カート

婚約指輪を贈ってもらえなかった

ブライダルノート

婚約指輪を贈ってもらえなかった、
買わなかった。その理由は・・

image

「プロポーズされたけど、婚約指輪は贈ってもらえなかった」という方いませんか?指輪を期待していた方ならやっぱりがっかりしてしまいますよね。「本当は婚約指輪を買ってほしい、でもなかなか言い出せない」なんて方もいるのではないでしょうか。

「どうして婚約指輪をくれなかったのだろう?」と考えすぎると、「私のこと愛していないのかも」なんて不安になってしまうかもしれませんね。でもちょっと待って!世の中には婚約指輪なしというカップルもたくさんいるんですよ。では、婚約指輪を買わないという方には、どんな理由があるのでしょうか。

婚約指輪を買わないカップルはどのくらいいる?理由は?

マイナビウェディングが20代〜40代の既婚女性100人にとったアンケート※1によると、婚約指輪を「もらった」人は61.8% 、「もらえなかった」人は38.2%と4割近くが“婚約指輪なし”でした。意外と多いですね。

では、婚約指輪を買わないのはどんな理由からでしょうか。ゼクシィの行った調査によると※2「お金がもったいないから」が32%で最も高く、次いで「婚約指輪に意味を感じないから」「結納しなかったので必要なかった」「普段身につけるものではないから」がともに20%で続きました。婚約指輪を買わない背景は、経済的な理由と不要であるという考えによるものの2つがあるようです。 ※1 参考データ:「マイナビウェディング」2016年調べ ※2  参考データ:「ゼクシィ結婚トレンド調査 首都圏」2017年調べ

婚約指輪を買わない男性の心情とは?

image

特に普段アクセサリーをつけない男性は、指輪の重要性がわからないという方も多いよう。それよりも今後の生活を充実させることにお金を使った方がいいと考え、「指輪は買わない」という結論に達するのは、実に現実的で男性らしい思考回路ですね。決してパートナーへの愛がないわけではないのです!むしろ2人の生活を真剣に考えているからこその結論だといえるでしょう。指輪がほしい乙女心としては複雑ですが、彼の気持ちも尊重したいですね。
それでも、彼から婚約指輪を贈ってもらえなかった、けどどうしても指輪がほしい、と悩んでいる方は、「今後の生活をちゃんと考えてくれてありがとう」とお礼をいった上で、「一生の記念になるものだし、安くてもいいから婚約指輪もほしいな」とおねだりしてみてはいかがでしょうか。

婚約指輪ゲット大作戦!
さまざまな女性の工夫をご紹介

2人で納得した上で「婚約指輪を買わない」という結論に達したのならよいのですが、女性側はほしかったのにもらえなかったというパターンでは、後々ケンカの種になったり、後悔が残ってしまうかもしれません。
そこで「婚約指輪いらないんじゃない?」というパートナーの意識を変えるべく奮闘している女性たちのアイデアをご紹介します。

  • プロポーズされる前から、「婚約指輪に憧れている」という話題を頻繁に出し、ほしいアピールをしておく
  • 結婚雑誌の婚約指輪特集記事をさりげなく机の上に出しておき、ほしい気持ちに気づいてもらう
  • 先に彼に結婚記念品を渡し、「私は指輪がいいな」と伝える
  • デートのときにさりげなくジュエリーショップに寄って、婚約指輪がほしいということをアピール
  • 「誕生日プレゼント何がほしい?」と聞かれたら「指輪がほしいな〜」と答える
  • 共通の友達に「彼女、婚約指輪ほしがっているみたいだよ」と伝えてもらう
  • 結納の時に必要だから、と言って買ってもらう

皆さん、いろいろな工夫をされているのですね。これから生涯を共にする相手とはいえ、所詮は他人です。気づいてもらうのを待っていてもダメ、しっかりとアピールしないと伝わりません。なかには「彼女がほしいと言わなかったから、買わなかった」という男性もいますから。

とはいえ、押し付けすぎはNG、“買わされる”と思うと男性のモチベーションも下がってしまいます。あくまでも男性が買ってあげたくなるように、おねだりは「かわいく」しましょうね。

ブライダルノートTOPへ