カート

結婚指輪はいつから、どのタイミングから身につけるもの?

ブライダルノート

結婚指輪はいつから、どのタイミングから身につけるもの?

image

結婚指輪を購入した後、いつから身につけるものなのでしょうか。購入した日?それとも入籍日から?はたまた結婚式が終わってから?結論からいくと、結婚指輪を身につける時期に決まりはなく、カップルによってさまざまです。
しかし、人によっては入籍と式の順番が前後したり、あいだに時間差があることもあり、そんな場合はいつからつけたら良いのかと迷う方もいるのではないでしょうか。また、いつでもよいとはいえ、せっかくなら意味を持ったタイミングでつけはじめたいですよね。
そこで「いつから結婚指輪を身につけるか」というテーマで、いろいろなケースを調べてみました。

挙式をして、指輪交換をした時から

マイナビウェディングの調べによると、「挙式の日までは結婚指輪を身につけたくない」というカップルが約7割と過半数を超えています。やっぱり指輪交換で初めて相手につけてもらう方が、神聖な感じがしますし、夫婦になったという感動を感じられますよね。それに、式の前から指輪をつけはじめてしまうと、毎日つけていた指輪を式の朝に外して、指輪交換のときにつけ直すということになり、新鮮味に欠けるかもしれません。
指輪交換の瞬間を大切にしたいという人は、結婚式当日までは大切なものとして、身につけずに保管しておく方がよいでしょう。

入籍して、正式に夫婦となった日から

法的に夫婦となるのは入籍日、ということで入籍日から結婚指輪をつけはじめるカップルもいます。また、たとえば相手が海外にいて入籍の1年後に結婚式を挙げるなど、なんらかの理由で入籍から式まで日があいてしまう場合は、夫婦の絆を強めるためにも入籍と同時に指輪をつける人もいます。
ここでひとつ注意したいのは、入籍のタイミングからつけはじめると、式までに指輪に傷や汚れがついてしまうということ。毎日つけたままでいると食器を洗ったりしたときに、細かい傷などがついてしまいますし、ダイヤモンドなどの石の輝きも新品とは違ってきます。式当日に結婚指輪のアップ写真を撮ることもありますので、式より前から指輪をつけていて、細かい傷などがついてしまったという方は、結婚指輪を新品仕上げ(磨き直し)に出すのがおすすめです。
BRILLIANCE+でも3,000円で承っておりますので、ご希望される方は、前もってご連絡頂ければと思います。

BRILLIANCE+のアフターサービスについて

結婚指輪が家に届いた日から

image

なかには、入籍も式もまだだけど、結婚指輪を買った(もらった)らすぐにつけたい!というカップルも。それほど盛り上がっている2人なら、もはや止めるものはなにもありません!つけたいと思った時が「つけどき」です。

このように、いつから結婚指輪をつければいいのかは、時期に正解はありません。大事なのは2人の気持ち。そして大切なのはいつからつけはじめるかよりも、2人で同時につけはじめることではないでしょうか。
結婚指輪は結婚しているという証であり、夫婦の絆を確かめあうためのものです。その意味がもっとも感じられるタイミングはいつからなのか、ぜひパートナーと話し合ってみてくださいね。

BRILLIANCE+の結婚指輪
ブライダルノートTOPへ