花のあるふたりの暮らし

もうすぐ3月。
今頃からホワイトデーのプレゼントを悩まれている方も多いのではないでしょうか?

BRILLIANCE+では、ホワイトデーを「今までとこれからをつなぐ日」と位置づけ、「普段の感謝」や「これからもよろしく」という気持ちを『固い絆を結ぶ』ことを意味するダイヤモンドジュエリーを通して伝えてほしいという想いを込めて、2/7(木)からホワイトデーフェアを開催しています。

こちらのフェアでは、BRILLIANCE+からも「感謝の気持ち」を込めて、対象商品をご購入のお客様に抽選で「二人で作るハーバリウムキット」をプレゼント。
ハーバリウム?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが「今までとこれからをつなぐ」というテーマに合わせて、一瞬の輝きを長い時間にわたって閉じ込められるものを選びました。
BRILLIANCE+の婚約指輪や結婚指輪と同様、こちらのハーバリウムもお二人の好きな形にデザインしていただけますが、婚約指輪や結婚指輪とは違い、実際に二人で手を動かし作っていただくものです。
完成したら写真を撮ったり、お部屋に飾ったり、お互いにプレゼントし合うなど…楽しみ方は様々。

今年は二人で何かを作るという体験を通して、お互いの意外な一面を垣間見る、そんな形にも想い出にも残るホワイトデーにしてみませんか?

二人で作る ハーバリウムのレシピ

フラワーアレンジメントよりも手軽で、暮らしに彩りを添えてくれるということで、最近人気を集めているハーバリウム。
今回はInstagramやminneで人気のフラワーコーディネーターの上野さんに、初心者でも簡単に作れるハーバリウムキットをBRILLIANCE+のホワイトデーフェア用に作成していただきました。
ここからは実際にハーバリウムキットを使ってハーバリウムの作り方を上野さんに教わっていきます。

— ハーバリウムキットの中身(用意するもの)

蓋のできるガラス瓶
……
2本
ハーバリウムオイル
……
200ml
お好きなドライフラワーや、プリザーブドフラワー
……
適量
ピンセット
……
1本

※キットがなくてもご自身で同じものをそろえていただければ作ることができます。

「今回のキットは、『二人で作る』ことを大切にしているので普通の売り物だとないようなチョイスにしています。」と上野さん。色味はホワイトデーのイメージカラーである寒色でまとまっているものの、キットを開けた時、何通りも構成が思い浮かんでワクワクしていただけるような、形にバリエーションのある花材を選んでいただきました。

— 作り方手順 —

❶ [花材を取り出す]
花びらや枝を折らないよう、丁寧に取り出します。

❷ [メインとなる花材を決める]
メインとなる花材を決め、瓶の横に並べます。瓶の中のどの位置に置きたいかイメージしましょう。

❸ [❷を中心とし、周りを飾る花材を並べる]
茎や枝が長い場合は都度ハサミでカットして完成イメージを膨らませましょう。

❹ [花材を瓶に入れる]
正面を意識しながら、ピンセットを使って花同士を交差させたりガラス瓶の壁面に突っ張らせたりして花材を瓶に入れます。そうすることでオイルを注いだ際に花材が浮きにくくなります。
浮かないように沈まないように、全体のデザインが壊れることのないように考えながら配置します。

白いアジサイやかすみ草はオイルを入れると透けて目立たなくなるので、土台として一番下に配置するとお花が安定しやすくなります。
土台に置いた花材へ茎を刺して固定するとオイルを注いだ際に花材が動きにくくなります。

オレンジなどの硬い花材はピンセットを使わずに手で入れましょう。脆いので壊れないように慎重に。

❺ [オイルを瓶へ注ぐ]
オイルが入ったパウチを開封する際は、切り口を小さくしましょう。汚れないようにペーパーなどを敷きましょう。

花材に直接オイルが当たらないよう、瓶のフチからゆっくりとオイルを注ぎます。オイルの量は瓶の肩くらいまで。

❻ [空気を抜く]
花材から空気が出てくるので、すぐに蓋をせず5分ほど置いておきましょう。
揺らさず待ちます。5分以上待っても気泡が気になる場合は、片手で瓶を持ち、優しくトントンと空気を抜きます。

❼ [蓋をして完成]
空気の粒が落ち着いたら蓋をします。ぎゅっと蓋をしましょう。

小さなきっかけだからこそ大切に

今回、ハーバリウムキットの作成にご協力いただいた上野さん。
普段はご自宅のサロンでプリザーブドフラワーやハーバリウム教室を開き、子供から大人まで幅広い年代の方にお花の魅力や創作の楽しさを伝えていらっしゃいます。

「来ていただく方に楽しんでいただきたいのはもちろんなんですが、びっくりさせたいという気持ちもあるんです」

そんな温かいホスピタリティにあふれた上野さんに、改めて「お花」についての想いを伺うと、忙しなく過ぎてしまう日々を見つめなおすヒントをもらえました。

「お花って自分の体調のバロメーターにもなるんですよね。花以外でも『生き物』が生き生きしているところって、心なしかそこにかかわる人間も生き生きしていると思うんです。」

とはいえ、日々忙しくしていると、小さな悩みや疑問を抱えたままなんとなく過ごしてしまいがち。
でも、お花にはそんな日々に小さいながらも「嬉しいきっかけ」を与えてくれる存在だと上野さんは続けます。

「ハーバリウム作りを教えていると、生徒さんから、これを飾るために部屋をきれいにしよう!とか、お部屋のレイアウトを変えてみよう!など、おっしゃっていただくことが多いんです。フラワーアレンジメントだと気が引けてしまう方も多いのですが、最近はハーバリウムなら作ってみたいとお教室に来てくださる方も多く、小さいことですけど、皆さんの前向きなきっかけ作りができていると思うとこちらとしても嬉しく思います。」

インテリアに溶けこんで、日々の暮らしに癒しや潤いを与えてくれるハーバリウムは、二人でハンドメイドすればより一層「嬉しいきっかけ」を与えてくれるはず。
実際、上野さんのお教室ではハーバリウムを作られる生徒さん同士仲良くなることも多く、「夫婦で作ればより仲が深まると思います」とのこと。

用意するお花や瓶の数だけ幾通りもの組み合わせがあるので、是非お二人らしい特別な組み合わせを探してみてください。

ハーバリウムキット監修

上野多恵子 / Happy Macherie
フラワーコーディネーター

幼いころからお花に興味を持ち、華道を学ぶ。
結婚後、自己流でリース制作やガーデニングなどを行っていたが、2018年自宅教室を始めるため、プリザーブドフラワー・ハーバリウムの資格を取得。
現在は自宅サロンにてハーバリウムやプリザーブドフラワーをメインとしたフラワーアレンジメントのレッスンを開講中。レッスンでは、花の魅力や創作の楽しさなどを伝えながら、訪れた方が笑顔になれる様な癒しの空間を届けている。

  1. 我が家の味を育てる。夫婦でつくる手作りお味噌

  2. 想いを込めるバレンタインデー

RECOMMEND

  1. 暮らし2019.03.08

    我が家の味を育てる。夫婦でつくる手作りお味噌

    前回、「夫婦で作る恵方巻レシピ」でお世話になった料理家の榎本美沙さんが主催するお…

  2. 私たちの想い2018.12.10

    いい夫婦の日フェア2018に込めた想い

    11月22日。 この日を「いい夫婦の日」だと認識しはじめたのは、2000年以降と…

  3. 暮らし2019.02.02

    夫婦でつくる恵方巻き

    明日は平成最後の節分。 最近では恵方巻きを食べる文化が主流になりつつあります。 …