エタニティリングってどんな指輪?

エタニティリングとは、同じ大きさのダイヤモンドをリングに沿ってセッティングしたもので「永遠(eternity)」という意味の指輪です。

途切れる事なくダイヤモンドが並んでいるため 「永遠の愛の象徴」 ともいわれています。 とってもステキな名前の指輪ですよね!

ダイヤモンドが全周にセッティングされたものを「フルエタニティリング」

半周にセッティングされたものを「ハーフエタニティリング」

と呼んでいます。   写真の向かって左の「スクエアハーフエタニティリング」は、リングの幅いっぱいに、大粒のダイヤモンドがセッティングされているためダイヤモンドの存在感が際立ち、より華やかな印象になります。

写真の向かって右の「オーバルハーフエタニティリング」は、大きめの爪でダイヤモンドをしっかりホールドしていて、丸みのある柔らかいデザインが特徴。 スクエアハーフエタニティリングよりもダイヤモンドがやや小さめなので、 「他のリングと重ねたいけど、ダイヤモンドが他のリングにぶつかってしまうのが心配!」という方には オーバルハーフエタニティリングがオススメです。

BRILLIANCE+のエタニティリングは スクエアタイプ オーバルタイプ フレームタイプ チャネルセッティング などいろいろなデザインがありますが、それぞれダイヤモンドのセッティン方法や、ダイヤモンドの数・カラット数が異なります。   デザインはもちろん、リングの幅(太さ)によっても印象が異なるため、選ぶのも迷ってしまいますよね。 デザインだけでなく、用途やライフスタイルに合わせてお気に入りのリングを見つけてみてはいかがでしょうか? http://marriage.brilliance.co.jp/promotion/eternity.html

Comments

comments