電話
カート
ブライダルノート

順序とタイミングが重要!職場への結婚報告

順序とタイミングが重要!職場への結婚報告

結婚指輪をつける意味は何でしょうか?愛し合う2人が婚姻の証として結婚指輪を身につけることは、いまや世界中で行われている習慣です。日本でもあたりまえのこととなっていますが、文化や宗教の違いを越えて定着している習慣というのはそんなにはありません。なぜ結婚指輪はこんなにも広まったのでしょうか。ここでは結婚指輪の歴史や指輪をつける意味についてご説明します。

誰から伝える?報告する順番

結婚指輪の習慣がはじまったのは9世紀ヨーロッパ。当時の教皇ニコラウス1世が約束事を誓約するしるしである鉄の輪を、結婚の誓いとして使いはじめたのが婚約結婚指輪の由来と言われています。

①直属の上司
職場での報告は上司からが鉄則。喜びのあまり友人や同僚に先に伝えてしまい、それが上司にウワサ話として知れてしまうと、メンツを潰してしまうことにもなりかねません。また上司に報告する際には、今後の働き方の希望や結婚式への招待の有無も伝えておきます。式に招待しない場合は「身内だけで行います」などの言い方をするとよいでしょう。結婚後も仕事を続ける場合は、旧姓のままにするか、新しい名字で働くかも伝えておく必要があります。新婚旅行に行く予定がある人は、時期なども相談しておきましょう。
* 派遣社員の場合
派遣で働いている場合は、職場の上司よりも派遣会社への報告を先にする必要があります。その際も今後仕事を続けるかどうかなど、しっかり希望を伝えましょう。
* 職場結婚の場合
それぞれの上司に同じタイミングで報告します。その後、2人揃ってお互いの上司に挨拶に行きましょう。
②上司の指示によっては上長への報告(上司が行なう場合もあり)
③所属するチームや課への報告
ひとりひとりに直接伝えるのか、朝礼やミーティングなどで報告するのがよいのか、はたまたメールなどで一斉に報告するか、どの方法がベストかをあらかじめ上司に相談しておけばするのが間違いないでしょうがありません。一般的には結婚式に呼ぶ人には直接伝え、それ以外はメールで報告するなどが多いようです。
④職場の同僚・友人への報告
同期や友人への報告は最後になりますが、どうしても先に伝えたい人には、上司よりも先に伝えてもかまいません。その代わり、社内で公表しないようしっかりと念を押しておきましょう。

報告するのはいつ?

結婚式に呼びたい方は結婚報告とあわせて参列してほしい旨をお知らせしておくと良いですね。そのためにも招待者のリストは早めにまとめておきたいものです。

なお、職場の同僚に限らず、学生時代からの友人などでも、突然招待状を送りつけるのは失礼に当たります。直接会えるのなら会って結婚報告をし、結婚式に招待したいと伝えてから招待状を送ります。会うのが難しい場合は、メールや電話、手紙での事前報告でも構いません。

また、招待しない方への配慮も必要です。会場の都合で大勢は呼べないなど事情を正直に話し、二次会に来てほしい旨などを伝えておけば、角が立ちません。普段連絡を取り合うことも少なく、結婚式に招待するほどでもない友人であれば、年賀状などで知らせるのがよいでしょう。

大切なのは心配り

結婚式に呼ぶ・呼ばないに関わらず、3〜4ヶ月前までには報告するのが一般的です。

その際、たとえメールであっても就業時間は外すのがベター。あくまでもプライベートな報告ですので、始業時間前や昼休み、業務終了後などの時間を選びましょう。

ブライダルノートTOPへ

よろしければブライダルノートについてご感想をお聞かせください。