カート
ブライダルノート

「いざ!プロポーズ!」と思ったものの何をどうすれば…?

「よし!一世一代のプロポーズするぞ!!」と心に決めたものの、なにせ初めてのことなので右も左もわからず「一体何をどうすればいいんだ…」と途方にくれる男性も少なくありません。 今回はプロポーズ成功に向けての準備5stepをご紹介します。

感動のプロポーズまでの5step!

step1 | プロポーズの決行日を決める
step2 | プランを立てる
step3 | 婚約指輪(エンゲージリング)やプレゼントを選ぶ
step4 | 場所を探す
step5 | プロポーズの言葉を考える
\ いざ!プロポーズ本番!!/

step1. プロポーズの決行日を決める

◆プロポーズに相応しい日は?
プロポーズのプランによっては決行日の1~3ヶ月前から準備が必要になる場合もあるので逆算して時期を決めるのも大切。 世の男性が選ぶプロポーズ決行日は大きく分けると「ふたりの記念日」もしくは「ふたりの記念日以外の日」のどちらか。 それぞれのポイントを見てみましょう。

「ふたりの記念日」
・初めて出会った日
・付き合った日
・彼女の誕生日
・自分の誕生日…etc

point!
ふたりの記念日は覚えやすいのでお勧め。記念日を覚える能力に長けている女性に比べ、男性はついつい記念日を忘れがちです。 将来、プロポーズの思い出話に花を咲かせる時も「いつだったっけ…」なんて焦る恐れもなくなります。

「記念日以外の日」
・ホワイトデー(3月14日)
・プロポーズの日(6月の第1日曜日)
・七夕(7月7日)
・海の日(7月の第3月曜日)
・いい夫婦の日(11月22日)
・クリスマスイヴ(12月24日)

point!
記念日以外の日にプロポーズする時は、忘れないように工夫が大切。覚えやすいイベントの日にしたり、語呂の良い祝日などにするのもお勧めです。 ホワイトデーは円周率の0.314…にちなんで、ふたりの愛が永遠に続くという縁起の良い日でもあります。

男性はプレゼントする時などは、何かきっかけが欲しいものです。記念日やプレゼントしたい日などがやはりポイントになります。 ポンと背中押してくれるのにそういう日が引き金になります。また、婚約指輪や結婚指輪には記念日を刻印してくれるサービスがあります。 婚約指輪を渡したあとに、刻印のエピソードを伝えるのも女性にとっては嬉しいサプライズです。

step2. プランを立てる

◆プロポーズの雰囲気や演出は?
まず、プロポーズの方法を考えましょう。プロポーズをどんな雰囲気で行なうのかはとても重要なポイントです。
・王道の立膝をつきながら婚約指輪を差し出す。
・さりげなく自然に。
・流行りのフラッシュモブ…etc 。

point!
自分のこだわりも大事ですが、彼女の好みも取り入れることはとっても重要!
ロマンチックな雰囲気を好む彼女は「ひざまずいて、バラの花束と婚約指輪(エンゲージリング)をパカッと!」という 王道のプロポーズで感激すること間違いなしです。
最近流行りのフラッシュモブは、友だちや家族の協力が必要となります。 その分、事前準備や当日の実行も難易度はグッと上がるので、綿密な計画が必要です。 また、恥ずかしがり屋や目立つことが苦手な女性はフラッシュモブを好まない場合も…。 「自分がやりたいから」ではなく「彼女が喜ぶかどうか」がプランを立てる上で最も重要であることをお忘れなく! 婚約指輪を選ぶ際も、男性の好みではなく彼女の好みを尊重することが第一です。

◆プロポーズ当日の流れは?
プロポーズの方法が決まったら当日の流れを考えましょう。 場所や時間、プレゼント(婚約指輪や花束など)の有無など、大まかなイメージを組み立てて、次のステップへ進みます。
point!
いろいろなプロポーズの方法がありますが、どんな雰囲気のプロポーズでもサプライズという演出は有効ですので、 是非取り入れてみてください。

step3. 婚約指輪(エンゲージリング)・プレゼントを選ぶ

◆プロポーズの時に婚約指輪(エンゲージリング)を贈る?贈らない?
婚約指輪(エンゲージリング)のケースをパカッとする、王道のプロポーズには婚約指輪(エンゲージリング)は不可欠です。 プロポーズの時に婚約指輪(エンゲージリング)を贈る場合は、事前に彼女の好みやサイズを把握する必要も。 ふたりのペアリングを持っている場合は、情報を入手しやすいですね。 プロポーズの後に彼女と一緒に婚約指輪(エンゲージリング)を選ぶ場合は、彼女の好みやサイズに合ったものを贈れるのがメリットです。

point!
彼女の好みもサイズも全くわからないけど、プロポーズでパカッとして彼女を喜ばせたい!という方は、ダイヤモンドのみでのプロポーズをお勧め。 ブリリアンス+ではダイヤモンドプロポーズ用のパカッと出来る専用ダイヤモンドケースもご用意しています。
ダイヤモンドでプロポーズとは? ◆婚約指輪(エンゲージリング)の準備期間は1~3ヶ月余裕を持とう!
婚約指輪(エンゲージリング)の準備は遅くとも1ヶ月前には始めましょう。 ジュエリーショップに行って、その場で購入できる婚約指輪はサイズやデザインなどがかなり限られてしまいます。 気に入る既製品のものがあっても、取り寄せもしくはサイズ直しで2~3週間。 セミオーダーのもので1~2ヶ月、フルオーダーなら2~3ヶ月かかる場合も。

※ブリリアンス+では、お急ぎのお客様向けに、婚約指輪を最短10日間で、ダイヤモンドのみ(ダイヤモンドでプロポーズ)は、 2日〜15日でお届けできる短納期商品をご用意しております。
婚約指輪の短納期配送について詳しく >

◆婚約指輪(エンゲージリング)以外のプレゼントは?
最近は「婚約指輪(エンゲージリング)はなくてもいい」という意見もあるそうですが、女性の本音は、ダイヤモンドの婚約指輪をもらって嬉しくない女性はいないはず。
お仕事の関係で「なかなか身に着ける機会なくて勿体ないから」という控えめな女性に贈るプロポーズのプレゼントとしてお勧めなのは一粒ダイヤモンドのネックレスです。 フォーマルな場から普段使いまで活躍してくれますので一本持っておくと女性はとっても重宝します。
一粒ダイヤモンドネックレスを選ぶ >

point!
メインの婚約指輪(エンゲージリング)や一粒ダイヤモンドネックレス以外にプロポーズを演出してくれて強力な助っ人にもなるプレゼントは花束! 彼女のイメージに合わせたお花を使ったブーケや、プロポーズにぴったりな花言葉のお花を贈るのはいかがでしょう。

step4. 場所を探す

◆ふたりの想い出の場所でのプロポーズ
「ふたりの記念日」に「ふたりの想い出の場所」でプロポーズ!王道のプロポーズにぴったりなシチュエーションです。 初めて出逢った場所や初デートのレストラン、初めて二人でいった旅行先やお気に入りのデートスポットなど、 ふたりのこれまでの歩みを振り返りながらプロポーズに相応しい場所を探してみてください。

◆旅先でのサプライズプロポーズ
一世一代のプロポーズだからこそ、特別な場所にこだわるのもお勧め。サンセットが美しい海辺や夜景の見えるレストランやテーマパークなど、 普段はなかなかふたりで訪れることがない特別な場所でのプロポーズは彼女の印象にいつまでも残る素敵な想い出になるはずです。

point!
「台風で飛行機が飛ばなくて旅行が中止!」「屋外なので雨が降ったらできない!」 という当日の天候に左右される場所でのプロポーズを計画する場合は別日程や別プランの用意もお忘れなく。

◆プロポーズのサポートプランを確認する
レストランやホテルでは事前にお願いすると、食事の最後に婚約指輪(エンゲージリング)や花束を持ってきてくれるといった、 プロポーズのサポートをしてくれるところもあります。
point!
プロポーズコンシェルジュというプロポーズ専門のサポートスタッフを置いているホテルなどではホテルのチャペルでプロポーズが可能なところも。

step5. プロポーズの言葉を考える

◆彼女に伝わる言葉を考えよう 「あなたと結婚したい」という強い意思が、彼女にわかりやすく伝わる言葉を考えましょう。
意味が伝わらない回りくどいセリフや結局何が言いたいのかわからない長~いセリフ、「結婚したい?」と言った語尾が疑問形のセリフは要注意!

point!
王道派も自然派もプロポーズの言葉は敬語で伝えるのもお勧め。
彼女への想いを敬語で伝えることで誠実さが増し、普段とのギャップも相まって、気持ちが真っ直ぐ伝わります。

以上の5stepを全て整えたら、いよいよプロポーズ本番!緊張したら深呼吸して心を落ち着かせ、幸せな瞬間を迎えてください。

ブライダルノートTOPへ