡単なハーバリウムの作り方二人で楽しくイメージを…

  2. 私たちの想い2020.08.06

    [NICO STOP×BRILLIANCE+]写真とブライダルジュエリーが気づかせてくれる。普段見過ごしている“大切なもの”

    今まで当たり前だと思っていたことが、実はとても大きな幸せだったのかもしれない。こ…

  3. 私たちの想い2019.07.24

    新しい時代を一緒に:REIWAダイヤモンドが生んだプロポーズストーリー

    今年2019年の5月1日は、ご存知の通り元号が変わる大きな節目の時でした。 そん…

RANKING

  1. 暮らし2020.02.01

    バレンタインデーの意味や由来は?チョコレートを渡すのは日本だけ

    2月14日のバレンタインデーは、恋人や好きな人、さらには友達や同僚など、大切な人…

  2. 暮らし2019.06.06

    夫婦で淹れるスペシャルティコーヒー

    夫婦で淹れるスペシャルティコーヒー おいしい豆の選び方はわかってもその豆を生かし…

  3. 暮らし2019.02.02

    夫婦でつくる恵方巻き

    この記事の概要は… 夫婦で作るレシピサイト「ふたりごはん」運営の榎本美沙さん監修…

  1. 想いを込めるバレンタインデー

  2. TOPへ戻る