電話
カート
ブライダルノート

婚約指輪を二人で購入するときに気を付けること

婚約指輪(エンゲージリング)選びは男性も女性も殆どの方が初めての経験です。
更に一生に一度の大切な指輪であり、高価なお買い物になるので簡単に決断をすることができず思っているよりも選ぶのに時間がかかるお買い物です。今回は、一生に一度の婚約指輪(エンゲージリング)、お二人の大切な記念の指輪をお相手様と二人で購入するときの気を付けていただきたい点をお伝えします。

予算をはっきり伝えよう

婚約指輪(エンゲージリング)はデザインやダイヤモンドの品質によって数万円から数千万円するものまでと幅広い価格のものがあります。
大切なパートナーからいただく婚約指輪(エンゲージリング)ですので「高価な物は彼に申し訳ないな…」「どれくらいの予算で婚約指輪を選んだら良いのだろう…」と彼女自身も遠慮もともない迷ってしまいがちです。また、男性が考えていたご予算よりも大幅にオーバーする婚約指輪(エンゲージリング)を選ばれることもあるかもしれません。
予め予算はこれくらいと言うのを彼女に伝えておくと、彼女も予算内で自分がこれからずっと身につけて行きたい!と思える婚約指輪(エンゲージリング)を彼に気兼ねなく選ぶことができます。男性としてもあまり予算を知らせたくないと思われる方もいらっしゃいますが、決してお安くないお買い物の婚約指輪なので目安となる予算がお互い知っていれば遠慮しすぎて失敗することもありません。

彼女の好みを尊重した婚約指輪を

婚約指輪(エンゲージリング)と聞いて思い浮かべるデザインはリングに対して1つのダイヤモンドが留まったソリティアリングと呼ばれる婚約指輪の代表的なデザイン。女性からも男性からも人気の王道のデザインです。
実は、婚約指輪(エンゲージリング)のデザインにはソリティア以外にも様々なタイプのデザインがあります。
パーティなど特別な日にも映える、手元を華やかに演出してくれる小粒のメレダイヤモンドを散りばめたデザインやカジュアルな服装にも合わせやすいファッション性の高いデザインなど、どのような場面で使用したいかによって選ぶ婚約指輪のデザインも変わります。
彼女がどんな時に身に着けたいと思っているのか、他にも好みや趣味などを把握し、男性から見た客観的な意見も伝えながら彼女の意見を尊重して婚約指輪を選んであげましょう。

婚約指輪を探す

一緒に選ぶ婚約指輪

女性からすると「彼にも一緒に婚約指輪(エンゲージリング)を選んでほしいな」という思いがあります。「何でも良いと思うよ」「好きなデザイン選んだらいいよ」「任せるよ」と彼女に任せっきりにするのではなく、「似合っているよ」「雰囲気にあってるよ」「こっちのほうが○○だから良いと思うよ」と、それとなく意見を伝えながら婚約指輪選びをリードして、適度にアドバイスしてくれる方が彼の意見も聞けるので、二人で選んだリングとして特別な婚約指輪(エンゲージリング)となります。
以上のポイントを踏まえて、お二人の想いがつまった婚約指輪(エンゲージリング)をお探しいただくと、お買い物自体も一生忘れらないかけがえのない大切な記念の体験になるはずです。

ブライダルノートTOPへ