電話
カート
ブライダルノート

気持ちの伝わる、婚約指輪のお返しとは

イマドキの婚約記念品と婚約指輪

「彼から高価な婚約指輪をもらったけれど、何もお返ししなくてよいのかな?」と悩んだり、「婚約の記念や感謝のしるしとして自分からも何か贈りたい!」という女性も多いようですが、婚約指輪にお返しは 必要なのか否か、するならいくらで、どんなものを贈るのがふさわしいのかといった、気になる“婚約指輪のお返し事情”についてご説明します。

かつてはマナーだったお返し

日本の習慣では、婚約指輪といえば結納金や結納品と共に男性が女性への嫁入り支度金として用意するもの。それに対して、女性側からは半返しといって結納金の半額と結婚記念品を贈るのが正式な作法とされています。

今では結納を行う人も少なくなり、結納せずに婚約指輪だけをもらうことも多いよう。そんな場合は、必ずしもお返しをしなくてもマナー違反ではありませんが、半返しという習慣があることは知っておいても損にはなりません。地域ごとの風習や両家の事情などもありますから、婚約指輪のお返しをするかどうかはしっかりと話し合った方が良いでしょう。

お返しの相場金額はいくら位?

さて、婚約指輪のお返しを贈る場合は、金額はどのくらいが適当なのでしょうか。こちらも結納の儀式にならって半返し、つまり婚約指輪の半額程度を用意するのが一般的です。婚約指輪の価格帯は20~40万円が多いことから、10〜20万円のお返しが相場ということになります。

今では結納を行う人も少なくなり、結納せずに婚約指輪だけをもらうことも多いよう。そんな場合は、必ずしもお返しをしなくてもマナー違反ではありませんが、半返しという習慣があることは知っておいても損にはなりません。地域ごとの風習や両家の事情などもありますから、婚約指輪のお返しをするかどうかはしっかりと話し合った方が良いでしょう。

やはり一生の記念となる品ですから、それなりの金額は必要。ただ婚約指輪があまりに高価である場合は、無理せず婚約指輪の値段の3割程度のものを選ぶ人も多いようです。

またもらった婚約指輪の値段がわからないこともあるでしょうから、そんな時は金額の多少にはこだわりすぎず、相手の喜ぶものを用意するのが良いでしょう。大切なのは金額よりも感謝の気持ちを表すことです。

イマドキの婚約記念品と婚約指輪

腕時計、旅行、財布など、喜ばれるおすすめの品は?

どんなものを贈ればよいかわからない、という方のために、婚約指輪のお返しの品として人気があるものをご紹介します。

  • ◎ 腕時計
  • いつも身につけてもらえるものとして人気なのが腕時計。婚約指輪とお揃いのブランドで用意する、なんて粋なお返しもいいですね。ブランドものだとやはり高額になりますが、彼に良いものを身につけてほしくて予算オーバーだけど奮発しちゃった、なんて方も多いようです。
  • ◎ 万年筆
  • 胸ポケットからきちんとした万年質をさっと取り出すビジネスマンの姿には、つい素敵だなと思ってしまうもの。万年筆は男性の地位を象徴するものであり、その名のとおり長く使えるという利点もあります。また、自分ではなかなか高価な万年筆を買う機会がないという人も多いですから、もらって嬉しいお返しといえるでしょう。
  • ◎ スーツ
  • フォーマルな席で着るスーツを誂える、という方も多いよう。普段から仕事でスーツを着る男性はもちろん、スーツを着ない職業の男性も、結婚後は記念日や家族の行事、食事会などスーツを着用する機会が増えますので、きちんとしたものが一着あるととても便利です。サイズや好みがありますから、一緒に買いにいくのが良いですね。
  • ◎ 旅行
  • 「お返しは何もいらない」と彼に言われてしまった場合、ほしくないものを贈るのは気が引けてしまうもの。そんな時は、旅行をお返しするのはいかがでしょう。新婚旅行とは別に、なかなか手のでないハイクラスのホテルに宿泊したり、サプライズで旅行を計画して彼を招待するのも楽しいですね。独身最後の思い出にもなり、喜ばない人はいないはず。彼からもらった婚約指輪をつけて遠くへお出かけなんて素敵です。
  • ◎ その他
  • ネクタイやカフスボタン、財布など仕事でいつも使うものや、彼の趣味にあわせて一眼レフといったような婚約指輪のお返しをされる方もいらっしゃるようです。皆さん様々なお返しを工夫されているようですね。

贈る時期はいつ頃?

結納をする場合は婚約指輪も改めて披露することになりますので、その場でお返しを渡すのがスマートです。

また結納をしないカップルは、両家の顔合わせや食事会で渡すことが多いよう。贈る時期に特に決まりはありませんが、婚約指輪のお返しの品ですから結婚式よりは前に渡しましょう。

記念になるものや、思い出作りを

結納をする場合は婚約指輪も改めて披露することになりますので、その場でお返しを渡すのがスマートです。

婚約指輪と同じくらい高価なものをお返しすると、逆に彼に気を使わせてしまうことも考えられますよね。彼に婚約指輪をもらった感謝の気持ちをこめてお返しがしたい!と思う気持ちがあれば、お返しがどんなものであれ、婚約指輪の値段に関係なく気持ちは伝わるのではないでしょうか。

ブライダルノートTOPへ

よろしければブライダルノートについてご感想をお聞かせください。