電話 カート
ブライダルノート

古今東西・結婚指輪をつける意味

古今東西・結婚指輪をつける意味

結婚指輪をつける意味は何でしょうか?愛し合う2人が婚姻の証として結婚指輪を身につけることは、いまや世界中で行われている習慣です。日本でもあたりまえのこととなっていますが、文化や宗教の違いを越えて定着している習慣というのはそんなにはありません。なぜ結婚指輪はこんなにも広まったのでしょうか。ここでは結婚指輪の歴史や指輪をつける意味についてご説明します。

西洋で何百年も続く習慣

結婚指輪の習慣がはじまったのは9世紀ヨーロッパ。当時の教皇ニコラウス1世が約束事を誓約するしるしである鉄の輪を、結婚の誓いとして使いはじめたのが婚約結婚指輪の由来と言われています。

また、11世紀の文献には「花婿は花嫁に金の指輪を、花嫁は花婿に鉄の指輪を贈って交換している」という記述も見られます。その後、ヨーロッパ各地で少しずつ結婚指輪の交換が広まり、13世紀には現代と同じように男女間で結婚指輪を交換することが一般的となりました。

日本に定着したのは戦後

日本では鎖国の影響から、指輪というもの自体が江戸時代までなかったそう。結婚式自体も西洋とは大きく様式が異なったことから、なかなか結婚指輪の習慣が定着しませんでした。

そんな日本で結婚指輪の交換が広まったのは、生活様式が西洋にどんどん近づきはじめる戦後のこと。80年代には純白のウェディングドレスの人気の高まりとともにホテルや式場にチャペルが併設されるようになり、結婚指輪はなくてはならないものとなりました。

現代の結婚は婚姻届の提出を持って成立します。ですからあくまで結婚指輪は婚姻のシンボルであり、必ずしもなくてはならないものではありません。にもかかわらず世界中で多くのカップルが結婚指輪を交わしているのはどうしてでしょうか。

魔除けとして信じられていた指輪

古代より指輪は霊力が備わり、魔除けの力があると考えられていました。古代エジプトでは、幸運の象徴である昆虫スカラベの指輪が魔除けとして用いられ、古代ギリシアでは銀の指輪は邪悪なものから身を守るとか、宝石がついた指輪には霊力が宿るなどと言い伝えられてきました。

また、「幸運をもたらす」として、子ども誕生や結婚式など人生の節目に身につけたり、戦場に行く兵士の無事を願って妻が夫に指輪を送る習慣など各地に指輪にまつわる様々な習慣や言い伝えがあります。

このように指輪は大切な人を災いから守り、幸せを呼び寄せるもの。結婚指輪が人類の歴史の中でこれほどに続いてきた背景には、人々の普遍的な願いがあるからではないでしょうか。今や結婚指輪の風習はキリスト教に限らずイスラム教でも神道でも行われます。そういった宗教の力さえも越える結婚指輪には、理屈では説明できないパワーを感じずにいられません。

結婚後も指輪をつけ続る夫婦は半分以下?!

ところで、晴れて夫婦となり結婚生活がはじまってからも指輪をつけ続けている人は、一体どのくらいいるのでしょうか。結婚指輪を交換した夫婦約300人に「その後指輪はどうしていますか」と調査したシチズンの「現代結婚指輪事情アンケート」では、「ほぼ四六時中つけている」人は夫が49.1%、妻は39.2%と、なんとつけ続けている人は半分にも満たないことがわかりました。女性の方が少ない、というのもなんだか意外ですよね。

さらに、指輪をつけなくなった時期は「(結婚)直後から」と「1年目」を合わせて男性が約60%、女性が約50%と早い模様。つけなくなった理由で圧倒的に多かったのは、男女ともに「面倒だから」。他に「仕事の都合でつけられない」「サイズが合わなくなった」なども見られました。

結婚指輪は、周囲に自分が結婚していることを知らせるものであり、結婚時に交わした約束や互いを愛し敬う気持ちを忘れずにいるためのものです。それが「面倒くさい」というのはちょっと残念。日常生活ではつけられなくても、大切な記念日などにつけてみてはいかがでしょうか。

ブライダルノートTOPへ

よろしければブライダルノートについてご感想をお聞かせください。