ホーム鑑定書付きダイヤモンドが安心してお買い上げいただける理由 > 鑑定書:ダイヤモンドグレーディングレポートについて 中央宝石研究所


鑑定書:ダイヤモンドグレーディングレポートについて

ダイヤモンドを購入する際、それが本物なのか、品質と価格は適正であるかを判断する事が大切です。ブリリアンス+のダイヤモンドルース(裸石)には、品質を表す“4C”が記載された鑑定書が付属し、ダイヤモンドの品質を保証しています。
お客様が安心を得る方法としてダイヤモンド鑑定書がもっとも有効かつ重要になります。

鑑定書とは

ダイヤモンドの鑑定書とは、正式名称をダイヤモンドグレーディングレポートと言い、GIA(米国宝石学会)が定めた品質評価国際基準である”4C”を基準として各鑑定機関によって独自の書式で発行されます。 鑑定書は、ダイヤモンドの重量と品質のグレードを根拠となる測定・検査結果とともに示したもので、4Cの明記とともにダイヤモンドの写真や各部のサイズ(直径の最大と最小値、テーブル〜キューレットの深さ)、プロポーション(テーブル面の割合、クラウン角度、パビリオン角度、ガードルの厚さ等)、紫外線を照射したときの蛍光性の強さ、クラリティ特徴の記号による図示などの測定・検査結果が記載されます。
一部の合成石・処理石、ダイヤモンド以外の宝石には鑑定書は発行されません。
※鑑定書には価格は表記されません。

鑑定書に書かれた、記号や文字が何を意味し、何を表すのか読み取ることができれば、誰でもダイヤモンドの品質の良し悪し、価格の適正さが分かります。

鑑定書と鑑別書の違い

鑑定書:ダイヤモンドグレーディングレポート
= ダイヤモンドの品質を証明するもの

宝石鑑別書
= 宝石の種類や起源を見分けるもので品質評価は行いません。

宝石の鑑別は、全ての宝石が対象となります。石の寸法や重量の測定、検査で得た科学的データをもとに、天然、合成、模造といった石の起源や、カット・研磨以外の人的手段が施されているかなどを証明しますが、品質評価は行いません。

ダイヤモンドには国際的に認められている体系的な評価方法と基準が存在しますが、その他の宝石にはダイヤモンドのような国際的に認知されている評価方法や基準は存在しません。そのため日本においては、グレーディングは天然ダイヤモンドだけを対象としており、グレーディングレポートがあること自体が天然ダイヤモンドの証となります。

ダイヤモンドの4C=4つのグレード評価

ラウンドブリリアントカットが施されたダイヤモンドは4Cという4つの要素のコンビネーションで評価されます。 4Cの"C"とは、Carat(カラット重量)、Cut(カット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)の各頭文字を指しています。

  • ラウンドブリリアントカットとは、最もスタンダードなダイヤモンドのカット(削り出し、研磨)手法です。ダイヤモンドといえばほとんどの方がイメージされるのがこのカット形状のものでしょう。
    58のカット面で構成され、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すカットとされています。

3EX(トリプルエクセレント)とH&Cについて

カットグレードとポリッシュ、シンメトリーの全てがExcellent(エクセレント)評価のものを3Excellent : トリプルエクセレント(3EX)と評しますが、鑑定書にはどこにも3Excellentや3EXなどの表記はありません。3つに全てにExcellentと記載があるものを”トリプルエクセレント”と評します。

特殊な観察装置を用いてラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを観察した時に、クラウン側に8つの「矢形」とパビリオン側に8つの「ハート形」の光学的現象パターンを表すダイヤモンドは「ハート&アロー*」あるいは「ハート&キューピッド*」と呼ばれています。一般的にこのようなパターンを示すダイヤモンドカットは、そのプロポーション以外にも「光学的対称性」が非常に優れており、GIAカットグレードでもベリーグッド以上に属します。

鑑定書サンプル


中央宝石研究所(CGL)について

プロポーションレポート


※ハート&キューピッド トリプルエクセレントのダイヤモンド鑑定書に付属します。

よろしければご感想をお聞かせください。

このページのTOPへ