電話
カート
ブライダルノート

ダイヤモンドの鑑定書。いろいろあるけど、何が違うの?

婚約指輪を貰った時に一緒についてくる証明書。なにやら色んな数字や図があったりする見慣れないものですが、意外とどんなものなのかを知らない方も多いはずです。今回は、ダイヤモンドが鑑定された際に発行され、あなたの大切なダイヤモンドの品質を保証する鑑定書についてお伝えしたいと思います。
まず鑑定書とは何かという点ですが、鑑定書はそのダイヤモンドの品質そのものを評価したものです。英語でDIAMOND GRADING REPORT(ダイヤモンドグレーディングレポート)と呼ばれこれが正式名になります。色味や内包物など、それぞれの基準にそって評価したものをまとめたものです。

一方で、ダイヤモンド以外の宝石に付属されている鑑別書は、鑑定書とは全くの別物です。

鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート):
ダイヤモンドの品質を評価証明するもので、ダイヤモンド以外の宝石には付属しません。
また、鑑定書は天然のダイヤモンドにしか付属しません。

宝石鑑別書:
宝石の種類や起源を見分けるもので品質評価は行ないません。

宝石の鑑別は、全ての宝石が対象となります。石の寸法や重量の測定、検査で得た科学的データをもとに、天然、合成、模造といった石の起源や、カット・研磨以外の人的手段が施されているかなどを証明しますが、品質評価は行ないません。

ダイヤモンドにも鑑別書は存在しますが、その場合には品質評価はしません。
今でもたまに鑑別書付ダイヤモンドとして、鑑別書に品質評価を記載しているものを目にすることがありますが、間違った鑑別書になるので注意が必要です。

正式な鑑定書には4C(カラット・カラー・クラリティ・カット)の4項目について記載されており、品質を保証するものです。鑑定書は発行機関により種類が異なります。ブリリアンス+でお取り扱いのあるダイヤモンドは国際的に信頼性が高い2社の鑑定機関の鑑定書が付属したものをご用意しておりますので、そちらについてご紹介します。

GIA
(Gemological Institute Of America 米国宝石学会)

ダイヤモンドの国際評価基準の4Cを定めた機関です。GIA鑑定書には、ダイヤモンドグレーディングレポート(GIA)もしくは、コンパクトサイズのGIAダイヤモンドドシェ(GID)の2つのタイプがあります。GIAダイヤモンドドシェ(GID)には内包物の位置を示す図がないのが特徴と言えますが、コンパクトなので保存や持ち運びがしやすいことも特徴です。記載は全て英語になります。
ダイヤモンドの重さ(カラット)は小数点第2位まで表記されます。(例:0.31ct)
また、GIA鑑定書が付属するダイヤモンドには、ダイヤモンドの縁にあたる「ガードル」部分に、そのダイヤモンド固有の鑑定書番号がレーザーで刻印されています。肉眼では確認できないくらいの微細な刻印ですが、同一性確認を容易にし、世界でたった一つのあなたが選んだダイヤモンドを確実に保証いたします。 ※一部のGIA鑑定書付きダイヤモンドには鑑定書番号の刻印がないものもありますのでご留意ください。

CGL
(中央宝石研究所)

中央宝石研究所は信頼性に定評がある国内最大手の鑑定機関です。鑑定書は日本語と英語で表記されダイヤモンドの画像が付いていることが特徴です。ダイヤモンドの重さ(カラット)は小数点第3位まで表示されます。(例:0.314ct) また、ハート&キューピッドの評価が認められるトリプルエクセレントのダイヤモンドにはプロポーションレポートという写真付きのサブレポートが付属します。

以上のように、鑑定書は鑑定機関により鑑定書のデザインやサイズなどが若干異なりますが、記載内容は決められた基準で統一されているので違いはありません。お客様の重視されるポイントに合わせてお好みの鑑定書が付属したダイヤモンドをお選びいただくことも可能です。弊社でお取り扱いのある2つの機関の鑑定書は、ダイヤモンドや宝石業界のプロたちも安心して取引をするのに基準としているプロ御用達機関ともいえます。GIA準拠した鑑定結果を厳格に遵守している機関でもあるので、どちらの鑑定書をお選びいただいてもご安心いただけます。

GIA(米国宝石学会)が発行する鑑定書が付属するダイヤモンドはガードルに鑑定書番号が刻印されていて容易に同一性が確認できるので 「ダイヤモンドでプロポーズ」を検討されている方には特にお勧めです。
ハート&キューピッドを、ダイヤモンドをリングに留めたあとも写真として記念に残しておきたい場合は中央宝石研究所CGLの鑑定書をお勧めします。

CGLの鑑定書付きダイヤモンドなら特別なプロポーズができます

中央宝石宝石研究所の場合は、ダイヤモンドの重さ(カラット)は小数点第3位まで表示されるので、彼女の誕生日や二人の記念日など特別な数字と同じカラット数のダイヤモンドを選ぶことができます。
例えば、

彼女の誕生日が4月18日だったら→0.418ct
ホワイトデー 3月14日 にプロポーズするとしたら→0.314ct
ふたりが出会った日が 2月28日だったら→ 0.228
付き合い始めた日が 5月24日だったら→ 0.524ct

リングの内側にカラット数の刻印と鑑定書にも記念日と同じ数字が記載されます。
記念日に合わせた婚約指輪のダイヤモンドなんてとても素敵ですよね!

ブリリアンス+だからお望みのカラット数が選べる新しいダイヤモンドの選び方です。あなただけの特別なダイヤモンドがきっと見つかります。

バースデイダイヤモンドについて詳しくみる
ブライダルノートTOPへ