電話
カート
ブライダルノート

ダイヤモンドのSIクラスってどんな風に見えるの?

ダイヤモンドは地球の奥深く、非常に高温で極度な高圧の下形成されます。
そのダイヤモンドができる過程で、多くのダイヤモンド内部に不純物(インクルージョン)や表面には瑕(キズ:ブレミッシュ)が生まれます。 その内包物や瑕の見え方で評価が決まるのが、ダイヤモンドの品質基準4Cの1つ「クラリティ:Clarity(透明度)」になります。

「クラリティ」は、顕微鏡やルーペを使ってダイヤモンドを10倍に拡大したときに、これらの内包物や瑕がどのように見えるかをFL, IF, VVS1・2, VS1・2, SI1・2, I1・2・3の11段階に分けて評価します。

FL(フローレス:内包物や瑕が確認できない)が最も希少で価値が高い評価です。しかしながら基本的にSIクラス以上の品質の違いは、肉眼で識別することは困難な品質になるので、ブリリアンス+のショールームにご来社になるお客様の中にも、どの品質がいいのか、どこまでこだわってダイヤモンドを選べば良いか悩まれる方が多くいらっしゃいます。

ブリリアンス+では、ブライダルジュエリーとしてのご要望が多いため肉眼で内包物や瑕が容易に確認できるとされるIクラスはお取り扱いがございません。肉眼では内包物や瑕を確認することが困難なクラスとされるSlightly Included 2 (SI2:エスアイツー)クラス以上のダイヤモンドからお取り扱いしています。

〔SI1クラスとは〕
ダイヤモンドを10倍に拡大して見たときに、初めてダイヤモンドを見る方でも比較的容易に内包物や瑕を発見できるクラスですが、SI2に比べると内包物や瑕の位置がより端の方であったり、欠点の面積が小さくなるため発見することが困難になります。
0.5ct以上の比較的大きなダイヤモンドの場合SI2では稀に肉眼でも確認できる場合がありますが、SI1ではその割合はさらに低くなり、肉眼ではほとんど確認することができなくなります。

〔SI2クラスとは〕
ダイヤモンドを10倍に拡大して見たときに、初めてダイヤモンドを見る方でも容易に内包物や瑕を発見できるクラスです。0.5ct以下のダイヤモンドであれは肉眼で内包物や瑕を確認することは大変困難ですが、0.5ct以上のダイヤモンドになると稀に肉眼でも確認できる場合もあります。

VSクラスとSIクラスの比較

一般の方がダイヤモンドを10倍に拡大して見ても、内包物や瑕を発見するのが非常に困難と言われている1つ上のVSクラスとSIクラスの品質の差は10倍に拡大してもほんの僅かな内包物の差です。

VSクラスとSIクラスでは価格面では大きく変わります。しかしながら実際のところ、婚約指輪(エンゲージリング)としてリングに留まった状態でクラリティSI1のダイヤモンドとVS2のダイヤモンドを並べて肉眼で比較しても、違いを見分けることは不可能です。
少しオーバーないい方かもしれませんが、VS2とSI1の違いは名前の与える印象の違いみたいなもので、肉眼での見た目では見分けはつかないのです。このために「婚約指輪(エンゲージリング)は特別なものだから目に見えない品質にもこだわりたい!」「少しでもいい品質で、顕微鏡などを用いても内包物や瑕が容易に確認出来ない“品質重視”のダイヤモンドを婚約指輪(エンゲージリング)にしたいとお考えの方にはVSクラス以上をお勧めします。

婚約指輪(エンゲージリング)に留まったダイヤモンドを10倍に拡大して見る機会というのは一般の方であればそうそうありませんので、同じご予算内で、より“見た目”を重視して綺麗に輝くダイヤモンドをご希望の場合は「クラリティ」はSIクラスを選び、より大きな「カラット」やより上質な「カット」を選ぶというのも婚約指輪(エンゲージリング)用のダイヤモンドを選ぶポイントの1つです。

一生に一度の大切な婚約指輪(エンゲージリング)ですので、ご納得いくまでじっくりとご検討いただき、お二人のこだわりのダイヤモンドを見つけてください。

ダイヤモンドから婚約指輪を探す
ブライダルノートTOPへ