カート

婚約指輪を買うための貯金

ブライダルノート

婚約指輪を買うにはどのくらい貯金すれば安心?

image

プロポーズと一緒に婚約指輪を渡そうと考えている男性なら、婚約指輪資金のために貯金をしているという方も多いでしょう。一方、貯金がなくて「どうしよう…」と悩んでいる方もいるはず。今はまだ貯金ゼロだけど、これから頑張って貯めるぞ!と意気込んでいる方のために、婚約指輪を買うためにはどのくらいの額の貯金があれば安心なのかを、婚約指輪の平均購入額を目安にお伝えします。

婚約指輪にかかる費用はどのくらい?

BRILLIANCE+で2016年10月~2017年9月の期間に購入された婚約指輪の平均価格は、約26万円。昔は給料の3ヶ月分と言われてましたが、現在は「給料の1ヵ月分」が相場となっています。最も多い価格帯は「20~30万円未満」で全体の約39.4%、次に「10~20万円未満」が30.5%、「30~40万円」未満が18.5%となりました。スタンダードな婚約指輪ならば30万円ほど用意すれば安心できそうですね。彼女がブランド好きという方や、買ってあげたい指輪が高価な場合は+10〜20万は用意したほうがよさそうです。

また、女性はいくらぐらいの婚約指輪を期待しているか、という調査もあったのでご紹介します。

  • 1位 期待する価格はない(値段はいくらでもいい)……41.6%
  • 2位 10万円以下……13.6%
  • 3位 20万円以上~30万円未満 ……12.4%
  • 同率3位 30万円以上~40万円未満 ……12.4%

※参考データ:「マイナビウェディング」2015年調べ

多くの女性が値段は気にしないという答え。そして比較的低価格の指輪を期待する人が多いようです。これを見てほっと安心した男性もいるのではないでしょうか。婚約指輪は値段ではなく、気持ちだということを女性はちゃんとわかっています。安い、高いではなく、自分としての精一杯のものをプレゼントしようという誠意が伝われば、必ず喜んでもらえますよ!

婚約指輪の価格と相場について

貯金なしでプロポーズに踏み切る人も!

image

なかには貯金が全くないのにプロポーズをする人もいます。結婚したい気持ちが強すぎて、勢いあまって「結婚してください」と言ってしまった人もいれば、彼女に結婚を迫られ、しぶしぶプロポーズしたなんて方も。女性の方が結婚に積極的な昨今では、後者のパターンが多いような気がします。ここで、もうひとつ面白いアンケート結果があったのでご紹介します。

  • Q.もし彼氏が貯金ゼロでも結婚できますか?
  • Yes……15.6% No……84.35%

※参考データ:「マイナビウェディング」2016年調べ

やはり8割以上の女性が「結婚できない!」と回答しています。Noと答えた方の理由は、お金がないという事実以上に、貯金できないという性格に問題を感じるよう。たしかに今後家庭を築いていく上で、甲斐性がないのは困りものです。また金銭感覚の不一致は、結婚後大きな問題に発展しかねません。一方、貯金がなくても結婚すると答えたのは、「自分が貯金する」という頑張りやさんや「相手のことが好きならお金がなくても頑張れる」というけなげな女性。貯金ゼロという男性は、このようなお相手を見つけるしかありません!

プロポーズは承諾したものの、結婚準備に取りかかるまで貯金がないということに気がつかないなんてこともあるようです。お付き合いしているときは気前よく食事をご馳走してくれたり、旅行に連れていってくれたりしていたので、てっきり潤沢な蓄えがある人かと思っていても、蓋を開けてみればすっからかん。「貯金ってどのくらいあるの?」ってなかなか切り出しにくい話題ですが、貯金がない男性とは絶対結婚できないという女性は、お付き合いの段階できちんとチェックしておいた方がいいようです。

どうすれば貯まる?
貯金するための工夫は?

最後は「ついついお金を使ってしまう」、「気づけば貯金に回す分がない」という方のために、お金が貯まるコツを3つご紹介します。

コツ1) 目標を立てる

婚約指輪購入の為の具体的な目標金額と貯める期日を決めましょう。最終目標のほかに毎月いくらというような短期目標も作ります。達成していることを感じられると、俄然やる気が出て、貯金することを楽しめるようになりますよ!貯金ができる人とできない人の差は収入の差ではなく意識の差なのです。

コツ2) 最初に貯金する

余った分を貯金するのではなく、お給料が入ったら、最初に貯金する分を取り分けてしまいましょう。お給料が銀行振込という方は、自動積立定期預金、社内預金や財形貯蓄などを利用して自動的に天引きされるようにしておけば、毎月決まった額を確実に貯金できます。

コツ3) クレジットカードやローンを使わない

浪費を防ぐために、カードやローンを使うのはやめましょう。手元にないお金で買い物をしてしまうと、支出をコントロールできなくなり、思わぬ出費をしてしまって、今まで貯めた貯金がパーなんてことにもなりかねません!

贈ろうと考えている婚約指輪の目標額が決まれば、あとは貯めるだけ!彼女の喜ぶ顔を思い描きながら計画的に貯金して、余裕を持って婚約指輪を買いにいきましょう。

ブライダルノートTOPへ