色:color

ホワイトダイヤモンドは、無色透明である程高評価とされます。Dカラーを無色、最高の評価とし、黄色味を帯びるに従い、E.F.G〜とZまで段階的に、無色透明にどれだけ近いか、遠いかが評価基準となります。

D:ColorlessD
カラーレスと言われるこの等級の中でも、最上のダイヤモンドだけがこのDカラーに格付けされます。【Exceptional White+】 エクセプショナル ホワイトプラス(類希な白の中でも最上級)と評価される、希少性の最も高いカラーグレードです。※ピンク・レッド・ブルー等の希少ファンシーカラーを除く。
E:ColorlessE
カラーレスで次点に評価されたダイヤモンドがEカラーに格付けされます。熟練の鑑定士でも基準となる石との比較なしには殆ど無色にみえ、その違いを肉眼で確認する事は出来ません。【Exceptional White】エクセプショナル ホワイト(類い希な白色)と評価され、希少性の高いカラーグレードです。
F:ColorlessF
カラーレスで最後に位置付けされる評価がFカラー。熟練の鑑定士が極々僅かな色を認められるだけで、一般的に肉眼で確認する事は出来ません。【Rare White +】レア ホワイト プラス(希少な白色の中でも上質)と評価され、希少性の高いカラーグレードです。
G:NearColorlessG
ほぼ無色、ニアカラーレスと格付けされる中で最上ランクのGカラー。【Rare White】 レア ホワイト(希少な白)と評価され、熟練の鑑定士でも注意深く比較をして初めて違いがわかる程度です。D〜Fクラスと比べて、魅力的なお値打ちのカラーグレードです。
H:NearColorlessH
ニアカラーレスで次点に評価されたものがHカラーに格付けされます。【White】 ホワイト、白と評価されます。上級クラスと並べても、比較しなければと判別できない微妙な違いで、リングに固定されてしまえば熟練の鑑定士でも見分けることは困難です。ダイヤモンドを見慣れた方でなければ、色味は感じられません。
I:NearColorlessI
ニアカラーレスと評価される中の3番目の格付けがIカラー。【Slightly tinted white】 スライトリー ティンテッド ホワイト(僅かに色づいた白)と評価されます。大粒のものであれば肉眼でも僅かに色味を感じます。リングにセッティングされてしまえば熟練の鑑定士でも専用の光源以外では判別困難なカラーグレードです。