芽生える命の色、5月誕生石のエメラルド。

澄んだエメラルドの色は、新緑の季節にふさわしい、鮮やかな美しさ。

青味を帯びた鮮やかな緑に、ビロードような照りの度合い、そして透明感があるものが評価が高くなります。
ですが「キズのないエメラルドを得ることは、欠点のない人間を探すより難しい」といわれる程、内包物が多い宝石でもあります。

宝石価値を左右するいわゆるキズ・瑕疵とは違い、多くは結晶時に内包されるもので、エメラルドの場合、むしろ天然石の証明ともなります。

ブリリアンス+ バースストーン エメラルド ハートネックレスでは、照りのよい厳選したハート型エメラルドを、さらに形を整えて美しく輝く、ハートブリリアントカットに研磨し直ししています。
エメラルドと最高に相性のよいK18イエローゴールドの色彩で、シンプルなデザインは胸元に萌える緑の息吹を感じさせます。

瑞々しく豊かに茂る、深緑の森

K18YG ハートブリリアントカット エメラルド ネックレス

ハートをさりげなく、真ん中に据えたシンプルなたたずまいが、愛らしさと凛々しさを兼ね備えるハートブリリアントカットネックレス。
最高級ハートブリリアントカットのカラーストーンを使用しています。

ぷっくりとした弧を描く、愛らしいシルエットを引き立てる為に、装飾や無駄を極力そぎ落とし、けれど最大限に輝くよう採光などを設計し尽くされたゆえの、ごくシンプルな形状。
鼓動の上下に合わせて、ヌーディにきらめきます。胸元の強い輝きは、女性だけに許される必勝の切り札です。

K18YG ハートブリリアントカット エメラルド ネックレス

5月の誕生石 エメラルド

悠久の昔から、愛され続けてきた魅惑のエメラルド

エメラルドの歴史は古く、世界の4大宝石、5大宝石にも数えられ、古代より神の石といわれ愛されてきました。
エジプトの女王クレオパトラも愛用し、専用のエメラルド鉱山まで所有していたというのも有名です。その鮮烈な緑色が目を癒す、など薬や魔除けとしても用いられ、十七世紀には安産の護り石として扱われた記録があります。

エメラルドの原石は六方柱の結晶で、二つの屈折率を持ち〈複屈折性)二色性をはっきり示すため、結晶の軸方向によって色が異なって見えます。この六方柱状の柱面をテーブルにしてカットすることが多く、原石の形状をいかしたこのカットをそのままエメラルドカットと呼称します。

エメラルドが主にエメラルドカットにされるのは、その二色性を最大限に活かし宝石本来の色と特徴に、厚みと奥行きをより与えるので、濡れたようなつやのある緑色が自ら発光しているように、鮮やかで力強い輝きを引きだせるのです。

Notice

当サイトに掲載の商品画像につきまして、出来るだけ正確を期しておりますが、ディスプレイの画面設定や、写真技法の関係で、色合いや大きさなどが実際の製品と若干、異なって見えてしまう場合がございます。 予めご了承ください。

よろしければご感想をお聞かせください。

このページのTOPへ