電話
カート
ブライダルノート

似合う婚約指輪(エンゲージリング)の選び方

店頭に飾られた素敵な洋服。いざ試着してみたところ『なんだかイメージと違う』『思っていたより似合わない…』そんな経験ありませんか?

これは洋服だけでなく、婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)などジュエリーでも同じこと。デザインが気に入ったものでも、手の大きさや指の形とのバランスによって、手元の表情が変わるためです。

手が大きい、指が短い、節が太い等…誰しも手や指に多少のコンプレックスがあるもの。ですが、手や指の特徴を活かしたリング選びのポイントを押さえれば、あなたの手元をより華やかで印象的に魅せるぴったりの婚約指輪(エンゲージリング)が見つかります。

婚約指輪(エンゲージリング)選びのポイント

指が短い方におすすめ “ウェーブラインのリング”

指輪全体が波打ったようなフォルムのSラインやVラインの婚約指輪(エンゲージリング)は、身に着けることで指に縦ラインの表情が生まれたり指元が長くみえることから、すっきり長い印象の指になります。

指が太い方におすすめ “センターストーンのあるリング” “ボリューム感のあるリング”

華奢なリングを身につけると、指のボリュームが際立って逆効果になります。

リング幅があり、リング全体にボリューム感のあるデザインや、ウェーブラインでボリュームに変化のあるリングがお勧めです。真ん中にセッティングするダイヤモンドもやや大きめで、出来れば0.4ct以上をお選びください。真ん中に存在感のあるリングは、手の中央にポイントが出来るため、指にアクセントができ見栄えが美しく演出してくれます。

手が大きい方におすすめ “幅が広いリング” “ボリューム感のあるリング” “縦長のデザインリング”

リングにしっかりと幅のあるものを選ぶことで、手元にしっかりとしたアクセントが生まれ、個性的な印象になります。
また指の長さをリングデザインで強調することで、手の大きさを感じさせません。
センターストーンが小さな石や、リング幅が極端に細いリングだとバランスが崩れてみえることがあるので注意が必要です。

節が太い方におすすめ “幅が広いリング” “均一なデザインのリング”

幅広のリングは、リングの上のラインが関節に近づくため、指の根元部分の細さを隠し、節から自然なラインをつくります。節のある指は、どうしてもリングが根元で回ってしまいます。全周均一にデザインされたエタニティリングのようなデザインを選ぶと、リングが回っても気になりません。

手が小さい、指が細い方におすすめ “華奢なデザインのリング” “ウェーブラインのリング”

指のイメージと似合いやすい、ほっそりとした華奢なリングは手元に品が生まれます。SラインやVラインなどのデザインに躍動感があるリングは、指がすっきりとした印象になります。

婚約指輪のデザインはこちら

試着の際は鏡でバランスチェック

リングを試着する際は、直接手元を見てしまいがちです。リングを身につけた様子を、是非、鏡でチェックしてください。全身鏡も使うとよりイメージがしやすくなります。鏡に映った姿は自分が人から見られている姿です。客観的に鏡越しの自分を見て、リングと手元のバランスを確かめましょう。

ブライダルノートTOPへ