電話
カート

マリッジリングのお手入れ

ブライダルノート

結婚指輪のメンテナンス方法

結婚指輪

永遠の愛を誓い合ったお二人の手元で輝き続ける結婚指輪。毎日身につけて過ごし、メンテナンスなんかしなくてもよいのではないかと思われがちな結婚指輪ですが、よりきれいな状態で長くご愛用頂くためのメンテナンスのポイントをいくつかご紹介します。

結婚指輪のメンテナンスについて

指輪のお手入れ

プラチナ、ゴールドともに結婚指輪は、ご自宅で簡単にメンテナンスしていただけます。ジュエリークロス(眼鏡拭きのようにきめの細かな布)で軽く指輪を拭いていただくだけで、ある程度の汚れはきれいに取れます。
頑固な汚れが気になる場合や、ダイヤモンドが留まっているデザインの場合は、中性洗剤を使ってクリーニングします。ボウルなどに水かぬるま湯を張り、数滴の中性洗剤を加えてよく溶かし、そのなかに結婚指輪を浸します。

ダイヤモンドが留まっているデザインならば、柔らかいブラシでダイヤモンドとダイヤモンドの間をやさしくこすり洗いします。その後、きれいな水かぬるま湯を再度張り、洗剤を落とすようにやさしくすすぎます。仕上げはきめの細かい布で抑えるようにポンポンと拭きます。
ダイヤモンドは親油性があり、ハンドクリームや化粧品、ヘアワックスなどが表面につくと油膜がダイヤモンドを覆ってしまいます。ジュエリークロスや中性洗剤でこまめなメンテナンスを心がけ、より長く美しい状態で結婚指輪をご愛用ください。

ダイヤモンドリングの
お手入れ方法について

結婚指輪の傷、変色、変形を防ぐために

結婚指輪をつける女性

結婚指輪は日常的に身につけることが前提で、シンプルなデザインかつデイリーに身につけてもすぐに変形やゆがみが起こらないようある程度のボリューム感があります。ダイヤモンドが留まっているデザインの場合も、結婚指輪を彫りその溝に小さな穴をあけて、そこへダイヤモンドを埋めこむようにセットするため、指当たりもなめらかでダイヤモンドが外れにくくなっています。
しかし、結婚指輪を大切に着けて頂いても、日常、手にかかる様々な負荷から、小傷がついたり、変色したり、また、ご自身の指の形に沿って徐々に変形していきます。指も真円ではないため、多少の変形が起こってもそのまま身につけていただけますが、傷や変形などを避けるためには以下の点にご注意下さい。

  • 家事をするときは結婚指輪を外す

    指と指の間や、爪の周りなどは皮脂や汚れがたまりやすい場所です。そのため結婚指輪のデザインに関わらず、衛生面から料理など家事をする際は結婚指輪を外していただくことをお勧めしています。ボウルや土鍋、炊飯器の釜などを洗う際も、結婚指輪がぶつかるとキズがついてしまう原因となります。

  • 掃除をするときは指輪を外すかゴム手袋を

    ゴールドの結婚指輪は、化学薬品を触れる際に注意が必要です。金そのものは変質しませんが、18Kなどの素材の場合、金の強度を保つために加えられた金属(割金)が強酸性や強アルカリ性の薬品に触れることで変色してしまうことがあるためです。漂白剤やカラーリング剤など、匂いの強い薬品を触る際は結婚指輪を外していただくか、ゴム手袋をつけるなどして結婚指輪に直接薬品が触れることがないようお気をつけください。

  • アクティブに動く際は指輪を身につけない

    元気に体を動かす、手に負荷がかかる作業をする、そんな日は結婚指輪を身につけずにお出かけください。バッティングセンターでストレス発散、トレーニングジムでダンベルを持ち上げる、引っ越しで重たい荷物を持つなど、手に力が入るシーンで結婚指輪をつけたままだと、変形やゆがみが起こりやすくなります。

指輪に刻まれる小傷は二人の道のり

手を取り合う男女

よく「プラチナって硬い金属ですよね?」「キズはつかないですよね?」という質問をいただきます。プラチナ、ゴールド共にしなやかで展延性に富んだ金属のため、小さな爪でダイヤモンドをセッティングしたり、繊細な形を表現したりするのに適した金属で、古くからジュエリーに多く用いられていますが、その反面、小傷がつきやすいという特徴もあります。
プラチナ、ゴールド共に強度を保つために純金、純プラチナではなく他の金属(割金)を加えていますが、基本的に結婚指輪はデリケートなものであるということをお忘れなく。吊革につかまったり、カトラリーを持ったり、食器を洗ったり、と日常生活の何気ない仕草でも、少しずつ結婚指輪は徐々に小傷がついてきます。
ですが、結婚指輪に小傷がつくことで、独特の風合いが生まれます。お二人が結婚指輪の交換をしたその日から歩まれた道のりが徐々に小傷となって結婚指輪に刻まれるのです。

新品のキラキラとした結婚指輪も素敵ですが、小傷が徐々に刻まれた結婚指輪は唯一無二、お二人だけの風合いとなり、ますます愛着がわいてきます。
マットな風合いのヘアーライン仕上げをお選びいただくのも良いですし、艶々としたミラー仕上げをお選びいただき、身につけることで風合いがだんだん変わっていく様子を楽しんでいただくのもおすすめです。

結婚指輪を探す
ブライダルノートTOPへ