カート

エンゲージリングは男性が負担?折半?

ブライダルノート

今時、婚約指輪は男性が買うもの?
結婚指輪は割り勘?

ひと昔前までは「婚約指輪は男性が買ってプレゼントするもの」という考えが主流で、男性は婚約指輪資金の捻出に頭を悩ませていたもの。しかし、近年では女性の社会進出が進み、収入の点でも男女の差がなくなってきたという背景などから、婚約指輪や結婚指輪も結婚費用の一つとして、2人でお金を出し合い、割り勘で購入する人が増えてきたようです。
しかし実際には、「婚約指輪・結婚指輪の費用は誰が負担するべきか?割り勘にしてもいいのか?」というのは、カップルでは話し合いづらいテーマかもしれません。そこで、それぞれの事情について調べてみましたので、誰が婚約指・結婚指輪輪を買うべきか、割り勘にするのか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

婚約指輪は男性から女性に贈るのが一般的。

まずは婚約指輪から見ていきましょう。そもそも婚約指輪はプロポーズや結納の際に、男性が女性に贈る愛の証として、「婚約期間中に女性がつけるもの」という考え方が一般的です。
やはり割り勘よりはパートナーの男性から婚約指輪をもらうことで、愛されているという実感を感じるという女性は現代でもたくさんいます。BRILLIANCE+でも婚約指輪の費用を負担しているのは9割以上が男性で、「高いものでなくてもよいから、気持ちのこもった婚約指輪を贈ってほしい」、「彼が選んだ婚約指輪を身につけたい」、という女心は今も昔も変わらないようです。

しかし近年は、男女の収入格差も少なくなってきたり、婚約指輪も結婚費用の一つとして割り勘で購入するカップルも増えているようです。または、婚約指輪のお返しとして時計などの結婚記念品を女性から男性に贈ることで相殺としている方もいらっしゃるそうです。

結婚指輪は割り勘、もしくは誰が買ってもOK!

婚約指輪が「女性のもの」であったのに対して、結婚指輪は2人でつける「夫婦のもの」と考えられています。金額の負担については、どちらが出すという決まりはなく、夫が買う・妻が買う・割り勘で買う、と人それぞれ。近年増えているのは「2人で着けるものだから、お金も2人で出し合いたい」と割り勘にしたり、もしくは既に2人で貯めた共同財布があって、そこから出すというパターン。なかには「お互いに贈りあった方が大切にできる」と互いに相手の分を買って交換するという素敵なカップルもいます。相手が用意してくれたと思えば、指輪交換の瞬間がより一層ロマンチックになりそうですね!

「みんなのウェディング」の調査(※)を見てみると、「ふたりで支払った・割り勘」という人が50.3%と約半数を越えています。一方、「夫が全額負担する」というカップルは43.2%とまだまだ多く、「妻が支払う」は3.5%と少数派。夫側が全額負担する場合は、そもそも結婚費用は男性が全部出していたり、婚約指輪と一緒に結婚指輪も用意しているなど、お金を出すことが相手への誠意だと考える男性が多いよう。また、結婚式の費用を男性が負担したり、高価な婚約指輪を買ってもらった場合は、お返しとして2人分の結婚指輪を買うという女性もいるようです。
※参考データ:みんなのウェディング「指輪に関する調査2016」調べ

大切なのは、自分達らしい形を探すこと。

ここでは一般的な例を紹介しましたが、価値観はそれぞれ。正解がある訳ではありません。今の時代、女性の収入と男性の収入が同等だったり、時には女性の方が上回ることもありますので、これまでの慣習に捉われることなく自分たちにあったお金のやりくりをすれば良いのではないでしょうか。大切なのは、互いの考え方と金銭状況を考慮し、配慮を持って話し合うこと。話しづらいテーマではありますが、婚約指輪・結婚指輪の割り勘などお金に関することは今後の結婚生活でも重要なことです。ここで腹をわって誠実に話し合うことが、お互いを知り、よりよい結婚生活に繋がるともいえます。
たとえ意見が違っても、考え方をすりあわせる過程で2人の絆も一層強まるはずです。ぜひ2人の納得のいく形で婚約指輪・結婚指輪を購入し、幸せになってくださいね!

婚約指輪を探す 結婚指輪を探す
ブライダルノートTOPへ