カート

婚約指輪いつ買う?

ブライダルノート

婚約指輪はいつ買う?
いつまでに用意すればいいの?

image

彼女と結婚への気持ちが固まったら、まず考えるのはプロポーズ。映画やTVドラマなどでは、婚約指輪と一緒にプロポーズする場面を目にすることも多いですが、「婚約指輪はいつ買う?いつまでに用意すればいいの? 」と悩む人もいるかもしれません。実際に婚約指輪を購入した人のデータや結婚準備の流れから、時期を考えてみましょう。

婚約指輪はいつ買うもの?時期は?

一世一代の決断ともいえる結婚。愛の証として、婚約指輪を贈りたいと考える男性も多いことでしょう。しかし、実際購入を考えた時、いつまでに買えばいいのか?とふと気付かされるものでもあります。 「ゼクシィ結婚トレンド調査 2016 首都圏」によれば、平均で挙式の11.6ヶ月前から検討し、10.2ヶ月前に購入を決定しているというデータがあります。検討開始から決定まで、1.4か月ということになります。一方、結婚指輪はというと、平均で挙式の8.1ヶ月前から検討し、6.3ヶ月前に決定しているという結果でした。 もし結納を行うなら、結納は挙式の5ヶ月前という回答が一番多くなっています。結納では婚約指輪をお披露目する習慣があるので、プロポーズに間に合わない場合でも、結納までには買っておきたいものです。 ※参考データ:「ゼクシィ結婚トレンド調査 2016 首都圏」調べ

プロポーズに婚約指輪を渡すなら

もし、サプライズプロポーズを考えていて、その時に婚約指輪を贈りたいと思っているなら、それまでに調べておきたいことがあります。

image 指のサイズ

彼女の指輪のサイズ。婚約指輪をつける指は左手薬指。これは絶対条件ですね。

サイズ測定器無料貸し出しについて
image デザイン

彼女の好み、好きなデザインやブランドがあるのなら、それとなくリサーチしておくと喜ばれるでしょう。

婚約指輪のデザインを見る

彼女のサイズの指輪があるか、お気に入りのデザインが店頭にあるかなどで、購入できる納期タイミングが変わってきます。それも踏まえてリサーチしておく必要があり、それによってプロポーズのタイミングを考える必要があります。

彼女が婚約指輪を選びたい場合

一般的に婚約指輪は高価な買い物。しかも、一生モノです。男性にとっても本格的な宝石を購入するのは初めての経験ですし解らないことだらけで不安になります。一方女性も自分でずっと身につけるものなので自分で選びたいというケースもあります。 「ゼクシィ結婚トレンド調査 2016 首都圏」によれば、「婚約指輪の決定者は?」という質問に対し、「2人で 41%」が最も高く、「夫 31%」、「妻 29%」と続きます。男性側が、プロポーズ時にサプライズで婚約指輪を渡さないのなら、プロポーズ後に指輪を買いに行くことになるので、時期はあまり考えなくても良いかもしれません。ただ、日頃から彼女が婚約指輪を自分で選びたがっているのか、なんとなくリサーチしておく必要がありますね。 ※参考データ:「ゼクシィ結婚トレンド調査 2016 首都圏」調べ

結納や結婚式までには用意したい

image

結納やご両家の顔合わせの際に婚約指輪をお披露目する方も多く、結納や顔合わせまでに用意するというのも一つのタイミングになります。結納を行わない場合は、結婚式が目安となります。その場合は、最低でも1ヶ月前には店頭に行きたいところです。店頭には何種類もの婚約指輪があるので、すぐに受け取れると思いがちですが、婚約指輪は受注生産の場合がほとんどです。人気店でフルオーダーを行う場合には、2〜3ヶ月くらいかかることもあります。 時期によっては、ブライダルフェアを行っていて、いつもよりお値打ちに購入できることもあります。また、結婚式の前は、何かと準備が忙しくなるので、ゆっくりと探すことができなくなるかもしれません。

妥協せずに、納得できるものを選ぶためには、やはり余裕を持って4〜5ヶ月前には検討を始めたいものです。婚約指輪をいつ買えばいいのかケースによって異なってきます。大きな買い物なので、色々と悩むこともあるかもしれませんが、その時期も楽しみながら結婚準備を進めたいものですね。

BRILLIANCE+の『ダイヤモンドでプロポーズ』
なら翌日発送もあります
ブライダルノートTOPへ