カート

マリッジリングを女性だけ購入

ブライダルノート

結婚指輪、女性だけ購入するのは変?

image

夫婦でお揃いを買うことが一般的な結婚指輪ですが、なかには女性だけが購入するという場合もあるようです。稀なケースですので、互いの家族や親族、友人におかしいと思われないか、気になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな方のために、女性だけが結婚指輪を購入したというカップルの声を集めてみました。

妻だけが結婚指輪を買うのはどんな場合?

あえて“女性だけ”結婚指輪を購入するカップルには、どんな理由があるのでしょうか。インターネット上のさまざまなケースを調べてみると、大きくは夫が「金属アレルギー」、「職業柄つけることができない」といった、つけたくてもつけられないというケースと、夫が「アクセサリーをつけない派」「指輪の必要性を感じていない」など男性側の意思として指輪をつけたくないというケースがありました。また、経済的な理由から結婚指輪を買う資金がなく、仕方なく女性だけ買ったという方も。その他には事実婚など結婚形態がやや特殊である場合もあるようです。

女性だけ買うのは非常識?結婚式の指輪交換は?

女性だけが結婚指輪を買うのが非常識かというと、そんなことはありません。今の時代、指輪を買わない人も、結婚式をしない人もいます。たとえ少数派であっても、夫婦で納得して決めたのであれば問題ないでしょう。また、男性は結婚指輪を持っていてもつけない人も多いですから、あえて家族や友人に言わなければ、女性だけが結婚指輪をつけていても特におかしいとは思われないです。結婚指輪を購入する際も、「妻の分だけ買います」とは言いづらいかもしれませんが、店員はさまざまなお客様と接し、多様なケースを経験していますから、心配はご無用。希望をしっかり伝えて、納得できる指輪を選んでくださいね。
また「女性の分だけ結婚指輪を買う」という選択をしたものの結婚式では指輪交換はしたい、という方もいます。その場合、男性の分の指輪をレンタルすることもできますし、新郎から新婦へのみ結婚指輪をつけてあげるというセレモニーの仕方も。いろいろと工夫をすることで、来賓の方々に違和感を感じさせることなく式を進行できますから、悩んでいる方はウェディング・プランナーの方に相談してみてはいかがでしょうか。

妻だけ購入する場合のメリットも

image

一般的ではない「女性だけの結婚指輪」ですが、実はメリットもあります。それは女性の好みでデザインを選べること。男女ペアでつけようと思うと、男性のスタイルも考慮してユニセックスなものやシンプルなものになることが多いですが、女性だけ購入するなら、思いっきり自分の趣味で好きな結婚指輪を買うことができるのです!また、経済的な理由から妻の分だけしか買わないというパターンでなければ、2人分の指輪代を1つの指輪に使える場合も。ハイクオリティかつ好きなデザインの結婚指輪が買えるのなら、“女性だけ”も悪くないかもしれませんね。 結婚指輪としてエタニティリングを選ぶ

「女性だけ購入」以外の選択肢

なんらかの理由で男性側の指輪を買うことができない。そんなカップルでも「女性だけ結婚指輪を購入する」以外の選択肢を選ぶ人もいます。例えば、結婚指輪というかたちにとらわれず、時計や財布などをペアで買うカップルも。また、無理に結婚式までに買わず、10年後にお金を貯めて買おうという約束をしたという人も。10年コツコツ貯金して買った指輪なら嬉しさもひとしお。2人の絆をいっそう強めてくれそうです。

ブライダルノートTOPへ