電話
カート
ブライダルノート

両家の親睦を深める!結納と顔合わせ食事会

両家の親睦を深める!結納と顔合わせ食事会

両家への挨拶が終わり、無事に結婚の承諾を得られたら、次のステップは両家の親睦を深める結納、もしくは顔合わせ食事会へと進みます。結婚へむけた正式な場なだけに、きちんとしたセッティングをしたいもの。そこで「そもそも結納って何?」という方や、「結納と食事会どちらにしよう」などと迷われている方のために、結納と顔合わせの違いや手順について詳しく解説します。

どちらでする?2つの結納スタイル

“結んで納める”という字のとおり、両家が結びついて親戚となることを祝い、贈り物を納め合うのが結納という儀式。結納をすませたら婚約が正式に成立することになります。結納には「正式結納」「略式結納」の2つがあります。

【正式結納】
正式結納は仲人が両家を行き来して、結納品や結納金を運び、両家は顔を合わせないのが特徴です。決まった口上や独特の所作などがあり、また結納の品や結納金、細かい手順などは地域や家のしきたりで異なりますので、両親や仲人とよく相談して進めてください。また両家が遠い場合は仲人の移動が大変になりますので、そのあたりも考えて決めたいものです。最近は正式結納を行う家庭は減ってはいるものの、しっかりとやりたいというご両親の希望などで行う場合もまだまだあるようです。
【略式結納】
略式結納はホテルや旅館、どちらかの自宅などに両家が集まり、結納品の受け渡しを行います。仲人は立てる場合と立てない場合があり、立てない時は新郎の父親が進行役を務めることが多いようです。また略式の場合は、正式結納に比べて結納品の品目が少なかったり、結納金のみ、または婚約記念品として婚約指輪のみを贈る方もいます。その場合、たとえ指輪だけでもきちんと目録や受書を用意するとよいでしょう。どこまで略式にするかは両家の希望を聞き、事前によく相談して決めてください。
親睦がメインなら顔合わせ食事会

親睦がメインなら顔合わせ食事会

顔合わせ食事会は特に決まった流れや儀式はなく、結納品や婚約記念品を交換するなど略式結納に近い形式から食事だけを楽しむカジュアルな食事会まで、さまざまなスタイルで行われています。リラックスした雰囲気で食事と会話を楽しみながら両家の親睦をはかりたいカップルにおすすめです。

会場選び
食事会をすることに決まったら、2人を中心に会場を探しましょう。料亭やレストラン、ホテルなど場所はどこでも構いませんが、風情があり和食が好きな親世代の好みに合わせやすいことから料亭が人気のよう。円卓を囲むことで会話が弾みやすいホテルの中華などもおすすめです。料理のジャンルは何でもOKですが、コース料理なら取り分ける手間がなく、時間をかけてゆっくり味わうことができます。
また、周囲を気にせず会話を楽しむためにも、個室のあるお店を選ぶとよいでしょう。できれば事前に下見がてら2人で食事に訪れておくと安心です。もちろん会場は新郎新婦いずれかの自宅でもOKです。
婚約記念品の交換について
婚約記念品を交換する場合は、乾杯のあと両家の紹介を行い、料理が出てくるまでの間に行うとスムーズ。すでに婚約指輪を贈った後という場合でも、改めて両親にお披露目すると喜んでもらえますし、場も引き締まります。
費用はだれが負担する?
顔合わせ食事会は新郎新婦2人が両家を招待する形で行い、食事代も支払うケースが増えているよう。もしくは両家で折半というのが一般的です。いずれにせよ、事前に両親ともよく話し合ってどうずるかを決めておきましょう。どちらかの家族が遠方から来る場合は、交通費や宿泊費についても取り決めておく必要があります。

結納と食事会、両方行う家も

結納が終わった後に祝宴を催すなど、結納と食事会を両方行う家も増えています。最近ではホテルや結婚式場などで、結納の準備から宴会までお任せできる「結納プラン」なども人気です。

ブライダルノートTOPへ

よろしければブライダルノートについてご感想をお聞かせください。