小粒のダイヤモンドに鑑定書がないのはなぜ??

    小粒のダイヤモンドに鑑定書がないのはなぜ??の画像

お客様より「エタニティリングを買ったんだけれど鑑定書がついていない」とお問合せいただきました。

ダイヤモンドには必ず鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポートと呼ばれるもので、ダイヤモンドの品質を保証するもの)がついていると思われがちですが、約0.15ct未満のダイヤモンドには、鑑定書がついていません。

では、なぜ小粒のダイヤモンドに鑑定書がつかないのかをご説明しましょう!!


0.15ct未満のダイヤモンドでは、1粒あたりが小さいために、「カット(輝き)」の評価計測の際、若干の誤差が生じてしまうのです。 そのため、計測時に誤差が生じることなく、正確に品質の評価ができるct数のものに、鑑定書が発行されています。

さらに、鑑定を行う際には費用が発生し、鑑定書の発行にも費用が発生します。

そのため、エタニティリングのようなデザインのリングに使用するダイヤモンド(1石約0.009ct前後~0.07ct前後×15石前後)に鑑定書を発行いたしますと、ダイヤモンドの鑑定費用が加算されてしまうため、商品代金もかなり高額となってしまいます(^^; このような理由により、小さなダイヤモンドには鑑定書が添付されていないんですね!

ちなみに、BRILLIANCE+で使用しているダイヤモンドは、どんなに小さなサイズのものであっても、熟練のスタッフが1石ずつ厳選し、最高品質のもの(カラー:D-F相当、クラリティ:VS相当、カット:Excellent相当)を選りすぐりご用意しておりますので、とってもキラキラと輝きます!!

_MG_4074s

そして、私たちカスタマースタッフも、小さなダイヤモンドを厳選できる「目」と「腕前」を磨くべく、日々勉強中です!!

Comments

comments