カート
ブライダルノート

ハーフエタニティリングのバリエーション

ハーフエタニティリングのバリエーション

最近、婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)としてエタニティリングを選ばれている方が増えていることをご存知でしょうか。

そもそもエタニティリングとはリング全周にダイヤモンドが埋め込まれおり、途切れなく続くダイヤモンドが「永遠」を連想させることから「永遠に続く愛」という意味をもっています。

なぜ婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)としてエタニティリングが選ばれるようになったのか、最近では結婚指輪(マリッジリング)でもダイヤモンドがあしらわれているデザインがいいという声が増えているのもありますが、大きな理由として「使いやすさ」と「デザインの豊富さ」にあります。

エタニティリングと言われてパッと思い浮かぶのは「ダイヤモンドがずらっと並んだ指輪」というイメージかとおもいますが、実は様々なデザインがあり同じエタニティリングと呼ばれていても、それぞれ印象がガラリと変わります。

そこで、エタニティリングのデザインについていくつか代表的なものをご紹介していきます。

エタニティリングには大きく分けて「フルエタニティリング」と「ハーフエタニティリング」があります。

フルエタニティリングは、先に説明したようにリング全周にダイヤモンドが埋め込まれているものです。
ハーフエタニティリングは、リング半周までダイヤモンドが埋め込まれていて残り半周は地金のままになっています。

そもそも、エタニティリングと言えばフルエタニティリングのことになるのですが、リング全周にダイヤモンドが埋め込まれているので根元でリングがくるくる回ってしまっても正面の向きを気にする必要がありません。

彼とのデートや友人と会っていて最後バイバイと手を振る時も、手のひら側から見ても何気なくダイヤモンドが指元でキラキラしているのもとても素敵です。ただ、購入前に知っておいた方がいいことは、ダイヤモンドが全周にあしらわれているため、サイズ変更ができないこと。せっかくの素敵なリングのサイズが入らなくなるのは残念です。そのため購入の際はワンサイズ程大きいものを選ばれる方が多いです。

一方、ハーフエタニティリングはリング下部に地金部分があるのでサイズ変更が可能です。また、手の平側にもダイヤモンドがあるとバッグや何か物を持ったとき等の引っ掛かりや衝撃に多少気を使わなければならないですが、ハーフエタニティリングその心配が少なく、普段の生活で身に着けやすいのが嬉しいですね。ただ、指の根元で指輪が回ってしまうのは少し気になるところです。

フルエタニティとハーフエタニティの違い以外にも色々な種類やデザインのエタニティリングがあります。では、一体どのような種類があるのか、「ダイヤモンドのセッティング」と「ダイヤモンドのシェイプ」をそれぞれご紹介いたします。

ダイヤモンドのセッティング

【爪留】

爪留

地金で作られた針状の小さな爪で一つひとつのダイヤモンドを留めるセッティングです。
4つの爪でダイヤモンドを固定している「4本爪」留めと、1つの爪で隣り合うダイヤモンドを留める役割を果たしている「共有爪」留めがあります。

4本爪留はダイヤモンドを4つの爪で一つひとつをしっかりと固定しているので、リングが変形してしまった場合でもダイヤモンドが外れにくいセッティングです。
共有爪は4本爪留と比べ、爪の本数が少なくスッキリとしたデザインになっているためダイヤモンドがより際立つセッティングですが、リングが変形した場合は留まっている爪が一緒に歪みダイヤモンドの留めに緩みがでて外れてやすくなってしまいます。

そのため、ブリリアンス+では爪留のエタニティリングは全て「4本爪」留めを採用しています。また、ダイヤモンドとダイヤモンドの間に採光スリットを施すことで、「4本爪」留めでもダイヤモンドの輝きを十分に引き出すデザインになっています。

【チャネルセッティング】

  • チャネルセッティング01
  • チャネルセッティング02

リング幅の上下にあるレール状の地金でダイヤモンドをセッティングしています。

爪ではなく、レールでダイヤモンドを挟み込むように留めているのでダイヤモンドとダイヤモンドの空間の隔たりがなく、まっすぐ一本のラインのように一体感のあるヌーディなデザインです。ダイヤモンドがレールで守られているので引っ掛かりを避けたい方に選ばれるデザインでもあります。他のリングとの重ねづけもお勧めです。

ダイヤモンドのシェイプ

  • ラウンドブリリアントカット
  • プリンセスカット
  • エメラルドカット

【ラウンドブリリアントカット】

ダイヤモンドが取り込んだ光を最も効率よく反射できるよう考えだされた理想的なシェイプです。婚約指輪(エンゲージリング)に留めるダイヤモンドでもとても人気があり、一番メジャーなシェイプと言えます。

【プリンセスカット】

ブリリアントカットをディフォルメした49面体の正方形のシェイプで、こちらも繊細で力強い輝きを放ちます。チャネルセッティングとも相性がよくシャープな形が大人の気品を醸し出しています。

【エメラルドカット】

50面体のスクエアカットで落ち着いたクールな輝きを持つシェイプです。テーブル面が広いことからダイヤモンドの内部がよりクリアに見え、クラリティを惹き立てます。

3つともエタニティリングとしては人気のあるシェイプですが初めてエタニティリングを持つ方は、まずはダイヤモンドの魅力である輝きを十分に生かした王道のラウンドブリリアントカットから身に着けてみるのがお勧めです。

ブリリアンス+ではプリンセスカットやエメラルドカットのエタニティリングは通常サイトには取り扱いのないデザインとなりますが、ダイヤモンドのシェイプの変更をご希望の場合は特別ご注文としてのご用意も可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

このようにエタニティリングには色々な「セッティング」と「シェイプ」があり、おふたりのこだわりを込めることができます。
「一度しか貰わない婚約指輪だから日頃から着けたい」
「この先ずっと着けていく結婚指輪から気分が上がるものがいい」
そんな願いを叶えてくれるこだわりのエタニティリングを是非探してみてください。

ブライダルノートTOPへ