電話
カート
ブライダルノート

これだけは押さえて!
初心者でも失敗しない婚約指輪の選び方

普段アクセサリーのお店には行くけれど、婚約指輪(エンゲージリング)が並んでいるブライダルジュエリーのお店は行ったことがないという方がほとんどかと思います。

ちょっと敷居が高そうだけど、婚約指輪(エンゲージリング)のことはよくわからないし失敗したくないから、とりあえず沢山お店を見てまわり、試着して、色々な説明を受けて…と、指輪選びは体力勝負!?なんてことにもなりかねません。

今回は実際に婚約指輪を選び始める前に、素敵な婚約指輪に出会うための失敗しない選び方のポイントを4つご紹介します。

選び方のポイント

  1. 1. アクセサリーとジュエリーの違いを理解する
  2. 2. どこにこだわりを持ちたいか
  3. 3. ダイヤモンドは価格=品質ではない
  4. 4. 失敗を避け、永く付き合える婚約指輪を見つけましょう

Point 1アクセサリーとジュエリーの違いを理解する

アクセサリーはその時の流行に乗って流行りのデザインを選んだりしますが、ブライダルジュエリーである婚約指輪はずっと永く使う、まさに一生ものの存在となります。

後悔しないためにも失敗を避け、何十年先でも身につけることができる、“流行にとらわれないデザインを選ぶこと”が大切になります。

Point 2どこにこだわりを持ちたいか

例えば「デザインにこだわりたい」「ダイヤモンドの品質にこだわりたい」と人それぞれ婚約指輪でこだわりたい部分は違います。“こだわりたいところはどこなのか”を自分の中で明確に理解しておくと見るお店も絞られてくるかと思います。

失敗しないためには、予算にあった婚約指輪を探すのも大事なことです。

婚約指輪を予算別で検索 >

Point 3ダイヤモンドは価格=品質ではない

ダイヤモンドには4Cという「品質評価国際基準」があり品質が保証されています。鑑定基準には厳格な決まりがあるので、本来は鑑定機関ごとに鑑定の差がでることはほとんどありません。そのため、同じ品質・同じカラットのダイヤモンドがA店とB店であった時、例え何十万と価格が違ったとしてもダイヤモンドの美しさは変わるものではありません。このような理解を深めることで、失敗するリスクも減っていくのではないでしょうか。

ダイヤモンドの4Cについて詳しく見る >

Point 4失敗を避け、永く付き合える婚約指輪を見つけましょう

現在の自分に似合うデザインと20年後30年後の自分に似合うデザインは違って当然です。

女性の手は歳を重ねると皺が増え、節も太くなり手のサイズも大きくなるものです。若い頃の細い指の小さな手には、細くて華奢な小さなダイヤモンドの指輪も良く似合いますが、年齢を重ねた女性の手には華奢なリングよりもボリュームのある大きめのダイヤモンドの指輪が似合うものです。婚約指輪購入当時は良かったけど、今ではサイズを失敗したかな、と感じていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

一生に一度の婚約指輪ですので、失敗を避け、おばあちゃんになっても愛用できるものを選びたいもの。今よりも少し背伸びをしたダイヤモンドサイズをお選びになるのがコツです。「今の私にはちょっと大きすぎて失敗したかも…」なんて思う必要はありません。

また、今後の人生に20年30年と寄り添ってくれる婚約指輪なので将来的に、サイズ直しができるデザインかどうかということも失敗しない婚約指輪を選ぶ重要なポイントです。

お店によってはサイズ直しなどのメンテナンスを行なっていないところもありますのでアフターサービスが充実しているかという確認も必要です。せっかくの婚約指輪、「失敗した」なんて思いたくないですよね。

ブリリアンス+ のアフターサービスを見る >

ブリリアンス+の婚約指輪は、リングとダイヤモンド、それぞれお好みのものをお選びいただき、セミオーダーで婚約指輪をお作りします。

ご予算の中でダイヤモンドにこだわりたい方はダイヤモンドを優先的に選び、リングにこだわりたい方はリングのデザインから決めるなど、目的にあった選び方ができます。

ブリリアンス+では、リングのデザインは女性が選び、ダイヤモンドの品質は男性が決めるという方も多くいらっしゃいます。

大切な婚約指輪選びは、失敗しないためにも色々決めなくてはいけない要素がありますが、あなたに合ったポイントを押さえて、お二人だけの素敵な婚約指輪を探してください。

BRILLIANCE+の婚約指輪

ブライダルノートTOPへ