婚約指輪(エンゲージリング)のデザインの選び方

    婚約指輪(エンゲージリング)のデザインの選び方の画像

ショールームにご来社いただく婚約指輪をお探しのお客様、皆様おっしゃるのが「デザインの種類がたくさんあり過ぎて決められない・・・」

リング検索をクリックしてご覧いただくだけでも200種類近くのデザインが出てまいります。その中から1つに絞るのはとても大変ですよね。

今回はリングデザインを大きく4つの種類に分けてご紹介いたします。

 

■婚約指輪(エンゲージリング)の王道「ソリティア」

 0530_02PT900 ソリティア リング(品番:E121-02-00006-D)

リングの中央に一粒のダイヤモンドが付いたシンプルなデザインの「ソリティア」。
婚約指輪(エンゲージリング)と聞いてこのソリティアリングを頭に思い浮かべる方が多いと思います。ダイヤモンドの美しさが最も引き立てられ、飽きが来ないデザインなので婚約指輪(エンゲージリング)の中でも人気のデザインです。シンプルなのでどんな結婚指輪(マリッジリング)とも重ねづけがしやすいところも人気です。

 

■優雅さ、華やかさを持つ「サイドストーン」

 0530_03
PT900 ウェーブライン ダイヤモンドリング(品番:E121-02-00012-D)

中央のダイヤモンドの横にメレダイヤモンドと言われるダイヤモンドが留まったデザインの「サイドストーン」。
サイドストーンが中央のダイヤモンドを彩り、婚約指輪(エンゲージリング)をより華やかに見せてくれます。また、ソリティアリングに比べファッション性が高くなるので、お出かけの時など気軽に身に着けていただける点でも人気です。デザインの種類も多く個性的な婚約指輪(エンゲージリング)としてもお選びいただけます。ブリリアンス+ではサイドのストーンをピンクダイヤモンドへ変更することも可能でございます。

 

■永遠の意味を表す「エタニティ」

 0530_04PT900 エタニティータイプ ダイヤモンドリング(品番:E121-02-00775-D)

メレダイヤモンドが連なったデザインの「エタニティ」。
華やかさが引き立ち活躍の場を選びません。エタニティタイプの婚約指輪(エンゲージリング)は、メレダイヤモンドの大きさやリングのボリューム感などデザインによっても華やかさや雰囲気が異なります。また、シンプルな結婚指輪(マリッジリング)との重ねづけをするとシンプルな印象がパッと華やかになります。エタニティリングと重ねて着けると、より贅沢なダイヤモンドの輝きを楽しんでいただけます。

 

■アンティーク感の漂う「クラシカル」

0530_05PT900 エタニティータイプ ミルグレイン ダイヤモンドリング(品番:E121-02-00027-D)

アンティークジュエリーによく施されるミルグレインや、古くから受け継がれてきたデザインを取り入れた「クラシカル」。
ミルグレインが施されることによりキラキラとダイヤモンドのような繊細な輝きを放ちます。アンティークな雰囲気が加わることにより豪華で落ち着いた印象が魅力的です。また、リングのふちの部分にミルグレインが施されることにより指輪が引き締まった印象にもなります。

 

デザインのイメージをつかんでいただくためにブリリアンス+ではサンプルリングの貸出しや、コンセプトブックやリングシートなどもご用意をしておりますので是非ご利用くださいませ。

※サンプルリングの貸出はこちら

※コンセプトブックのお申込みはこちら

彼女の好みが分からない!という男性の方にはダイヤモンドのみでのプロポーズする、ブリリアンス+プロポーズもオススメです。
※ダイヤモンドでプロポーズ=ブリリアンス+プロポーズはこちら

 

一生に一度の大切な婚約指輪(エンゲージリング)、気に入ったデザインで「何年経ってもずっと着けてほしい、ずっと着けていたい」と思えるリングをお選びいただきたいと存じます。

大阪カスタマーサポート 檀野

婚約指輪(エンゲージリング)TOPページ
結婚指輪(マリッジリング)TOPページ

銀座・本社ショールーム
横浜・日本大通りショールーム
大阪・中之島ショールーム
福岡・天神ショールーム

Comments

comments