カート

エンケージ・マリッジリングのサイズ選び

ブライダルノート

婚約指輪と結婚指輪の
リングサイズの選び方

婚約指輪、結婚指輪を選ぶ際、デザインだけでなく「リングサイズ」でも悩まれる方は多くいます。普段、指輪を身につけていない方は指にサイズがあることを知らなかった!とおっしゃる方も案外多いです。また、気に入った指輪を買って一番ぴったりの指につけているから測ったことはない!とおっしゃる方も。

左手の薬指にぴったりサイズの婚約指輪・結婚指輪を選ぶためのポイント

リングゲージとサイズ棒

サイズが分からない方の為のリングゲージ

婚約指輪、結婚指輪を取り扱っているブライダルサロンには、指輪のサイズを測る道具として、必ず「リングゲージ」と「サイズ棒」があります。

リングゲージは1号ごとに大きさの異なる指輪が束ねてある道具で、一つずつサイズの違う指輪を指に通しながら、一番ぴったりのサイズを測るための道具です。リングゲージを使ってジャストサイズを見つけるためには、ちょうどいいかなと思ったサイズの±1号~2号も試してみることが肝心です。容易に着け外しができるサイズだと、毎日の生活の中で婚約指輪や結婚指輪がするりと抜けてしまうことも・・・。指が付け根に向かって太くなっている場合は、根元で引っかかりを感じるサイズ、関節が太めの方は関節で婚約指輪、結婚指輪がひっかかるサイズを選ぶのがポイントです。

ちなみに、指輪のサイズを表す記号は【#】です。10号であれば#10となります。
日本人の平均的なリングサイズは、男性で16号~18号、女性9号~11号と言われていますが、近年男性女性とも指が細い方が増えているようです。

婚約指輪と結婚指輪のリングサイズの選び方の違いについて

■婚約指輪を選ぶ際のポイント

婚約指輪を選ぶ際は、真ん中に留まったダイヤモンドが大きいため、指輪サイズが大きいと指の根元で婚約指輪が回ってしまいやすくなります。できるだけダイヤモンドが真ん中にセットされた状態できれいに身につけられるよう、タイトにぴったりとしたリングサイズの婚約指輪を選ぶのがオススメです。

■結婚指輪を選ぶ際のポイント

結婚指輪は毎日身につけるもの。日常生活の中でむくみが出ることも考慮にいれてほんの少し余裕のあるサイズの結婚指輪を選びます。

指のむくみに関するご注意

指のむくみによって婚約指輪、結婚指輪がきつく感じることがあります。運動した後、お酒を飲んだ後や翌日はいつもよりも指がむくみやすくなります。また女性の指は体調や季節の変化によってもむくみ具合が異なります。夏場は水分を多くとるためむくみが出やすく、冬場はむくみが出にくくなります。しかしながら、ひっかかりなく着け外しできるサイズの婚約指輪や結婚指輪を選んでしまうと、お風呂や海水浴など水に浸かっている時や石鹸で手を洗った時などに指輪が抜けてしまうことがあります。むくみのことも考慮しつつ、婚約指輪や結婚指輪を外すとき、根元か関節でひっかかりを感じるサイズを選ぶことをお忘れなく。

リングゲージにはいくつかの規格があることにご注意ください

リングゲージにはいくつかの規格が存在します。そのため、同じ10号というサイズでも、ブランドによってはゆるめに感じたり、逆にちょっときつめに感じたりします。

婚約指輪、結婚指輪(リングゲージ)の内側の仕上げによる装着感の違いについて

婚約指輪、結婚指輪の内側(リングゲージの内側)が平らなのか、少し丸みを帯びているのかで、指通りも変わってきます。 少し丸みを帯びた「内甲丸」であれば、着け外しがなめらかで、着け心地がよく感じられます。婚約指輪、結婚指輪ともに、購入しようと思っているブランドでリングゲージを借りて、しっかりとリングサイズを計測しましょう。

■ブリリアンス+では、内甲丸の指輪(リングゲージ)をご用意しております。

ショールームでのご計測はもちろん、無償でのお貸出しも承っております。お気軽にお申込みください。

リングサイズ測定器無料貸出サービスはこちら

サプライズプロポーズのためのリングサイズの調べ方

サプライズで婚約指輪をプレゼントしたいから、お相手に内緒でサイズを計測したいと、「寝ているすきに指に紐(または紙)を巻いてその長さでリングサイズを測った!」というお話を伺うことがあります。

この場合、寝ている方を起こさないよう、気づかれないようにそっと紐を巻くため、無意識にゆったりめのサイズで計測をしてしまわれる方が多いです。
指輪のサイズは1号ごとに内周が1㎜変わります。3㎜違えば3号違うため、かなりゆるめのサイズな婚約指輪となります。 また「寝ている時にこっそりリングゲージを使って指輪のサイズを計測した」という場合も同様で、お相手を起こさないようリングゲージを通すため、ゆったりめのサイズで計測してしまいがちです。 せっかく贈る婚約指輪ですから、お相手様の指にぴったりのものをつけたいですよね。寝ている時に計測するのではなく、お友人やご家族に協力を要請して、できるだけ自然なシチュエーションで、ぴったりのサイズを測っていただくことをオススメします。

■サイズ棒で彼女が持っているリングを測る

サイズ棒は、指ではなく、指輪のサイズを測る道具です。お相手様がすでに指輪をお持ちであれば、その指輪をこっそりとサイズ棒に通すことで、サイズを測ることができます。 ただし、リングサイズは指によって異なるため、いつも身につけている指輪が人差し指や中指のものである場合は、要注意です。 またお持ちの指輪が、右手の薬指の場合も注意が必要です。右利きの方であれば、右手薬指は左手薬指よりも1号前後サイズが大きいことが多いからです。

また計測する指輪の幅(太さ)も要チェック!指輪の幅が細いと小さめのサイズでも指に入りますが、指輪の幅が太くなると、ジャストサイズよりも0.5号~1号大きめのものでなければ指に入りません。 サイズ棒で指輪のサイズを計測する際は、計測に使用した指輪の幅と、購入しようと思う婚約指輪や結婚指輪の幅が同じくらいか?というところも忘れず確認してください。

婚約指輪や結婚指輪のサイズ直しについて

婚約指輪をつける女性の手

直しが可能なデザイン、素材かもチェック!

「サプライズで用意した婚約指輪のサイズが大きかった(少しきつかった)」というお問い合わせはよくあります。しっかりとサイズ測定をして購入された結婚指輪であっても「購入時はぴったりだったけどこの頃少し結婚指輪がゆるく感じる(きつく感じる)」というお声は多いものです。年を取るごとに体系も変化し、それに応じて指のサイズも変わってきます。 婚約指輪、結婚指輪ともに、購入する際は「サイズ直しができるかどうか」を必ず確認しておきましょう。

■直しができないデザインや素材のリング

ダイヤモンドが全周にセットされたフルエタニティリング、2種の金属を使用したコンビネーションリング、その他にも全周にデザインが施された指輪は、サイズ直しができません。サイズ直しができないデザインの婚約指輪、結婚指輪であれば、きつめでジャストフィットのサイズよりも、少しだけ余裕のあるサイズを選びましょう。

■リングの素材による直しが可能な範囲について

婚約指輪、結婚指輪の素材(金属)についても、サイズ直しがどの程度可能か、事前に確認をしましょう。 プラチナ素材であれば、±2号程度であればサイズ直し可能ですが、ピンクゴールド(K18PG)はその特性上、大幅なサイズ直しが難しく、±1号のサイズ直しとなります。

サイズ直しの方法について

指輪のサイズ直しは、丸い指輪の手のひら側をカットして、広げたり縮めたりしてサイズを調整し、広げた場合はその指輪の素材と同じ金属で隙間を埋め、どちらの場合も最後に研磨をして仕上げます。

「円を切る」=『ご縁を切る』と連想され、婚約指輪、結婚指輪を切るのは縁起が悪いのでは?と心配なさる方もいらっしゃいます。『切る』という言葉は縁起が悪いとされがちですが、結婚式で新郎新婦がウエディングケーキに入刀するのは“お二人で新しい未来を切り開く”という意味があるのだそうです。また“切っても切れない縁”を表しているともいわれます。せっかくご購入いただいた大切な婚約指輪や結婚指輪も、大きすぎては紛失の原因となってしまいますし、きつすぎては指につけられずタンスの肥やしになってしまいます。

婚約指輪、結婚指輪がゆるいまたはきついと感じられた際は、ぴったりと身につけられるよう、サイズ直しを行いましょう。 ただし、サイズ直しはできるだけ回数が少ない方が越したことはないです。サイズ直しを行うたびに指輪の磨きを一緒に行うため、何度も行うと、指輪が痩せて強度が落ちてしまうことがあるためです。

体調や季節の変化のよって指にむくみが出てしまうのは体調のバロメーターのようなもの。そのため婚約指輪、結婚指輪が少しきつく感じたりゆるく感じたりすることは日常的に起こります。あまり神経質にならず、四季を通して様子をみてください。婚約指輪、結婚指輪のサイズ直しをするかどうか迷ったときは、お気軽に購入店にお問い合わせください。

無料のサイズ直しについて

BRILLIANCE+では、保証期間内に限り、婚約指輪、結婚指輪、ファッションジュエリーのサイズ直しを初回のみ無料で承っています。現状のリングサイズを±2号の範囲内で調節いたします。0.5号ごとのハーフサイズも可能です。
無料サイズ直しの保証期間は、婚約指輪、及び結婚指輪が商品お届け日より1年以内、ファッションジュエリーが商品お届け日より90日以内となっています。

無料のリングサイズ直しについて
ブライダルノートTOPへ