電話
カート
ブライダルノート

婚約指輪と結婚指輪の違い

みなさんは婚約指輪と結婚指輪の違いはご存知ですか?
文字通りこの2つは、婚約と結婚の証のための指輪です。
しかし、どちらも似たような名前であること、購入を検討した時にその存在を初めて意識することが多いため、どちらがどのような意味を持っているか分からないという方も多いのでは?

そこで今回は、婚約指輪と結婚指輪の違いをご紹介していきます。

婚約指輪の特徴

婚約指輪(エンゲージリング)は、結婚することを約束する、つまり婚約の証となる記念品です。日本では婚約指輪と呼ぶのが一般的です。

結婚指輪と違って華やかで豪華なデザインの指輪が多く、リングのセンター(中石)にダイヤモンドがついた指輪が主流です。

お母様やお祖母様の時代は、結婚後も身に着けて出かける機会もあまりなく、デザインも立爪という大きな爪で宝石を留めるリングや画一的なデザインばかりで派手過ぎるため、どうしても箪笥の奥にしまってしまうというケースが多くなりがちでしたが、最近では普段使いにも使えるようなデザインが主流になり、パーティなどの祝い事の場や、Tシャツ&ジーンズで気軽なお出かけの時に身に着けていく方が増えています。

アメリカではあらかじめ男性が婚約指輪を用意して、ひざまずきながら婚約指輪と誓いの言葉でプロポーズをするのが一般的です。一方日本では、彼女の好みが解らない…彼女に好きなデザインの指輪を選んでほしい!! そもそも指のサイズが分からないから…などの理由から、プロポーズは婚約指輪を購入する前に済ませ、その後に2人で一緒に婚約指輪を選びに行くカップルが多い傾向にあります。

ですが、実際女子の気持ちとしては、プロポーズの告白の時に婚約指輪も一緒に欲しいという方が7割以上いるというアンケート結果もよく聞かれます。

さて、あなたはどちらのプロポーズで告白しますか!?

プロポーズの指輪を探す

結婚指輪の特徴

結婚指輪は、結婚後に日常的に夫婦がおそろいで左手の薬指に身に着ける指輪です。一般的に結婚式の際に行なわれる「指輪の交換」儀式のために用意をするリングです。結婚式より前に婚姻届をだす方は、その時から夫婦で身に着け始める方も多いです。

「マリッジリング」は実は和製英語。英語ではWEDDING RINGS(ウェディングリング)やWEDDING BNADと呼ばれます。

結婚指輪のデザインは、日常生活で肌身離さず身に着けることをから、婚約指輪のようにセンターに大粒のダイヤモンドが留まる華やかなものではなく、プラチナやゴールドでつくられたシンプルで扱いやすいデザインが多いのが特徴です。
最近では、リングの周りをぐるっと一周メレダイヤモンドで取り囲んだエタニティリングを結婚指輪としてお選びになる方も増えています。

シンプルなデザインリングやウェーブがかかったデザインリングに、メレダイヤモンドをあしらったデザインで、いつもダイヤモンドを身につける結婚指輪も人気で素敵です。

リングの裏側に2人だけのメッセージを刻印したり、誕生石などをお守りの様にあしらったシークレットストーンなどを施す方も多いです。

結婚指輪を探す

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪のそれぞれの特徴をご紹介しました。では、それぞれの指輪にはどのような違いがあるのでしょうか。

婚約指輪は“婚約の証”としてのリングで、ダイヤモンドなどが煌めく華やかな指輪が一般的です。
婚約指輪のデザインには、一粒のダイヤモンドの輝きを際立たせる婚約指輪の代名詞的なデザインの「ソリティア」、柔らかな曲線が特徴的で優雅で女性らしい印象を与えてくれる「ウェーブライン」、小さなダイヤ(メレダイヤ)を指輪のアーム部分に敷き詰めた「エタニティ」などがあります。

一方、結婚指輪は男女ペアで同じデザインを選ばれる方も多く、夫婦となった結婚後も、お互い日常的に薬指に着けて生活をするため、着け心地がよく邪魔にならないような、デザインがシンプルなものが一般的です。

結婚指輪は日常的にいつも身に着けるリング。婚約指輪はいつもお洒落をしてパーティに着けていく印象がありますが、近年はちょっとしたお出かけなどにも気軽に身に着けるデザインが人気で、結婚指輪と重ねづけをして身につけたり、シーンに合わせて使い分けるアイテムとして選ばれる方が一般的です。

今回は、婚約指輪と結婚指輪のそれぞれの特徴と違いについてご紹介しました。 どちらも二人の愛を詰め込んだ一生物の贈り物。
2人の想いを今後も育み続けるためにも、それぞれの意味と役割をしっかりと把握して、指輪を選ぶ際の参考にしてみてください。

ブライダルノートTOPへ

よろしければブライダルノートについてご感想をお聞かせください。