古き良き銀座

    古き良き銀座の画像

最先端の情報やファッションが集まる銀座は、
一見すると新しい街のイメージが強いかと思います。

表通りから少し、路地に入ると昔ながらの銀座の顔に出会うことができます。

ブリリアンス+ 銀座ショールームがある銀座ガス灯通りから、マロニエ通り、
中央通りと進んでいき、三原通りに入ると、一風変わったアパートに出会います。

とてもとても、古い印象を受けるこのアパートは、
奥野ビルといい、1932年(昭和7年)に施工され、
開戦から、終戦、高度経済成長と現代まで、移り変わり行く銀座を見てきた建物です。

当時は、旧銀座アパートメントと呼ばれ、銀座界隈でも屈指の高級アパートだったそうで、
外装はどこか、同潤会アパートを思わせる風貌をしています。

気になって調べてみると
設計者は、あの同潤会アパート建築部に所属していた川元良一さんという方だそうで。

恐る恐る、中に入ってみると、
内装もとても素敵で、

一階ロビーはタイル貼り、
当時としては、珍しかったエレベータ付きで、
ブリリアンス+ 横浜ショールームのある旧横浜三井物産ビルにあるような、
手動開閉式のエレベーターを思わせます。

廊下は、当時のままでしょうか、
いたるところが、剥げ、なんとも言えない雰囲気を漂わせていて、

階段は、アパートとしては広く取られ、途中小窓がついていたり、
手すりに至っては、木材で手の込んだデザインが施されており、
とても、高級感あふれるデザインとなっています。

IMG_0933

同潤会とは似ていても、この建物が、
高級アパートであったことを、隅々のこだわりに感じさせてくれます。

各部屋には、ギャラリーや、アンティークのお店などところ狭しと並んでおり、
新しさを感じますが、306号室の一部屋だけ、昔のままの内装を残した部屋が存在します。

image2

その部屋のドアに、A4サイズ一枚のチラシが置いてあり、
手にとって読んでみると、”銀座奥野ビル306号室プロジェクト”記されています。

306号室は、竣工してまもなく、入居した女性が開いた”スダ美容室”の跡で、
当時のままの内装を残そうというプロジェクトにより、今日までありのままの姿で残った貴重な空間です。

そのチラシには、こう書かれていました。
“「維持」とはいえ、遺跡を保存するというような意味での維持ではありません。三〇六号室では、たとえばペンキや壁紙が時々刻々朽ちて剥落し、前の借主の記憶は漂白されつつあります。昭和初期から平成初期にかけてひかれた一本の線は、次第に点線になり、点と点の間隔が大きくなり、その間隔が極大化したとき、忘却されるのでしょう。「維持」というのは、こうした時間の経過に意図的に介入するのはよそう、ということです。そして、一本の線が消えゆく中で、メンバー各自がいろいろな太さ、長さの線を引く、というのがこのプロジェクトなのです。”
(引用:銀座奥野ビル306号室プロジェクト)

この奥野ビルに出会い、
残すということ、維持ということの意味を改めて考えさせられる機会となりました。
こういった繋ぐ人たちがいるからこそ、大切なものは忘却されることはないと私は思いました。

ブライダルに携わらせていただいている私だから、
こじつけた考えかもしれませんが、
思いの込められた婚約指輪は、ずっとずっと残っていくことでしょう、
たとへ、自分たちがいなくなっても、その証があることで、
子どもたちや肉親が、自分たちにかわり線を引き、
ずっとずっと、線が引かれ、忘却されることはないと思いました。

WEB制作部 竹内

Comments

comments