電話
カート

婚約指輪の種類

ブライダルノート

婚約指輪にはどんなタイプの種類があるの?

image

婚約指輪にはどんな種類があるのでしょうか。ドラマや映画のワンシーンで、片膝をついた男性が取り出した小さなリングケースからダイヤモンドのついた婚約指輪がきらりと輝く…、誰もが一度はそんなシーンを見たことがあるはず。女性ならば誰もが一度は憧れる夢のシチュエーションです。しかし、男性は、サプライズしたいと思いながらもいつ婚約指輪を買えばいいのか?どんなデザインの種類があるのか?そしていつプレゼントすればよいのか?と頭を悩ませているのではないでしょうか。

特に婚約指輪のデザインを決めるのは、カップルで一緒にお越しいただいても悩まれるもの。それを男性お一人で、しかもお相手に内緒で選ぶとなるとさらに大変。まずはどんなデザインや種類があるのかをチェックしてみましょう。

デザインのタイプ・種類

ソリティア

image
image

最も王道のデザイン。婚約指輪と聞いてまず思い浮かべるのはこの種類の指輪です。シンプルなデザインだからこそ飽きがこず、どんなスタイルにも似合います。一目で真ん中のダイヤモンドに視線が集中し、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すデザインです。

ソリティアリングから婚約指輪を探す

サイドストーン

image
image

中央の大きなダイヤモンドの横に、小粒のダイヤモンド(メレダイヤモンド)があしらわれた種類のデザイン。メレダイヤモンドが中央のダイヤモンドを引き立て、より大きく見せてくれます。華美すぎず、可憐な印象のデザインです。

サイドストーンリングから婚約指輪を探す

エタニティ

image
image

永遠を意味するエタニティリングは、婚約指輪の全周にダイヤモンドを並べてセットした種類の指輪。普段使いがしやすいように、また指輪のサイズ直しができるように、半周にダイヤモンドを並べ、その真ん中に大粒のダイヤモンドをセットしたのがエタニティタイプの婚約指輪です。指にダイヤモンドを並んで置いたようなデザインは、手元を華やかに輝かせます。

エタニティタイプリングから婚約指輪を探す

クラシカル

image
image

「千の粒」を意味するミルグレインが施され、どこかアンティークな印象のあるリングや、クラシカルでどこか懐かしい雰囲気のあるデザインをまとめてクラシカルリングとしてご用意しております。お二人の思い出を重ねるごとに、指輪が味わい深く手に馴染んでくる、そんなデザインの婚約指輪です。

クラシカルタイプリングから婚約指輪を探す

ウェーブライン

image
image

VラインやSラインなど、指輪自体に動きがあるデザインです。ストレートなデザインに比べ、手元に動きが出てみえるため、指がすっきりと細く、長く見える効果もあります。
軽やかなウェーブが、女性らしく品のある雰囲気を優しく演出してくれます。

ウェーブラインタイプの婚約指輪を探す

ピンクダイヤモンド

image
image

サイドストーンやエタニティタイプの婚約指輪にセットされたメレダイヤモンドをピンクダイヤモンドにした種類の指輪。優しい色合いのピンクダイヤモンドがフェミニンな雰囲気を一層引き立てます。女性らしい華やかさを際立たせつつも、可憐な花のような印象の婚約指輪です。

ピンクダイヤモンド付きの婚約指輪を探す

婚約指輪の素材

お好みのデザインが決まれば、今度は指輪の素材(金属)の種類を選びます。同じデザインの婚約指輪であっても、素材の種類が変わると印象がぐっと変化します。

image
image
image

向かって左から、プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールドです。

プラチナ(PT)

日本で婚約指輪によく用いられるのは「プラチナ」です。純白のウェディングドレスや白無垢を連想させる美しい白金で、日常生活では変色や変質が起こることがないという特徴も好まれる理由です。プラチナ素材であれば“PT”または”Pt”と表記されます。

イエローゴールド(K18YG)

「イエローゴールド」は”K18YG”と表記します。プラチナよりもより華やかな印象で、シックでドレッシーなイメージのプラチナよりも、よりカジュアルに身につけられます。

ピンクゴールド(K18PG)

「ピンクゴールド」は”K18PG”と表記します。イエローゴールドよりも柔らかい色味が特徴で、とても肌なじみがよく女性らしい柔らかな印象の指輪になります。

最近は普段着でのお出かけでも身につけやすいように、イエローゴールドやピンクゴールドの婚約指輪を選ぶ方も増えています。お持ちのジュエリーや、普段から愛用している腕時計の素材と婚約指輪の素材を合わせることで、より気軽に身につけられるようになります。まずはお気に入りのデザインを見つけていただき、そのあとはご自身のお肌に一番ぴったりとくる素材の種類を選んでください。

プラチナの婚約指輪を探す イエローゴールドの婚約指輪を探す ピンクゴールドの婚約指輪を探す

ダイヤモンドの品質

婚約指輪のデザイン、素材が決まったら、次は真ん中にセットするダイヤモンドを選びです。4Cという評価基準に沿って、ご希望の品質、ご希望のご予算内のダイヤモンドを選びます。お気に入りの指輪と、こだわって選び抜いたダイヤモンドをセットしたら、お二人の気持ちが込められた世界に一つだけの婚約指輪が出来上がります。

4Cを指定してダイヤモンドを探す

まずはお気軽にブリリアンス+のサイトをご覧いただき、たくさんのデザインとダイヤモンドを自由に組み合わせる「指輪選びのシミュレーション」をお試しください。きっとお気に入りの婚約指輪が見つかるはずです。

条件を指定して婚約指輪を探す
ブライダルノートTOPへ