情熱的に輝く、鮮烈な赤。7月誕生石ルビー。

華麗で力強い情熱的な赤色のルビーは、宝石の王様といわれ、古くから女性を魅了し続けてきた宝石。

最高級の色は「鳩の血=ピジョンブラッド」と称され、鮮血を思わせる、濁りのない鮮やかな赤が特徴です。
ルビーは少しでも色彩が濃すぎたり、青味があると赤色が濁り、鈍く暗い発色になりますが、朱が差した、燃えるような力強い輝きの赤色がビジョンブラッドカラーのルビーです。 ブリリアンス+バースストーン ルビー ハートネックレスでは、ピジョンブラッドカラーに厳選したハート型ルビーを、さらに、形を整えて、美しく輝くハートブリリアントカットに研磨し直ししています。

シンプルに一粒だけで仕立てたネックレスと、K18イエローゴールドの絶妙な色彩バランスで、抜群に胸元を引き立てます。繊細にきらめく、官能的なハートの輝きをお楽しみください。

大人の女性の為の可憐なハート。

ハート ブリリアントカット バースストーン ネックレス

ハートをさりげなく、真ん中に据えたシンプルなたたずまいが、
愛らしさと凛々しさを兼ね備えるハートブリリアントカットネックレス。
最高級ハートブリリアントカットのカラーストーンを使用しています。

ぷっくりとした弧を描く、愛らしいシルエットを引き立てる為に、
装飾や無駄を極力そぎ落とし、けれど最大限に輝くよう採光などを
設計し尽くされたゆえの、ごくシンプルな形状。
鼓動の上下に合わせて、ヌーディにきらめきます。
胸元の強い輝きは、女性だけに許される必勝の切り札です。

7月の誕生石 ルビー

ルビーとサファイアと同じ成分で出来た、コランダムという鉱物で、ルビーという名称は宝石として分類された名前です。

濃赤色のコランダムをルビー、青色を代表とするそれ以外の色は全てサファイアと分類されています。

その鮮烈な色合いから、古くからルビーは「燃える石炭」と呼ばれたり、古代インドでは、石の中に閉じ込められた星が激しく燃えているといわれ「ラトラナジュ(宝石の王者)」と尊ばれてきました。 実際にも耐火性にも大変優れており、火事になっても燃え残るのがルビーという宝石。(ダイヤモンドは黒くなってしまいます。)

ルビーが愛されている理由はそれだけではありません。

コランダムという鉱物から、ルビーが生成する事自体がメカニズム上、あり得ない事とされています。
しかし、実際にはルビーは地球上に存在しているのですから、あり得ない特別な奇跡が起こっていることになります。

真っ赤なルビーは、ルビーであるだけで特別な宝石なのです。

Notice

当サイトに掲載の商品画像につきまして、出来るだけ正確を期しておりますが、ディスプレイの画面設定や、写真技法の関係で、色合いや大きさなどが実際の製品と若干、異なって見えてしまう場合がございます。 予めご了承ください。

よろしければご感想をお聞かせください。

このページのTOPへ