銀座とクリスマス

    銀座とクリスマスの画像

気づけばもう12月後半。

クリスマスまであと数日となりましたね。

この時期になると、なんだかワクワクした気持ちになるのは私だけでしょうか。

朝起きると枕元にサンタクロースにお願いしたプレゼント。
綺麗に飾り付けされたケーキに、七面鳥の丸焼き。
チカチカと一定のリズムで小さな光が輝くクリスマスツリー。

子どもの頃の思い出がそうさせているのかもしれません。

ところで…
クリスマスはいつ頃から日本に浸透したのでしょうか、昨今のハロウィンのように急速に広がったのでしょうか。

少し調べてみると、どうやら銀座に縁があるそうです。

時代は明治に遡ります。
明治33年(1900年)12月、銀座に進出した小売店が、店頭にクリスマス飾りをディスプレイしたことが話題となり、新聞記事などにも取り上げられ、銀座の歳末の風物詩となったそう。明治37年(1904年)には、日露戦争勝利の祝いを兼ねて12月中旬頃から毎晩イルミネーションが点灯され、この時に日本で初めてクリスマスツリーが登場したそうです。また、そのころ都会では家族で友人の家を訪れ、舶来物を贈ることが流行し一般大衆にクリスマスが浸透しました。

一度は太平洋戦争で下火となりましたが戦後、経済成長を遂げ景気が回復するとともに、学生やサラリーマンの間で銀座のキャバレーやダンスホールなどで過ごすクリスマスが流行し、徐々にクリスマス文化が息を吹き返していったそうです。

現在の銀座は…
中央通りのイルミネーションやデパートに飾られた大きなクリスマスツリー。
クリスマスプレゼントをイメージしたウィンドウディスプレイなど、街を歩くとたくさんのクリスマス風景に出会えます。
また、少し足をのばせば、丸の内、日比谷、有楽町と、通り一帯が光に包まれたイルミネーションも楽しむことも。

銀座のとある小売店から広まったクリスマス。
銀座ショールームにお越しの際は、銀座のクリスマス風景を楽しんでみてはいかがですか?^^

デジタルコンテンツ部 竹内

銀座・本社ショールーム

Comments

comments