エタニティリング

メレダイヤモンドが贅沢に連なったデザインのエタニティリング。
指に沿ってずらりと並ぶダイヤモンドが相互に煌めき合い、身に着けるたびにその華やかさに魅了されます。「エタニティ」という名前は【永遠の愛】を意味しており、正に婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)などのブライダルリングに相応しいリングと言えます。

また、リングの中央に大粒のダイヤモンドを据え、リングのサイド部分にメレダイヤモンドが埋め施したエタニティタイプの婚約指輪(エンゲージリング)は、婚約指輪(エンゲージリング)の華やかさが引き立ち活躍の場を選びません。

エタニティリング

結婚指輪(マリッジリング)との重ねづけ

エタニティタイプの婚約指輪(エンゲージリング)は、様々なデザインの結婚指輪(マリッジリング)との重ねづけで指元の印象も大きく変わります。地金のプレーンなタイプの結婚指輪(マリッジリング)と重ねてつけると、シンプルな印象がパッと華やかになります。ダイヤモンドが並んだエタニティリングと重ねてつければ、より煌びやかで贅沢なダイヤモンドの輝きを楽しんでいただけます。

重ねづけ画像

エタニティリングの種類

エタニティタイプの婚約指輪(エンゲージリング)は、リング全体のボリューム感やフレームの有無、メレダイヤモンドの大きさなどデザインタイプも豊富で着けたときの雰囲気も異なります。
ベーシックに同サイズのメレダイヤモンドが一列に並んだもの、リングのフォルムに併せてメレダイヤモンドがグラデーションになって配置してあるもの、リングの淵の部分にミルグレインを施したリングはどこかアンティークな雰囲気を醸し出します。リングのフォルムに流れるような曲線のデザインにメレダイヤモンドがセッティングされたものは女性的で柔らかく優しい印象となります。

4本爪

手の大きい方や、指の節が太い方には、手を小さく見せたいという思いから華奢なデザインをお選びがちですが、それでは逆効果です。全体的に存在感とボリューム感のあるデザインがお似合いです。一方、手が小さい方や指が細い方には、ボリュームがアンバランスにならないよう華奢なデザインが似合います。指を長く見せたい方はVラインやSラインのデザインをお選びいただくと、手元に動きがでて指がすっきりと見えます。
ただし、ウェーブラインは重ねづけのときはあわせるデザインは絞られてしまいます。結婚指輪(マリッジリング)との重ねづけをイメージしながら、素敵な婚約指輪(エンゲージリング)をお選びください。

装着画像

ブリリアンス+のエタニティリングに使用されているメレダイヤモンドは最高クラスのダイヤモンドだから、最高級の輝き。カラー:D〜F、クラリティ:VSクラス以上、カット:Excellent相当のダイヤモンドを厳選しております。

    ダイヤモンドのクオリティ
  • 無色透明とされる最高グレードDカラーから、熟練の鑑定士が極々わずかな色を認められるだけのFカラーまでの品質で、ひとそろいご用意いたします。通常、一般的には肉眼での色を認識できないため、ピュアなダイヤモンド本来の色彩をお楽しみいただけます。
  • ごく僅かな内包物と評価される品質で、熟練の鑑定士が10倍に拡大して内包物などの確認が困難なグレードです。一般の方が10倍に拡大しても内包物を確認する事はもちろん、肉眼で確認することもできません。一般的に流通している品質としては非常に優れた最高に近いクラリティグレードです。
  • 理想的な形『プロポーション』と最良の仕上げ『フィニッシュ(研磨:ポリッシュ)と対称性:シンメトリーの2つの要素』の総合的なバランスで評価されます。エクセレントとは、カット総合評価が非常に優れたダイヤモンドに与えられる格付。ダイヤモンドを美しく輝かせる、光学的に優れた理想的なカットとされる評価です。
エタニティリング おすすめ商品紹介

よろしければご感想をお聞かせください。

このページのTOPへ