「ダイヤモンド」・・・・・4Cとは?

    「ダイヤモンド」・・・・・4Cとは?の画像

4Cとは、ダイヤモンドの品質を表す4つの基準のこと。
G.I.A.(米国宝石学会)が定めた品質評価国際基準に基づいたもので、この基準が世界中で用いられています。

a298605-L

Carat(カラット=重さ)
Cut(カット=輝き)
Color(カラー=色)
Clarity(クラリティ=透明度)

この4つの品質の頭文字を取って、4Cと呼ばれており、これらのコンビネーションで評価がなされています。

 

Carat(カラット)は、大きさ のことと思われがちですが
重さの単位=Caratです。

ちなみに、1ctは0.2g です。

ダイヤモンドct

 

Cut(カット)は、ダイヤモンドの輝きの決め手となるものです。

理想的なカットのダイヤモンドは、こぼれるような光がキラキラと煌めきます。

Color(カラー)は、アルファベットのDカラーが最も透明で美しいとされ、Zに近づくほど、黄色味を帯びた色となります。

 

Clarity(クラリティ)はダイヤモンドが結晶化する際に取り込んだインクルージョン
(自然に存在する不純物)や表面のさまざまな瑕の度合いを表します。

Iクラス:肉眼でも内包物の発見が容易なもの
SIクラス以上は、「10倍のルーペでダイヤモンドを見た際にどう評価されるか」が基準となっています。
SIクラス:10倍のルーペがあれば、初めての方でも内包物の発見が容易なもの
VSクラス:熟練の者であれば10倍のルーペで内包物の発見が可能ですが、初めての方ですと内包物の発見が困難なもの
VVSクラス:熟練の者でも10倍のルーペでは内包物の発見が非常に困難なもの
IF:内部にはまったく欠点がないもの
FL:内部や表面にまったく欠点がないもの

 

ダイヤモンドを選ぶ際のこだわりは、

「ct数を最優先に!」とお選びになる方もいらっしゃれば、
「ct数が小さくても、できるだけ品質の良いもを!」
「カラーはこだわってDカラーのもの」など、皆様異なります。

あなたの想いを、ダイヤモンドの4Cに込めて選んでみてはいかがでしょうか(^^)

ダイヤモンドを選ぶ基準

Comments

comments