• 9月の誕生石サファイア
  • 9月の誕生石サファイア
  • サファイア

知的な彩りをもつ9月の誕生石、サファイア。

サファイアはルビーと同じコランダムという鉱物で、
宝石として分類された名前です。

濃赤色のコランダムをルビー、青色を代表とするそれ以外の色は全てサファイアと分類されています。 様々な色バリエーションがあるも、「サファイア=青」というイメージが根強いサファイアですが、その語源もそのものずばり「青色」を表すラテン語「sapphirus」から由来しています。
古代、ラピスラズリなどを含む青い宝石を総称して「サファイア」と呼んでいたからとされています。

現代ではその名のとおり、青いコランダムを「サファイア」「ブルーサファイア」、その他赤以外の色のコランダムを総称として「ファンシーカラーサファイア」、またその色をつけて「ピンクサファイア」「オレンジサファイア」などと呼称します。
ダイヤモンドに次ぐ硬度をもち、「堅固な愛の証」として二人の絆を強めるとされブライダルシーンでも広く愛されている宝石です。

澱みのないロイヤルブルー

9月の誕生石として有名なブルーサファイア。
澱みなく澄んだ深い青色の最上級マダガスカル産「ロイヤルブルーサファイア」を、一粒一粒ラウンドブリリアントカットに施し、輝きと色味を厳選しました。

より鮮やかなブルーをご堪能いただくために、爪の大きさを最小限に抑え、極めてシンプルなつくりにしています。
青の深い色味は、澱みのない爽やかでクラシカルな印象を与え、胸元と耳元を知的に飾ります。

大人の女性の為の可憐なハート。

K18YG ハートブリリアントカット ブルーサファイア ネックレス
ハートをさりげなく、真ん中に据えたシンプルなたたずまいが、
愛らしさと凛々しさを兼ね備えるハートブリリアントカットネックレス。
最高級ハートブリリアントカットのカラーストーンを使用しています。

ぷっくりとした弧を描く、愛らしいシルエットを引き立てる為に、
装飾や無駄を極力そぎ落とし、けれど最大限に輝くよう採光などを
設計し尽くされたゆえの、ごくシンプルな形状。
鼓動の上下に合わせて、ヌーディにきらめきます。
胸元の強い輝きは、女性だけに許される必勝の切り札です。

おすすめのサファイアアイテム

9月の誕生石 サファイア

サファイアは産地や種類によって色や濃さが違います。

世界中で最も愛されているのは、深く美しいブルーであり、最高のものは「コーンフラワーブルー(ヤグルマギクの花の青)」「ロイヤルブルー」等の呼び名が付けられています。

古代ペルシャでは大地は巨大なサファイアの原石の上に成り立っており、空が青いのは大地のサファイアの青を映しているからと言われ、「天と地に最も近い宝石」とされていました。 理性と知性を象徴するサファイアには神から授かった知恵と愛、そして予言力が備わっていると考えられていたため、昔から聖職者や賢者が身に付けていた石でもあります。

また、邪悪なものから守る厄除けの力があり、持ち主に真実、献身と意志の強さを与え、心を鎮めて闘争心を消しさるとも言われています。

ハーフエタニティで取扱うサファイアの品質について

エタニティで使用しているサファイアは、ダイヤモンドと同じラウンドブリリアントカットに仕上げています。 自然が作り出した形の原石から、理想的なラウンドカットに仕上げる為には、他のシェイプに比べて捨てる部分が多くなります。 特にエタニティ用の小さいサイズでは、慎重な手作業が必要になりますが、サファイアとダイヤモンドの調和と最高の輝きの為に繊細かつ熟練の職人の粋を集めて、美しさを追求しています

ブルーサファイア

黒みを帯びず、淀みなく澄んだ深い青い色のマダガスカル産ロイヤルブルーサファイアをご用意しております。 マダガスカルは、比較的新しいサファイア鉱山で、最高級サファイアの代名詞でもある「カシミール産」や「ミャンマー産」ブルーサファイアに匹敵するクオリティで、世界的に価値を認められます。

ピンクサファイア

混じりけのなくピュアなピンク色が特徴の、ピンクサファイア。
最高級ルビーの代名詞「ピジョンブラッドルビー」を産出する ミャンマーはモゴック鉱山産をご用意しています。 ダイヤモンドと共にセッティングすることを第一にした、強すぎず調和する柔らかい色目のピンクを厳選しています 。

産地のマダガスカルについて

マダガスカル島は長く内戦が続いましたが、近年内戦が終結すると、良質な宝石鉱床を有する魅力的な地域に生まれ変わりました。特にコランダムの鉱床からは、インクのように濃く強い青が特徴的で、照りが強く上質なサファイアが多く産出します。 品質では、一般的に流通する中では最高クラスのサファイアとされるスリランカ産以上と言われ、名実ともに最高峰といえる産地です。

産地のミャンマー・モゴック鉱山について

ピンクサファイアの多くははスリランカ、アフリカなどで産出しますが、
その多くは少し紫かかった「パープリッシュピンク」が特徴。
最高級のルビーを産出してきたミャンマー・モゴック鉱山は、その美しい濃赤を作り出す源泉ともいえる成分に秘密があります。黒みや紫色の原因になる鉄分の含有が少ないため、 くすみのない純粋なピンク味が美しく現れるのです。
最上級と、自信をもってお薦めできるピンクサファイアの産地です。 。

ロイヤルブルーは鮮やか、かつ深い純粋な青のサファイヤの呼称です。 濃すぎたり、もしくは黒味や紫味がかかっていたり、濁ってくることでその鮮やかさが損なわれ「ロイヤルブルー」と呼べなくなります。

厳正なカラーグレーディング

サファイアは、何種類もある色相それぞれが、ほんの僅かな色の濃淡や彩度で、段階に分けられ美しさの度合いを分類されています。ハーフエタニティに使用されるサファイアは、ピンクは16種類、ブルーは25種類の等級の中から、ブリリアンス+のお客様に、最もふさわしいクオリティのカラー1色を選定しています。厳しい基準を元に、品質をそろえてご用意しています。

Notice

当サイトに掲載の商品画像につきまして、出来るだけ正確を期しておりますが、ディスプレイの画面設定や、写真技法の関係で、色合いや大きさなどが実際の製品と若干、異なって見えてしまう場合がございます。 予めご了承ください。

よろしければご感想をお聞かせください。

このページのTOPへ